FCC創立の想い

私が理想を夢見てFCCを作りました!

akamineprof

代表 赤峰美則
20代の前半に牧場経営を夢見てアメリカに2年間留学。しかし、帰国後、夢破れて英会話教材+スクールの会社に入社。利益至上主義の会社に疑問を抱き、「確実に英語力をつける=理想を追求する学校は自分で創るしかない」と1984年に福岡コミュニケーションセンター(略:FCC)を開校。

 
受講生が8名だった最初のクリスマスパーティ

1984年9月にFCCを創立、その年の年末に受講生8名(知り合いのスクールから来てもらっていた受付と講師と私も参加)でクリスマスパーティを開きました。場所は教室で、参加した受講生は社会人と大学生と中学生と幅広く、コーラにみかんにポテトチップスなどを飲み食べしながら、クリスマスソングを歌い、ゲームなどで盛り上がりました。記念すべきFCC最初のパーティです。

 

 

創立と同時にTOEICを採用

FCC創立と同時に、FCCでTOEIC模試(過去の公式テスト)を受けることができるよう にしました。その為に東京のTOEIC本部に行きました。その夜、担当者から夕食をご馳走になり、担当者は、英検を抜いてTOEICを日本のメジャーにし たい、その為に全国の主な企業と大学などを回らなければならない等々、熱っぽく話して下さり、私も負けずにFCCの夢を話しました。

TOEICが、今日の地位を築いた陰には、その担当者の並々ならぬ努力があったことは言うまでもありません。FCCは、TOEICを採用した全国の英会話学校の中の最も古い一校で、当時のパンフレットに、FCCが載っています。

 

 

最初の講師は、有名人

勇気ある受講生が一人二人と入校してくるようになりましたから、クラスを開かなければなりません。知り合いのスクールから半年間だけ、受付の人と講師に週に 一日3時間だけ来てもらいクラスを始めることにしました。しかし、自前の講師でクラスを始めなければ、前に進みません。まず教務の責任者として荒牧が FCCの一員になり、早速、講師の募集をしました。

応募者の中に一人、とても魅力的な米国人女性がいました。

まだ講師の採用基準などありませんでしたが、その女性は講師としての実力も間違いなさそうなので即採用にしました。

しかし、FCCの受講生は大学生が多いことを知り、その講師はその場で断わってきました。理由を聞くと、「私はテレビの深夜番組の司会者で、特に学生の間では有名人で、人気があります。私の人気で入校してもらいたくないからです」。

荒牧は、「あなたがテレビに出ていることは全く知らなかったが、あなたが英語講師として素晴らしいと判断したのです。是非、FCCの受講生に教えて欲しいのです!」。

荒牧の熱意が伝わり、米国人女性はFCCで働くことになりました。

思った通りの素晴らしい講師でした。受講生達は、クラスの日が待ち遠しくて、熱心に学び、力をつけました。実力と熱意を持ち、人間的にも魅力ある講師の存在が、いかに大切であるかを学ぶことができました。

 

 

県立高校の英語教師が入校

FCCの学校運営が軌道に乗るまでに、15年という気の長くなるような時間を要しましたが、その間、荒牧は、一心になってクラスの改善と講師の採用基準等々、多くの試行錯誤を繰り返しながら、懸命に取り組みました。

その努力が実って創立して5~6年経った頃には、どこにも負けないだけの内容が出来たと思います。そんな頃、県立高校の英語教師が、FCCを高く評価して下さり、入校されました。嬉しいやら驚くやら、ビックリしました。現役の英語教師からお墨付きをもらったのです。

FCCの学校創りの方向性に間違いのないことを確認することができました。その後も、現役の英語教師の入校が、今日までずっと続いております。

 

 

「まだ、手作業でやるべし!」

受講生が徐々に増えてきたので、私も荒牧もパソコン操作は出来ないのに、受講生のデータ管理などを、人並みにパソコンでしたいと思うようになりました。そのこ とを早朝勉強会の席で話したら、Y社の社長が、丁度パソコンを入れ替える時期だから、一台タダであげるよ、と言って下さいました。

早速、Y社の担当者がFCCに来られ、受講生数や入力に必要な項目などの確認をされ、言われた言葉が「まだパソコンは必要ない、手作業でやるべし!」、「今後、受講生が増えても、ぎりぎりまで手作業ですること、パソコンを入れても有効活用をしている会社は非常に少ない」でした。

FCCがパソコンを入れたのは、それから7・8年も経ってからのことでした。

 

 

10年目に教室を拡張

いくら入校者が少ないと言っても、10年も経つと1教室では、どんなにやりくりをしても、もう限界です。移転費用を何とか工面して、思い切って現在地に移転しました。3教室と狭いながらロビーもできて、どうにか最低限の英会話学校としての形ができました。

それから数年後、隣接する事務所が退去してくれたので、そこを借りて6教室体制(現在は、7教室体制)になりました。

受講生の皆さんには、ギリギリまで一教室で我慢をしてもらい、見栄を張らずに、内容の充実に力を注ぎ続け、英会話学校としての実力を蓄えることができた10年間だったと思います。

 

 

「英語日記」の誕生

私達の喜びは、何と言っても受講生の皆さんが英語力をつけて、「英語を話せるようになったぞ!」と、喜びに満ちた生き生きとした笑顔を見ることです。そのような表情を見ると、もっと応援したくなります。

その為には、週に2~3時間のクラスだけでは不十分です。そこで講師とスタッフが、受講生に別途の経済的な負担をかけることなく英語力がつくものはないかと何度も話し合いを行ないました。

その結果、講師が添削の責任を持つということで誕生したのが、無料の添削システム「英語日記」(週一回提出)です。誕生して20年経ち、今ではFCC名物と言われています。

「英語日記」は、添削の労を惜しまない講師の存在があって、初めて成り立ちます。

 

 

「馬鹿な英会話学校」で受講生が急増

ある朝、早朝勉強会でK氏に出会いました。K氏はとてもユニークな方で、K氏の自己紹介を聞いた瞬間、私は、「この人に、FCCのパンフレットを創ってもらったら、きっと面白いものができるはずだ」と思い、早速、K氏に依頼しました。

数週間後、K氏から届いたパンフレットを見てビックリ、「馬鹿な英会話学校」という文字がい きなり目に飛び込んできたのです。FCCは、どこよりも知的な仕事をしているという自負があり、「馬鹿」という言葉には強い抵抗を感じました。しかし、 「全てをお任せします」と言った手前、そう簡単には断れません。なぜK氏は「馬鹿な英会話学校」という表現をしたのだろうか、考えました。

そして答えが出ました。

 

これは、「バカ正直の馬鹿」に違いないと納得しました。

このパンフレットで、受講生が増え、FCCは長かった真っ暗闇のトンネルから抜け出すことが出来ました。その後もK氏にはお世話になり、FCCの業績は順調に推移することができました。

 

 

トップへ戻る

英会話スクール説明会・見学のご案内

FCC説明・見学は、毎日実施(日・祝含む)しています。
内容について詳しくご説明を致しますので、ご遠慮なくいろいろお尋ね下さい。
また、スクール内の見学をして頂くことも出来ます。
所要時間:約40分~60分 費用:無料

説明会ロビー風景 説明会ボタン

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.