atsusaka
阿津坂

こんにちは、阿津坂です。

2月22日(土)に行ったスピーキング☆カフェは、メイクアップアーティストのスウェーデン人女性と、ライターとして働くアメリカ人女性でした。

スピカフェ・レポートをご紹介します♪

国籍:Swedish
職業:Make-up Artist

国籍:American
職業:Writer

今回は、基礎1・2/初級1・2/中級1・2・3の回では、怪談や迷信がトピック。

今回の参加留学生は、スウェーデン出身のエリカさんとアメリカ出身のトゥさん。元々予定していたナイジェリア出身のシンシアさんは急遽来れなくなってしまい、トゥさんに来ていただきました。

エリカさんはメイクアップアーティスト。しっかりフルメイクを施して参加されてありました。

最初の回では、女性お一人の参加だったので、メイクアップのコツをいろいろ教えてもらったそうです♪(コツは、自分の好きな色は1つか2つ使うだけに止めておく方が良いそう!)

他の回でも、スウェーデンのお勧めの場所(アイスホテルなど)や、寒中水泳などの行事を教えてもらったそうです。

トゥさんの回では、ヴェトナム系ということで、ヴェトナムの迷信「玄関のドアと窓を一直線に配置すると、幸運がすぐに逃げ去ってしまう」という話から、厄払いの話になり、日本の厄年について盛り上がったそうですよ!

ディスカッションの回では、テーマだった「経済成長か、環境問題か」よりも、今話題のコロナウィルスの件から、「cleanliness(清潔さ)」について。

各国・各文化で「清潔さ」を求める度合いや、何を「清潔」と感じるかによって違うと思います。

日本の場合は、同調圧力が高いので、「清潔さ」のために、皆一様に同じ服装を着ることを求めたり、同じように行動することを求めたりする力が強く働くのでは、という意見が出されていました。

 

 ***参加者からはこんなコメントをいただきました***

ゲストの方が話しやすくて、あっという間でした。日頃使わない単語や、表現が出てきてとても勉強になりました! また近いうちに参加したいです。(F・Aさん)

 

トピックも楽しかったですが、Thuさんから他のトピックもいいよと言ってもらったので話や質問をしやすかったです。(上野さん)

 

授業以外で英語を話す機会がないので、とてもよい機会になりました。もっと日本のことなど話せるように、日々のレッスンでも積極的に発言するようにしていきたいです。スウェーデンのことも知れて良かったです。(T・Hさん)

 

今回マンツーマンだったので、話題が続くか心配だった。が、講師の方が話題を振ってくれたので、なんとか一時間話し続けることができた。一時間英語だけで話し続ける機会はなかなかないので良い勉強になった。(岡島さん)

 

タフでしたが、英語力の向上につながったと思います。文化とか考え方の違いに触れられるのが良いところだと思います。(O・Rさん)

 

今回もゲストの方と興味深いディスカッションができて楽しかったです。もっと自分の言いたいことを英語できちんと伝えられるようになりたいです。(T・Nさん)

*******

次回は、3月15日(日)に開催いたします!