atsusaka
阿津坂

こんにちは、阿津坂です。

3月15日(日)に行ったスピーキング☆カフェは、ライターとして働くアメリカ人女性と、ITエンジニアのスウェーデン人男性でした。

スピカフェ・レポートをご紹介します♪

国籍:American
職業:Writer

国籍:Swedish
職業:IT Engineer

今回の参加留学生は、アメリカ出身のトゥさんとスウェーデン出身のケヴィンさん。お2人ともスピ☆カフェにはお馴染みのメンバー。話し好きなので、いつも盛り上がります♪

トゥさんの回では、お題の「一億円もらったら仕事を辞めますか?」から、「もし~だったら」の質問に。

「もし魔法使いだったら?」「もし不死身だったら?」「もし24時間しか生きられなかったら?」

それぞれの質問で、いろいろな答えが出たり、それにツッコミを入れたりと、笑い声が盛んに上がっていました。

トゥさんの各国を巡られた旅行体験も面白かったそうですよ♪

ケヴィンさんの回では、スウェーデンの話が中心に。雪のイメージの強いスウェーデンですが、ストックホルムは意外にそんなに雪は多くないそう。

ただ、湿気があるので、北部の寒いけど乾燥しているエリアより、体感はもっと寒いそう。

日本語を勉強しているケヴィンさん。外国人が日本語を勉強する時に難しい「びょういん」と「びよういん」の発音の違いや、留学生の間でも国によっての得意分野・苦手分野の違いなどで盛り上がりました。

スウェーデン語は、日本人にとっては英語より発音がラクなので、オススメだよ!とのことですよ♪

中級4~EA(一番上のクラス)の受講生が参加する回では、「社会の分断と政治」というテーマで、日本とスウェーデンについてディスカッションして頂きました。

両国の相違や類似点についてたくさん意見が交換されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ***参加者からはこんなコメントをいただきました***

マンツーマンで、初めの10分は絶対に場がもたない、と不安になりましたが、めちゃくちゃなブロークン英語でもすぐ理解してくれて、色々な質問を簡単な英語で投げかけてくれて助かりました。海外経験豊富で、たくさん知見のある方だったのでどの話になっても、面白い話が聞けて楽しかったです。(M・Mさん)

 

色々な話が出来て楽しかったです。個人的には魔法使いのトピックが盛り上がりました。授業でやっているような英単語の説明だけでなく、どう聞こえたのかまで教えて頂きました。(齊藤良太さん)

 

今回、初めてスピーキングカフェに参加させて頂いて、非常に多くの刺激を受けました。質問に対して自分の思ったことを表現することの難しさを痛感しました。また他の方がスラスラと話されているのを見て、自分もこうなりたいと改めて思うことができました。(福富惇さん)

 

日本とスウェーデン両国の戦後政治の流れについて、意見交換することができました。日本ではほぼ自民党による一党支配、スウェーデンでは左右両党が適宜交替という違いはあるものの、どちらも政権政党内における派閥間均衡の中で、大きな政策の変更もなくバランスのとれた政治が行われてきたということ。ただ近年では両国社会とも「分断」が見うけられるようになり、それを受けて政治にも「極端」な流れが出てきているという点でも意見が一致し、大変興味深い議論を展開していくことができました。(手嶋隆行さん)

 

時々、ちょっと速いなと感じることがありましたが、集中して会話をすることが出来、英語の練習としても良かったです。内容も面白かったです。(K・Jさん)

*******

次回は、4月25日(土)を予定しています!