スピーキング☆カフェ

スピカフェ・レポート

【レポート】2月24日(日)のスピ☆カフェは、インドネシア人女性とカナダ人男性でした!

atsusaka
阿津坂

こんにちは、阿津坂です。

2月24日(日)に行ったスピ☆カフェは、日本の歴史や文化に詳しいインドネシア人女性と、初来日のカナダ人男性でした。

スピカフェ・レポートをご紹介します♪

国籍:Indonesian
職業:Student [Japanese Design]

 

国籍:Canadian
職業:Software Developer

今回の基礎1・2/初級1・2/中級1・2・3のトピックテーマは、歴史好きのアリーシャさん提案で「好きな歴史上の人物」。ディスカッション・テーマは、ブラッドリーさんの提案で「本音と建前:日本と海外の事情・良い面/悪い面」でした。

アリーシャさんの回では、彼女の日本の歴史や文化に対する深い造詣に感嘆の声が! 吉川英治(多くの歴史小説を書いた小説家。マンガ『バガボンド』の原作は、吉川英治の『宮本武蔵』)の小説が愛読書だそう。

ブラッドリーさんの回では、歴史だけでなく色々な国について話し合ったり。

ディスカッションでは、ブラッドリーさんにはカナダの「本音と建前」事情を話してもらい、海外でも「本音と建前」があることなどを含めて、話し合いが行われました。

 

アリーシャさんの歴史好きに皆さん舌を巻いてました! でも笑い声もたくさん♪

歴史談義だけでなく各国の話で盛り上がり

男3人で記念写真

ここは仲良くピースサイン♪

1対1でしたが、楽しくオシャベリが続いていました♪

活発な議論が行われていました!

 ***参加者からはこんなコメントをいただきました***

すごくフレンドリーな方で、話しやすい雰囲気を作って下さいました。いつもタフですが、実践力がつくと感じます。今日は先週ならった3rd conditional(仮定法過去完了)に挑戦しましたが、OKもらって嬉しかったです。(O・Rさん)

 

講師のブラッドリーさんがよく話をきいてくれる方だったので話しやすかったです。(松岡溶基夫さん)

 

テーマが本音と建前という、日本語でも説明の難しいものだったが、英語で説明するのは挑戦でもあり、面白かった。カナダにも本音と建前があり、日本だけのものでないというのが新たな発見だった。(幸さん)

 

色々な国のこと等、次々と話題が広がって楽しかったです。やや早口でしたが、とても聞き取りやすかったです。(S・Aさん)

 

自分が苦手とする分野や、興味ないトピックでも、留学生がリードしてくれたので楽しくTalkingできました!(^-^)(K・Yさん)

 

アリーシャさんが、とても日本を愛してくれているのが伝わってきて、会話も盛り上がりました。英語と歴史が両方学べるお得な1時間になりました。(K・Sさん)

 

筋書らしいものがなくても、それはそれで大事なレッスンになると思いました。(Y・Tさん)

 

*******

次回は、3月16日(土)に行います!

 

 

 

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2019 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.