FCC出身の国際協力専門家へ

菊次 篤志さん(大学院生)  ’00年4月入学

菊次さんはこの3月で九大大学院を卒業。建設コンサル会社の国際協力本部で、アジア各国等の農業開発・指導を行う予定。

「学会で出逢った国際協力専門家に憧れ、国際系の就職を決意。まずは英語を学ぼうと。あえてCMのチェーン校は避け、じっくり勉強できる小さな学校を何校か廻りました。その中で一番親切で熱心だったのがFCCです。」

高専出身で英語を勉強する機会が少なく、全くの初心者だった。「FCCには大満足。多彩な授業と真面目さには感心します。FCCには”私の15年後”という会報があるんですが、夢を語ることで意識が変わりました。また、講師やスタッフが生徒一人一人の力を細かく把握しています。担当クラス制+小規模校の利点ですね。」

仕事は1年の1/3が海外で、まさに英語と密接な人生が始まる。「今では英語ニュースや留学生との会話も楽しい。英語日記も丁寧な添削で非常に役立った。CMで学校を選ばなくて良かったです(笑)。今後はFCC出身の国際協力専門家として頑張ります!。」

強制的? 英語日記がイイです。

牧 里佐さん(社会人)’00年01月入学

2年前にオセアニアやカナダなどへ7ヶ月の世界一人旅をした牧さん。

学生時代から英語は好きで「英語を忘れたくない」と360を見てFCCに入校。「以前、2ヶ所の英会話学校に通ったんですが、FCCはパーフェクト!前の学校はどちらも会話のみで、毎回その場限り。それに比べ、FCCは会話以外のリスニング・ライティング・スピーキングもビッシリで内容が全く違います。面倒な文法も高校の授業とは違い、実践的な基礎がみるみる身につきます。」

オーストラリアやメキシコ、韓国のペンフレンドとは、毎週Eメールで会話を交わす。「だからFCC名物の強制的?英語日記はいい。会話授業だけでは文章の間違いは気づかないんです。噂通り授業は厳しいですが、FCCのようなTOEIC強化クラスも他校にはないし、がんばって800点は目指したいですね。」

勉強できる環境があります。

「本当に自分がしたいことは何だろう」と考えた橋爪さん。

元々英語が好きで「将来は翻訳家だ!」と夢を描いて独学するが続かない。有名チェーン校に通う友人の話はピンと来ず、怪しいビルのFCCで説明を聞く。

「厳しそうでしたが、会話以外の授業が充実していて、内容が他と全く違う。その場で入学を決めました。」現在は週に3回、会話・スピーキング・リスニングを受講。 「最初は授業も ?? でしたが、TOEICは1年で170点上昇。FCC英文庫は毎週読破。講師手製のテープも聞き、英語日記や授業で活かしています。FCC中心の生活ですが毎日楽しい。宿題も日記も厳しいですが、講師が丁寧に添削指導。他校の何倍も勉強できる環境です。でも、私は習い事が1年以上続くのは初めて。仲間も皆熱心で、カウンセリングも親身で丁寧。このアットホームな規模が私には最高!」

昨年の6月からは「TOEIC200点アップ保証コース」へ更新した橋爪さん。毎日1時間の勉強を欠かさず、TOEIC600点を年内に目指す。

人脈も広がる異業種交流会

遠藤 晴恵さん(社会人)’00年6月入学

遠藤さんは通信教材やNHKラジオで独学をしていたが挫折。

「でも、英会話学校やエステは説明を聞きに行った時の勧誘が怖い(笑)。たまたま信頼できる友人がFCCに通っていたので説明を聞き、入校しました。」習い事が好きで、今までにテニスや料理・ヨガ等を誘われて経験。「でも、自分で決めたのは今回が初めてで結果は大正解。お世辞抜きでFCCの授業は楽しい。独学とは雲泥の差です。」

入校してまだ半年だが、TOEICは早くも190点アップ。今は週に3回通い、科目は初級会話・リスニング・スピ-キング・グラマーを選択。通勤時にテープや英語の本を読み、家では英語日記や授業の復習も欠かさない。「ほったらかしの授業ではなく、FCCは個別の学習度チェックが厳しい。だから仲間も皆、真剣で熱心。切磋琢磨する環境がFCCの良さですね。それにクラスはいわば異業種交流会。人脈と人生の幅も広がりました。」

他校と違う授業に驚きました

工藤 智子さん(社会人)’99年4月入学

「英語は全くダメだった」工藤さんだが、この1年半でTOEICが約200点アップした。

当初は大手英会話チェーンに入校したが「会話だけの繰り返しで上達するのかなと疑問が。基礎力の必要性を感じました。そんな時にFCCの資料を見て直感。転校しました。」

「授業内容の違いに驚きましたね。FCCは会話クラスに加え、グラマーやリスニング・リーディングなどの基礎講座が充実しています。何でもそうですが、基礎を身につけると上達しやすいですね。」今までに貸出の英語文庫を約50冊読破。FCC名物の英語日記も毎週つけている。「クラス仲間も皆マジメで、気がついたら毎日何らかの勉強をしていました。FCCはそういう環境なんです。この差は大きいですよ。以前の学校は半年で辞めましたが、FCCに来て1年半。スゴク気に入っているので、今後も続ける予定です。」

授業・宿題も厳しい?FCC

金子 環さん(社会人)’98年9月入学

「好きな洋楽がわかれば」と軽い気持ちで始めた金子さんですが、入校半年でTOEICが200点近くアップしました。

学校選びでは
(1)TOEICに強い(会話力+社会に通用するキャリア)
(2)チェーン校でない(常に生徒へ目が届く)
(3)フリー制でなく時間割クラス(サボリ防止) を念頭に考えたとか。

「結果は大正解。FCCは毎週宿題(英語日記等)もあって授業は多少厳しい(笑)ですが、モノにするには丁度いいです。国際イベントでの通訳ボランティアが今の夢です。」

忙しくても、やればできる!を見事に実証

中山 洋治さん(社会人)’98年8月入学

「TOEIC600点以上で履歴書に書けると聞き、某有名スクールに行ったところ、その場でFCCを紹介されたんです。」と中山さん。

中山さんは証券会社の営業で多忙な毎日ですが、休日の土曜日をFCCデーにしているそうです。忙しくてもやればできる!の信念で、入校時260点で入門レベルだった英語力が9ヵ月後には555点、そして英検2級にも合格と、やればできる!を見事に実証。その秘訣は、レッスンを休まない・英語日記・文庫本・そして先生に質問。

「FCCの先生はイヤな顔をせず、私の質問にとことん応えてくれました。また生徒仲間も目的は同じで、みんな熱心だから気が合い励みになる。」

中山さんは、TOEIC730点と英検準1級が次の目標だと、仕事同様燃えています。

英語+人生の殻も破れた!

諸岡 純子さん(社会人) ’98年9月入学

諸岡さんは商社に転職して英語を駆使する貿易事務を担当。

「毎日仕事が面白くて。英語で自信がつき、人生の殻も破れました。FCCはビルや教室が見劣りしますが(笑)、チェーン校でないから指導が親身で上達も早いです。中身で選んで正解でした。英語が使える貿易事務等は就職・転職に有利です。給与も高くて、大満足しています!」

履歴書に使える英語の世界共通テストTOEIC。「FCCはTOEICに強く、福岡で唯一、TOEIC200点アップ保証コースもあります。キャリアアップ系の人にはお薦めします。」

1年でTOEIC255点アップ!

林 千鶴さん(社会人)’98年4月入学

林さんはこの春、市場調査等を行うシンクタンクを退職。現在はアパレル関係に転職。

「FCCに決めた理由の一つはTOEICの点数アップ保証制度です。TOEICは英語の世界共通テストで、国際系の就職では一定以上の点数が必須ですからね。FCCは会話以外の文法やリスニングも充実しています。おかげ様で入校時の300点が1年で555点になりました。今後は700点が目標です!」

現在は週に2日、リスニング、スピーキング、会話の3クラスを受講中。「FCCは毎週宿題(英語日記)もあり、授業も内容が濃いです。最近は洋画もある程度理解でき、ハワイでは地元の人と色々会話することができ本当に楽しかったです。」

日本語講師として世界を巡る人生

芥川 倫子さん(日本語教師) ’99年4月入学

芥川さんは中国、ニュージーランド等世界を巡る日本語講師。

教師・厚生省管轄施設等に30数年間勤務し、資格取得後は現地の大学等で英語を駆使して大活躍中です。

「FCCは会話以外の文法・リスニングなども充実していてキャリアとなるTOEICに強いのも長所ですね。私自身講師業の経験が長いから、スクールの善し悪しはすぐにわかります。CMや外見は、英会話の習得には何の関係もないです。大切なのは中身ですよ。」

トップへ戻る

英会話スクール説明会・見学のご案内

FCC説明・見学は、毎日実施(日・祝含む)しています。
内容について詳しくご説明を致しますので、ご遠慮なくいろいろお尋ね下さい。
また、スクール内の見学をして頂くことも出来ます。
所要時間:約40分~60分 費用:無料

説明会ロビー風景 説明会ボタン

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.