講師紹介

※他に講師が7名います。
講師は計12名

外国人講師の質は学校の質を左右する大きな要素です。

外国人講師のFCC英会話学校への応募の条件は、英語を教えることに対する情熱と指導力です。

なぜなら多くのスクールの中から当校を選んでくださった受講生の期待にこたえられるだけの内容を創り上げていくのに、よりよく教えられるようになりたいという意欲を持って仕事をする講師の存在が不可欠だからです。

厳しい選考を経て採用された講師たちは、毎日のレッスンの準備から英語日記の添削や課題のチェック、学期ごとの個別評価表の作成、毎週の講師会議などありますが、常にレッスンの質を上げていく努力をしており、皆さんの学ぶ姿勢に真剣に応えます。

※講師の採用の際には最低3回の面接を行ないますが、その内の1回は実際のクラスに於けるデモンストレーションレッスンです。

Kevin 講師

kevin2

Q.教える時に心掛けていることは。

生徒が緊張をせず気分を楽にしてレッスンが受けられるように、クラスの雰囲気作り を大切にしています。生徒には話をする時に間違えるのは恥ずかしいことではないと思って欲しいですね。生徒が前向きにレッスンを受けることが出来れば、勉強し続けようという気持ちになると思っています。

Q.英語を勉強する上で大切なことは。

最も大切なことは、英語の伝達方法を理解すること。つまり、英語を母国語とする人たちがどのように会話をしているか、どういう書き方をしているか、また英語の本を読んだら、その中でどのように考えや意見が表現されているかを学ぶことが大切なんです。英語を勉強したいのであれば、とにかく読むこと。英英辞典を使って、言葉の微妙なニュアンスをはっきりと理解すること。

それからこれは英語に限ったことではありませんが、海外に住んで毎日その国の言葉を使うことですね。私の経験ではこれが一番の方法なんですよ。

Q.日本語を学んでいるそうですが。

日本語に限らず、言葉に興味があるんです。日本語を学ぶのは英語を教えるのに役立っていますよ。例えば、生徒が日本語から英語に訳そうとして間違えていることや、英語から派生した日本語、ジャパニーズイングリッシュ、が元々の英語とは全く違う意味で使われていることに気付くことが出来ます。

私が日本語を勉強しているのは、日本で日本人と日本語でコミュニケーションを取りたいからなんです。それに日本の文化を正しく認識したいと思っています。私は外国に住むなら誰でも、その国の文化を敬い、その国の言葉を少しくらいは学ぶべきだと思っています。

Name Kevin Anthony Alicea
Country / Hometown USA
Lancaster, Pennsylvania
Career / Qualification 16 years of teaching
TEFL Certification
Special expertise Jack of all trades.
Master of none.
I’ve lived in Japan for… 14 years
Favorite word / expression / proverb “Life is difficult.”
Kevin講師のヒ・ミ・ツ♡
Nickname Ghandi
What I love music
Hobbies / How I spend my free time listening and playing music
What gets me going music
Language I speak 1. English
2. some Spanish
3. a little Japanese

Secret characteristics / People think of me as…

Stewart講師:Ghandi

Daniel講師: The Immortal FCC Instructor

Marcus講師:Kingpin

平井:”trusty” 一番よく話すぶん、ふざけてからかわれることも多く、度が過ぎる時は無視してやります

川村:ベテラン講師なので安定してる(色んな意味で)

阿津坂:ラテン系なのに意外に(?)神経が細やかな面も。気遣いさん

Stewart講師

stewart-class-2

私はスコットランドで生まれ、シドニーで育ちました。シドニーはオーストラリアで最も大きな都市であり、多文化で日本人も多く暮らしています。
美しいビーチに囲まれ、一年中過ごしやすい気候です。シドニーの人々は前向きで明るく、生活を楽しんでいます。

FCCの「IELTS対策コース」も担当しております。

Q.英語講師になった理由を教えてください。

大学で経営の学士号を取得し、外国人留学生にビジネスを教える仕事に就きました。そこで教える面白さを知って、効果的な学び方と教え方の両方を勉強し、教 育学の修士号を取得しました。その後、様々な国の留学生にビジネスを教え始めたのですが、生徒の英語力という大きな問題に直面し、ケンブリッジコースで英 語の教授法を学びました。2003年に英語講師となり、シドニー大学で英語を教えることになりました。一般英語とビジネス英語のほかに、IELTSのコー スでも教えました。シドニーには留学生やオーストラリアに移住を希望する外国人が多かったので、IELTSの受験者がとても多く、人気の高いコースでしたね。

Q.日本での生活はいかがですか?

日本に来て約半年が経ちました。日本は平和で、人々は礼儀正しく、食べ物も美味しくて最高です。妻の実家がある熊本にはよく行きますが、桜の季節に訪れた 熊本城には感動しました。普段は、毎週コミュニティセンターに通って日本語を勉強しています。外国語を学ぶ大変さを実感しているので、FCCの受講生がど んな気持ちで英語を勉強しているのかがよくわかります。だからこそ、皆さんには決して諦めないでほしいのです。なぜ英語を身につけたいのかはっきりさせ、 目標への学習計画を立てれば努力ができるし、学習を楽しむこともできます。時にはくじけそうになることもあるかもしれませんが、一緒に頑張りましょう。

Q.休日はどうしていますか?

ギターを弾くのが大好きで、ロックを中心に演奏していました。10代の頃から集めた9本のギターを日本にも持ってきました。数週間前、天神のミュージックカ フェになんとなく入ったところ、そこで演奏していた男性と一緒にステージで演奏することになり、楽しい時間を過ごすことができました。その男性のバンドが 近々ライブを行なうのですが、一緒に演奏しようと招待してくれました。とても楽しみです。だから週末は、大好きなギターを弾いたり、2人の子どもと遊んで 過ごしています。

Name Stewart Laird
Country / Hometown Sydney, Australia
Career / Qualification ・Master of Education
・Bachelor of Business
・Cambridge Certificate in Teaching English to Speakers of Other Languages
Special expertise IELTS EXAMINER
IELTS TEACHER
I’ve lived in Japan for… 5 years
Favorite word / expression / proverb “It’s a long road that doesn’t have a turning.”
Stewart講師のヒ・ミ・ツ♡
Nickname No nickname
What I love music
Hobbies / How I spend my free time usually at home
What gets me going exercise
Language I speak English

Secret characteristics / People think of me as…

Kevin講師:Professor of IELTS

Daniel講師:The Wizard of Oz

Marcus講師:Whisky and guitars

平井:”solid” しっかりしてそうで時々不安になるくらいおっちょこちょい

川村:安心するほど、会話中の相槌がハンパない

阿津坂:頼みごとをすると、なんだかんだ言いながら嬉しそうに引き受けてくれる

Daniel講師

Daniel-lesson

私はペンシルヴェニア州のピッツバーグで生まれ育ちました。6人兄弟の5番目で、いとこに至っては70人もいる大家族に育ちました。現在は日本人の妻と2人の子供と暮らしています。ちなみに妻とはダンスパーティで出逢ったのですが、その頃の彼女の英語のレベルは本当に下の方でした。でも私と会話を続けていくうちに上達し、今では家庭の会話はすべて英語でやれるまでになっています。

Q.どうして英会話を教えるようになったのですか?

大学1年の終わりに、教会の布教活動をしようと思い、そのためにロシア語も勉強していたので、ロシアを希望しました。なのに赴任先はブラジル!戸惑いましたが、暮らしてみると、人々は優しく陽気で、大好きなダンスも踊れるし、料理もおいしいし…ブラジルが大好きになりました。

大学に戻ってからブラジルの公用語であるポルトガル語とポルトガル文学を専攻し、卒業後は大学でポルトガル語の非常勤講師をしながら材木会社で働きました。外国語を教えるには母国語をよく理解しておく必要があると思い、当時、英文法を一生懸命勉強しました。

それから数年働き、日本で英会話講師になりました。大切にしているのは「いかにして生徒の心をつかんでコミュニケーションをとり、能動的学習につなげるか」ということ。ポルトガル語を教えた時の経験が今も活きています。

ポルトガル語、スペイン語を話せますが、フランス語、イタリア語、ロシア語、日本語もある程度理解することができます。ラテン語派生の言語は共通点があるのでなんとなくわかります。日本語は発音が難しいですが、漢字は大体読めるので意味は分かりますよ。

Q.FCC受講生にメッセージを。

FCCでは「勉強=楽しいもの」と思ってもらえる授業を目標にしています。ジョークやユーモアを交えたり、例文に生徒さんを登場させたりすると、皆さんの顔が、面白い!とか分かった!という、なんともいえない表情になるんです。そういう反応が返ってきた時は、本当に嬉しくなります。同じ教え方でも、分かり方は人それぞれですから、臨機応変に対応することを心がけています。私のレッスンに参加することで、英語の勉強を面白いと思ってもらえるようになったら、講師冥利に尽きますね。

受講生の皆さんがモチベーションを高くもって一生懸命頑張っているので、私も毎日「今日もいいレッスンをしよう!」とワクワクしながらFCCに来ます。勉強は辛く、忍耐のいることだと思われがちですが、やり方次第で変わりますよ。

“Study can be fun and that makes it easier to study!”

Name Daniel Beus
Country / Hometown Pittsburgh, Pennsylvania, USA
Career / Qualification 21 years teaching experience
Special expertise Grammar, Vocabulary
I’ve lived in Japan for… 17 years
Favorite word / expression / proverb “thither”
“Question everything”
“The longest journey begins with a single step.”
Daniel講師のヒ・ミ・ツ♡
Nickname The Grand Poobah (Dan)
What I love my family, pizza and my pillow
Hobbies / How I spend my free time reading books, making puzzles, playing with my kids, and bothering Satomi
What gets me going Coca-cola and chocolate
Language I speak English, Portuguese, Spanish

Secret characteristics / People think of me as…

Daniel講師:Puzzle Maker

Stewart講師:Big

Marcus講師:Gargantuan – body, soul + mind

平井:”knowledgeable” 高菜チャーハンが好きで、病気になるととんでもなく弱る

川村:歩くBGM、クリスマスシーズンにはFCCにはリアルサンタが出現!?

阿津坂:語彙力、知識の豊富さには脱帽。いつもジョークで挨拶してくるけれど、たまにわからないことも、、、

Marcus講師

marcus-main

日本語学校の留学生だった2014年に、医療問題をテーマにした「英語で学ぼう!」で講師を務めたことが縁で、FCCの常任講師になりました。

Q. 元研修医ということですが、なぜ医者になろうと思ったのですか?

10歳の時、香港返還を機に一家で祖母の住むカナダに移住しました。当時私は心臓病を患っていて、カナダで手術を受けることになったからです。その後医者の道を目指しました。現場では凄まじい光景を見たり生死に向き合うことが日常茶飯事で本当に激務でしたが、瀕死の状態から回復し前向きに生きる患者さんんを見て、人間の精神力を目の当たりにする思いでした。

Q. 日本に来た経緯は?

そんなある時、ワーキングホリデーに行った同僚から話を聞いて、私も言ってみたくなったんです。「仕事は仕事、人生楽しまなくちゃ」って。それで、言葉も分からない、知り合いもいない、行ったことのない日本に来たんですが、日本語の音は心地良いし、日本人のおもてなしの精神に心打たれました。外国人の中には、寿司職人が酢飯を習得するのに6年かかるなんて聞いたら馬鹿みたいだと言う人もいるけど、日本人は極めようとするでしょう。また、皆がお互いに敬いの気持ちを持って、まとまりのある社会を作っている日本が私には合っている気がしました。その後何度か来日し、日本人の女性と出会い、日本に住むことにしました。医者の道を捨てるのは大きな決断でしたが、後悔はありません。

Q. 常任講師として教えてみて?

最初にベテラン講師達から「型にはまった教え方ではなく、生徒を良く見て、1人1人に合わせて指導することが大切」とアドバイスを貰い、とても参考になりました。受講生のことがよく分かる英語日記は読むのが楽しみです。たくさん間違いながら新しいことに挑戦し続けて、そしてレッスン外でも何かしら取り組んでいる人は伸びますね。日本人は間違いを恐れたり分かったふりをしがちですが、上達したいなら安全圏から出ないといけません。FCC生の中には、夜勤後に授業に来る人までいて感心します(カナダでそんなに頑張る人いませんよ!)。皆さんの頑張りに応えられるよう、私もベストを尽くします!

Life is short. Enjoy your life and jump for a change!

Name Marcus Lau (劉寵穎)
Country / Hometown Nationality:Canada
Permanent residency /Hometown:Hong Kong
Career / Qualification Japan:English Instructor
Canada:Intra-op anesthesia specialist emergency medicine, surgery and endoscopy
Special expertise (see above)
I’ve lived in Japan for… Almost 3 years in total
Favorite word / expression / proverb Ethereal, Ephemeral, Effervescence, Ineffable
Marcus講師のヒ・ミ・ツ♡
Nickname “M”, Wing
What I love my family, watching movies, feeling free, eating, intellectual conversation
Hobbies / How I spend my free time piano, cooking new recipes, photography, travel
What gets me going 1. I can always improve who I am.
2. The thirst for knowledge.
Language I speak Mother tongue:Cantonese(広東語)
2nd:English
3rd:Japanese

Secret characteristics / People think of me as…

Kevin講師:Resident Doctor

Stewart講師:Medicine

Daniel講師:Young Blood

平井:”smart”子持ちに見えない肌ツヤの良さとしばしば感じる若さ

川村:医療系海外ドラマについて彼と話したら絶対楽しい

阿津坂: ジェントルマンなようでいて、1/3くらいそうでないところが彼のミソ

Warren講師

warren-id

日本との縁の始まり

私が大学に入ったのは28歳の時です。イギリスでは社会人が大学に通うことは珍しくありません。私は、もっと将来的にキャリアを積める仕事に就きたくて進学を決めました。日本語を専攻した理由は、日本人の友達がいて10日程日本を訪れたことがあったからです。授業では先生が使う単語が理解できず苦労しました。

入学当初知っていたのは”noun=名詞”くらい。そんな私も3年次に日本の大学に1年留学して、なんとか卒業できました。気づけば入学時20名いたクラスメイトが7名になっていました。みんな「日本の漫画が好き」といった軽い気持ちで日本語を選んだものの、その難しさに脱落していったんです。私は自分の人生を変える為、住む場所、友人、色々なものを犠牲にしましたから、途中で止めるなんて選択肢はありませんでした。在日10年の今では、言いたいことを言えるだけの語彙力と文法知識はあります。そのうち日本語能力検定試験の2級にも挑戦したいと思っています。

仕事の醍醐味

”Be flexible”-この仕事をしていて面白いのは、生徒は誰一人として同じではなく、それぞれニーズも学習スタイルも違うというところ。つまり、講師は常に柔軟に指導方法を変えていかないといけないんです。同じテキスト、ユニットを使ったとしても、二つとして同じクラスはない。だからこそ面白い。

FCCに来て驚いたこと

10年間、典型的な英会話スクールに勤めていたので、FCCとのギャップは歴然でした。目的の違うクラスが複数あって、各々で違った勉強・訓練ができる仕組みはとても良いと思います。大きな本棚、受講生が勉強できるスペース、タブレットPCやモニターがある。もう一つ驚いたのはFCCの受講生のレベルの高さ。「真面目で厳しい」を物語っていますよね。

受講生に伝えたいこと

「成功するには、それだけの努力が必要」は真理だと思います。特に、膨大な時間と労力を要する語学学習に関してはね。思うように上達しないなぁなんて落ち込まないで。自分が母語を習得した年月と環境を考えれば、外国語習得はエベレスト登山のようなものです。山頂が遥か彼方に思える時は自分が進んできた道を振り返ること! 努力した分結果はついてきますよ。

スタッフ紹介

平井聡美ひらいさとみ

私の高校・大学時代は英語の課題との闘いでした。前職で英語を教えていた頃は、一番効果的な勉強方法、教授法、はたまたモチベーションの上げ方について 日々試行錯誤していました。FCCでは受付に立ちますが、何かあればお気軽にお声がけ下さい。

出身地 福岡県久留米市生まれ
でも人生の半分くらい大阪と京都で過ごしたので中身は関西人
経歴 ・大学:専攻:国際関係学(政治学/平和学)
・留学先:University of Washington in Seattle, USA(短期)
・前職:塾講師
FCCでの担当 受付業務・教務(主に受講生と講師のサポート)
どうやって英語を
勉強したか
高校時代は3年間英語科でスパルタな恩師の下勉強。大学時代は留学含め、ディベート、プレゼン、ライティングなど場数を踏んだ時期。勉強したいことがあった、語学に堪能な友達が多かったことがモチベーションを保てた理由かな~?社会人になってからは外国人と接する機会が増えてちょっとずつ運用能力がついた。
好きな英単語や
表現など
“Tomorrow is another day.” 寝れば忘れる。
“Be the change that you wish to see in the world.” - Ghandi
ニックネーム ・さと
・さとちゃん
・Satomes(Kevin講師)
大好きな物 おもしろいこと&人『一日一笑』 吉本新喜劇の茂じいみたいな。 『許してやったらどうや~』(←分かる人には分かる!!)
趣味、
休日の過ごし方
寝る (洗面所で寝落ちした経験あり) 料理 (適当にある物で作るので、たまに失敗します。日々研究。)
エネルギー源 お刺身、お寿司(私のミドルネームはsashimiか!?) マカデミアナッツアイスクリーム、プリン(差し入れ大歓迎♡)
話す言葉 関西弁、博多弁、英語

阿津坂光子あつさかみつこ

筑後に生まれ、20歳になるまで1歩も海外に出たことありませんでしたが、初の海外旅行で旅の面白さとそして英語の有用さに開眼。猛勉強をした後、数年前にロンドンで大学院留学をしました。英語を勉強する楽しさや、英語で広がる世界をお伝えしながら、皆さんの学習の応援をしていきたいと思ってます。

出身地 福岡県大川市
経歴 出版社、放送関連会社勤務を経てFCCへ。
MA in Media Studies, Goldsmiths, University of London
FCCでの担当 折り返し&終了カウンセリング、スピーキング☆カフェ、英語deボランティア、英語で学ぼう!、イングリッシュセラピー
どうやって英語を
勉強したか
たくさん本を読む、BBCやCNNをひたすら聞く、海外の友人を作ってメールやチャットなどでコミュニケーションする
ニックネーム あっちゃん、あっちゃか
大好きな物 猫、本、映画、音楽、BBC Radio1、旅行、美味しいもの
趣味、
休日の過ごし方
普段は家にいることが多く、一日家で過ごすのも全く苦にならないが、ヨーロッパやアジアを放浪していたことも。アウトドアスポーツもインドア(読書や映画)も同じくらい好き。
エネルギー源 カロリーメイト
話す言葉 ちっご弁
嘘くさいイギリス英語

木原 美紀きはらみき

学生の時から英語や海外に関心を持ち、高校時代は英語科に通いカナダに留学したり大学時代も海外インターンシップを経験したりしてきました。しかし、その後、英語に触れる機会が減り…学習も怠り…と。FCCで皆さんと共に英語力を磨いていきながら、受講生のサポートを行っていきたいと思います!頑張りましょう!

出身地 長崎県
経歴 職歴:取扱説明書制作会社(翻訳やWebコンテンツ制作)~物流会社~FCC
高校時代:カナダ アルバータ州の高校に留学
FCCでの担当 企画・教務
(ホームページ運営・学校案内等)
ニックネーム きーちゃん・きはら・みっきー
大好きな物 ドナルドダック・音楽(ピアノ)・海外関連の番組
趣味、 休日の過ごし方 休日は睡眠・ゴロゴロ・ボーっとした後、ちょこっと家事して1日が終わってしまいます… 趣味といえる趣味を絶賛模索中
エネルギー源 食べ物(美味しいパン・美味しいデザートなどなど)・ドナルドダック
話す言葉 標準語(多分…) 長らく広島に住んでいたので考え事するときに広島弁が少々