受講生座談会

夢があるから、英語を学ぶ。

togather

FCCでは入校の際、皆さんに入校理由と将来の夢を教えていただいています。様々な入校理由があり、あらゆる分野で英語が必要になっていることを感じま す。そこで今回は、ユニークな入校理由をもつ受講生3名の方に、どのように夢を叶えようとしているかについて話していただきました。

kosuma1 上妻良平さん
2013年3月入校。中級-III・LS-Vを受講中。日勤と長日勤の日は仕事・家事・育児でフル稼働。中日勤と夜勤の日に自宅学習をし、FCCのレッスンに来られています。
hama1 濱田美咲さん
2014年1月入校。基礎-II・LS-I・RGW-IIを受講中。福岡市動物園で飼育展示係をされています。担当はペンギンとシカ科のキョン。
mochimaru1

持丸光さん
2014年2月入校。中級ーI・RGWーIII・BーIIを受講中。趣味のブレイクダンスでは数々の優勝経験あり。社会人になっても両立させておられます。

 

夢から逆算したら、「まず英語力をつける」に行きついたんです。

kouzuma上妻/僕は九州大学経済学部の3年で、大学では経営学を学んでいます。小さな頃からサッカー選手になるのが夢だったんですが、大きくなるにつれ、その夢は叶わないとわかりました。でもサッカーが好きな気持ちは変わらず、プレイヤーの道ではなく、サッカービジネスの道を目指そうと思うようになりました。スポーツビジネスって日本ではまだ馴染みがないけど、ヨーロッパ、特にサッカーが生まれたイギリスでは盛んで、大学で学べるほどです。僕はいずれイギリスの大学院でスポーツビジネスを学び、日本のサッカーのために貢献したいと思っています。夢へ近づくために、今は地元のJリーグチームでフロントスタッフや広報のインターンをしています。それと、イギリス留学するためには英語力が必要だから、英語を学んでおこうと思いました。FCCはネットで調べて、せっかくやるなら「まじめで厳しい」ところがいいと学校訪問をし、赤峰さんのお話を聞いて「ここだ!」と決めました。

hamada濱田/私は福岡市動物園で飼育員をしています。幼い頃から動物好きで、飼育員になるという夢は叶えたのですが、勤務10年になり、自分のモチベーションが下がってきているのを感じました。それで新しいことに挑戦しようと、以前から学びたいと思っていた英語を本格的に始めることにしたんです。プライベートで外国の動物園を訪ねるのが好きなのですが、現地スタッフに尋ねたいことがあっても、英語が話せないから詳しく聞けないし、相手の答えも「大丈夫」ぐらいしかわからない。英語ができるようになれば、人を介せず踏み込んだ話も聞けるし、飼育員としての可能性も拡がる気がしました。以前から携帯のアプリなどを利用して、独学で英語の勉強はしてたんですが、全然定着しなくて…。習慣化しないとだめだなと思って調べたら、FCCはレッスン以外のフォローアップも充実していました。特に英語日記に惹かれて、入校を決めました。

mochimaru持丸/僕は横浜出身で、貿易会社に就職し昨年転勤で福岡へやってきました。海外駐在のある仕事ですから、将来のために英語力をつけることは必要なのですが、僕にはもう一つ理由があって。僕も上妻君と同じで、サッカー選手を目指してずっとサッカーをやっていました。でも高校2年でケガをして、自分の実力を痛感しました。それで大学でブレイクダンスを始めたんです。そこで、ある人から「二足のわらじを履くくらいなら、両方やめてしまえ」と言われて決心がつき、きっぱりサッカーをやめて、ブレイクダンスに没頭しました。周りに助けられ、卒業前には学生チャンピオンを獲ることもできました。ブレイクダンスを続けていく中で、海外大会に出場する機会もあり、国境を越えて人と触れ合う機会がありました。見ず知らずの土地で自分が困っていても『俺の家に泊まれよ!お前はBBOYだから何も心配することはない!』と何度も助けてもらった事があります。そんな海外の仲間やカルチャーに助けられ、恵まれながらも、感謝の気持ちを表現できない自分が何度も情けなくなりました。勉強もサッカーもダンスも真面目にやってきたのに…と英語ができないコンプレックスは膨らむばかり。それで福岡転勤を機に英会話スクールを探しました。FCCを訪ねた時、赤峰さんから「夢から逆算してください」と言われて、グッときました。僕には海外駐在とブレイクダンスという夢があるのに、何の設計もしていない…。言われたとおり逆算したら、まず英語力!に行きついたんです。

仕事と学校とアルバイト…両立は厳しいけど、こんな工夫をしています。

上妻/大学とアルバイトの間にFCC通いを入れるのは大変で、休みがちになったりするけど、振り替えてでも週に2日は来ようと思っています。FCCに入校してから、英語の勉強時間を確保する意識は生まれました。僕はサッカークラブでコーチのアルバイトもしてるんですが、夜9時半に終わってから天神のカフェに行って、復習したり英語日記書いたりしてます。最低2時間は帰らないって決めてるんです。

濱田・持丸/すごいですね!!

上妻/いや、家に帰ると寝るから(笑)。

濱田/私は毎晩9時からレッスンの復習をしています。レッスン中に講師が私以外の方にした質問を思い出し、自分ならどう答えるかやってみたり、スペル練習をしたり。最近、「話す・聞く」力が足りないと思い、CD付のFCC文庫を借りてくるようにもなりました。英語日記は動物たちの解説を書いています。これはストックしておいて、いつか園内に掲示したいと思っています。最近は外国人のお客様も増えたので、園内の施設や順路の説明も英語でできるようになりたいと思っています。

持丸/平日の仕事の状況もあり、英語の勉強は主に土・日を中心に行っています。『週に20時間以上勉強する』と目標を立てていますが、実際に達成できているかというと70~80%くらい。また、月に数回ブレイクダンスの大会やショーが土・日に入ることもあるため、継続してスキルアップアップするためにも平日に分散していこうと考えています。FCCを休むと、僕は精神的によくないから。平日の移動時間や隙間時間も上手く使えるようになりたいです

英語力が上がると夢が膨らんで、さらに貪欲になっていきますね。

上妻/高校までリーディングはやってきたけど、リスニングは圧倒的に少なかったから苦手でした。FCCに入ってリスニングが伸びたのは、ネイティブの講師と話せる機会が増えたからに違いありません。レッスン中に講師に「こう答えたい」と思っても、まだ上手く話せなくて、悔しい思いをしていますが、悔しい瞬間がたくさん与えられるから、次はちゃんと答えてやる!って気持ちも生まれます。英語の他に最近、新しい試みも始めました。僕は今までにいろんなサッカー業界の人に話を聞いてきたんですが、ずっとインプットするだけだったので、アウトプットしてみようと思い、インタビューしてきたものをウェブに上げようと文章を書き始めました。少しずつ夢に向かって進んでいる気がします。

濱田/動物を観察するという日常は変わらないのですが、最近は「これを英語でガイドするなら…」と常に英語で説明を考えるようになりました。最初は単語しか浮かばなZadansub_P1190546かったのですが、だんだん一つの文で浮かぶようになってきました。英語を学んだことで挑戦したいことも増えました。英語で書かれた論文を読みこなせるようになって知識を増やし、お客様への説明を充実させたいとか、英語が習得できたらスペイン語も習いたいとか。南米に生息しているペンギンの生息地を見に行きたいですね。夢は膨らみます。

持丸/今の会社の上司に『海外駐在したい』と事あるごとにアピールしていたのですが、いうだけでは夢は近づいてきません。やっぱり行動と能力が伴わなければ…。それがFCCに通い始めたと報告してから、上司が「最近、英会話のほうはどうだ?」と聞いてくれるようになりました。プレッシャーもありますが、周囲を巻き込んで協力体制ができたような気がします。僕はブレイクダンスを通してオーストラリア留学をさせてもらったこともあるのですが、忘れられない土地です。いろんな国で仕事もしたいし、将来オーストラリアでも暮らしたい。仕事とダンスをライフスタイルとして続けていくために、この時期に英語力をつけるんだと思っています。

 

─皆さん、ありがとうございました!

 

トップへ戻る

英会話スクール説明会・見学のご案内

FCC説明・見学は、毎日実施(日・祝含む)しています。
内容について詳しくご説明を致しますので、ご遠慮なくいろいろお尋ね下さい。
また、スクール内の見学をして頂くことも出来ます。
所要時間:約40分~60分 費用:無料

説明会ロビー風景 説明会ボタン

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.