受講生の声

2013年 受講生の声

FCCの”厳しさ”は、『まじめに通えば必ず伸びる』という意味
大野亜希子さん
(2012年12月入校)

10年程前、英会話の有名チェーン校に通っていたんですが、お喋り感覚のレッスンばかりで、伸びている感覚がまったくありませんでした。結局、海外へ行っ た時も、外国人と満足いくコミュニケーションが取れませんでした。帰国後、就職した会社でも、外国人スタッフと接する度に、もっと深い話ができるようになりたいと、ネットでスクールを探していた時に見つけたのがFCC英会話学校でした。

FCCの”厳しい”というフレーズを見て、「昔、楽しい感じのスクールでダメだったから、厳しい学校の方が私には合ってるのかも?」と、説明会に参加しました。”FCCの厳しさ”って、ガリ勉じゃなくて、やる気を起こしてくれる厳しさだったんです。前の職場の英語がペラペラな方から、他のスクールも勧められてたんですけど、レッスン以外にも、英語日記の添削やFCC文庫の貸出など、ここまで丁寧にやってくれるところはないだろうと思い、FCCに入校しました。

レッスン開始時のTOEIC(R)があまりにも悪かったので、ショックを受けました。でも、ホームページの『受講生の声』を読むと、頑張っている人はみんな伸びてる。まじめに通えば大丈夫!と思って、クラスは勿論、英語日記も必ず提出し、FCC文庫も最低週1冊は読むようにしました。

おかげで、半年後に受けた5月のTOEIC(R)が、180点伸びて510点になり、ライティングも中学生レベルだったのが自分の意見が書けるようになってきました。これが私の求めていたことなんです。今年中にTOEIC(R)で700点を越えて、早く字幕なしで洋画を見られるようになりたいです。

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.