受講生座談会

英語が身につけば、世界は拡がる

interview201906

FCCには海外経験の豊富な受講生が多くいます。そのうちの一人である原田雄章さんに、英語を習得して得られたものや自宅学習法について、お話を聞きました。

harada-prof 原田雄章さん
2017年10月入校。現在、中級-IV・LS-Vを受講中。留学のため、IELTS 4技能で7.0以上を目指して猛勉強中

 

受験英語では世界と交われない。活きた英会話をバックパック旅行で楽しむ

大学1年の時に、世界と繋がって自分たちの考えを発信するサークルを立ち上げました。最初の活動はフィンランドで原爆についてのプレゼンテーションをすることでしたが、それまで学んだ受験英語では思うように伝わりませんでした。それですぐ英会話スクールに入り、大学を卒業するまで通いました。そこではグループレッスンで様々な分野の人と語り合い、良い刺激を受けました。難しい議論をすることもできました。
僕はそこで身につけた英語力で、大学の休暇の度にバックパック旅行をしました。往復の航空チケットだけ日本で購入して、宿も食事も現地で決める一人旅です。観光ではあまり行かない土地を主にアジア、アフリカ、南米…と今日までに全大陸を訪ねました。
海外では「日本人は会話をYesから始める」と言われ、交渉が簡単だと思われています。そこで僕はあえて「No」から始めるようにしました。その国の金銭感覚で生活し、観光客向けの高い買い物はしません。強引に買わされないように、相手を黙らせるスラングもかなり覚えましたね。

原田さん海外旅エジプトにて。ピラミッドを背景にラクダからジャンプ

 

次に掲げた目標は医学留学。FCCで4技能を磨くIELTS対策を

医師になり大学病院で働きだすと、しばらくは英語から離れた生活を送りました。それでも毎年夏休みを使って、バックパック旅行は続けました。常に貧乏旅行ですが、僕にはそのほうが得られるものが大きいのです。
9年が経ち、大学病院に勤務しながら、大学院で博士号取得のための研究を始めました。その頃から留学も考えるようになりました。僕の専門である小児心臓外科で最先端の技術をもつオーストラリアの病院で学びたいのです。留学の条件はIELTS4技能全てで7.0以上が必要という、とてつもなく難しいものです。独学では無理だと思い、僕はFCCに入校しました。仕事の都合でIELTSコースは受けられませんが、自分なりにIELTS対策を徹底することにしました。

書く技能を伸ばすについては英語日記を最大限活用しました。講師の丁寧な添削が役に立ち、前回受けたIELTSのライティングは自己最高得点でした。話す技能の強化は、覚えた表現をレッスンで使います。クラスメイトが理解できないかもと心配になりますが、ひたすらIELTS対策のためと思って続けます。すると講師が「難しい表現を知ってるね」と取り上げて、クラス全体で共有させてくれるので助かります。読む技能は過去問と英字新聞で、聞く技能は年間1000時間のヒアリングを目標にした「1000時間ヒアリングマラソン」という教材をやっています。あとはIELTS単語集をひたすら覚える…20回は繰り返しました。
FCCに入ってよかったと思うのは、熱心な講師陣と向上心の高いクラスメイトに恵まれたこと。受験のための英語学習は辛いですが、一緒に学ぶ人たちにやる気をもらってます。

IELTS単語集20回以上繰り返しているIELTS単語集。3秒で思い出せなかったら印をつけます

 

英語を学んで世界へ出る。多様な価値観から自分の基準を見つける

バックパック旅行でこれまでに世界50カ国を訪問しました。毎回『地球の歩き方』1冊だけ持って、現地に入ります。最も長い旅は大学時代に1カ月かけたインド1周ですが、死にそうな目に3度遭いました。中東でも、アレッポの遺跡を見たくてイスラエルからシリアに入ろうとしたのですが、シリアから逃げてきた子どもたちに「シリアに入った瞬間に殺される」と言われ、断念しました。ヨルダンでは銃撃戦で僕の隣りにいた人が脚を撃たれました。辛い現実も見るし、現地の人たちをどうにか救えないかと悩むこともあります。でも、まずは世界の実情を知ることです。旅でできた各国の友人とはずっと連絡を取り合っています。決して日本の価値観が全てと思うのではなく、様々な国の価値観を知ったうえで、自分の価値基準を見つけることが大切だと思います。僕の旅は元々、世界遺産を見るのが目的で、一番好きな場所はアルゼンチンのイグアスの滝です。あの雄大さに触れると、自分の悩みの小ささに気付かされます。
留学先で多くを学びたいですし、まだまだ旅もしたいですが、こんなふうに世界を知ることができるのは英語を身につけたから。これからも英語を学び続けるつもりです。

ケープタウン。50各国目の記念にケープタウンのライオンズヘッド山頂にて。50ヵ国目の記念に

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2019 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.