マレーシアの大学に決まったけど、FCCは辞めたくなかったです!

IELTSのスコアで5.0取ることができて、目標だったマレーシアの大学に決まりました!今年に入ってなんとなく英語力が身についてきたかな、って思っていた矢先の出来事だったのでビックリです。基本会話クラスと強化クラスを基礎からきちんと学んだ上で、試験直前までStewart講師にIELTS対策をしてもらいました。問題の解き方からライティングの書き方まで、一から教えてもらえて本当に助かりました。いきなりIELTSの勉強していたら、大変なことになっていたでしょうね。

 

入校する前に、目標のIELTSスコアがすごい高いレベルだと分かり、しっかりと勉強できるところを探していたんです。親に相談したところ「FCCが良いんじゃない」ってなり、話を聞きに行きました。FCCの受講生は大人ばかりなので、英語以外にも足りない知識があるんじゃないか、と不安はありました。高校生も通えるとのことだったので、ちゃんとやるならこれくらいの環境に身を置かないとダメだと思い入校したんです。

 

北九州から通っているので、最初は学校との両立が大変でした。FCCが北九州にもあったら良いのに、って何度も思ってましたね(笑)。通っている高校も英語に力を入れているんですが、センター試験向けの授業で、実践とはかけ離れているのが現状です。FCCの授業は実践的で、マレーシアの大学から届いたメールが授業で習った通りの形式になっていて、本当に使うんだとビックリでした。学校で得た知識はFCCのネイティブ講師相手に使っていきながら覚えていました。やっぱり伝わった時は嬉しかったですよ!

遠かったけど、辞めたいと思ったことは一度もなかったです。むしろ楽しくて、辞めたくなかったです(笑)仲良くさせて頂いてた麻酔科の先生がいて、忙しくされていても真剣に勉強されている姿を見ると、私も頑張ろうと良い刺激になっていました。初めはひとりで入校するけど、すぐにクラスメイトと仲良くなって、励まし合いながら勉強できるのも良かったです。

FCCの授業に加えて復習や英語日記、IELTSの試験対策など、ここで過ごした時間は濃厚でした。両親、親切に接してくれたクラスメイト、そして勉強のサポートをしてくれたFCCのスタッフの皆さん、ありがとうございます!マレーシアに行ってきます。

 

目標だったTOEIC600点達成、次はカナダ留学成功へ!

shimokawa-top

母からの勧めで、一応話だけでも聞いてみよう、とFCCに行きました。中高と英語が嫌いで避けて来ましたから、内心英語学校に通って勉強することにあまり前向きではありませんでした。しかもFCCは、ホームページに『すこし厳しい』って書いてあるし、当時高校3年生の私が社会人の方に混ざってついて行けるのかも、すごく不安でした。でも将来はホテルで働くと決めていて、どんどん訪日外国人が増えているので、英語が使えないとダメだ、しっかり勉強しようと決めました。 »続きを読む

宇宙物理の研究に英語力をプラスして差をつける

yamamoto大学3年の後期になり、まわりが就職活動をしている中、私は専攻している宇宙物理の研究室に進むことに決めました。でも、就職して社会に出ていく人と差を付けられてしまうんじゃないかと、どこかで不安に思っていたんです。そんな時、ちょうど大学から給費奨学金を頂くことができたので、宇宙物理の研究に加え英語力を身に付け、逆に差を付けたいと考えました。いつくか大手の英会話スクールを見て回り、勧誘されず一番フィーリングが良かったFCCを選びました。 »続きを読む

忙しくても5年間続けてこられたワケがある

kitagawa-top

地元が大阪なので、福岡に馴染むためにもと、大学1年生の時にサマースクールに参加しました。そこでたまたま留学生と会話する機会があり、英語で言いたいことが伝えられず歯がゆい思いをしたんです。 »続きを読む

『TOEIC200点アップもまだまだ...会話力を上げて沢山の人と意見交換したい』

gondo-top

大学3年生になりましたが、FCCに出会わなければ英語の勉強をしていたかさえも...。 »続きを読む

『FCCに入って、やりたいことがいっぱい見つかりました。』

ikeda-top短大の英語科に通っているので、英語を武器に就職活動しようと考えていました。だからもっと英語力を磨く必要があると感じて、英会話スクールをいくつか体験したんです。 »続きを読む

クラスは主体的に参加し、TOEICのスコアアップ

yamashita-st

夢は海外に出て生命科学の分野で活躍することなので、英語をしっかりと学ぼうと思いました。独学で英語を勉強してみたものの、うまく伸びずにいたんです。大人数で行われる大学の英語教育だけでは決め細やかに教えてもらえず、お姉ちゃんに相談しました。そして、勧めてくれたのがFCCだったんです。ホームページを見て既に入校を決めていて、説明会では確認するために参加しました。

»続きを読む

積極的に発言できる環境だから、しっかりと身になる

st-ogata

大学2年になった時、初めて受けた公式TOEICの結果にショックを受けました。大学生の平均点を下回った点数では就職活動で戦えないと思い、英会話学校を探しました。 »続きを読む

親を説得してでも入りたかった英会話学校

st-voice-yamamoto

九州大学の修士論文で英語が必要になる為、真剣に勉強しようと探し当てたのがFCC英会話学校でした。

»続きを読む

「何があっても全然平気!」って思えるようになりました。

student-ak

河野朱音さん
(2014年6月入校)

母の勧めで、兄と一緒にFCC英会話学校に入校することになりました。大手の英会話スクールに通ったことがあるものの、英語に不安があって部活も忙しいし、大丈夫かなと心配でした。

»続きを読む

留学斡旋会社から「本気でやるんだったらFCC」と勧められました。

yutaro-sakai

酒井祐太郎さん
(2012年5月入校)

将来は留学をしてみたい、と子供の頃からなんとなく思ってきましたが、高校の英語のテストはいつも赤点ギリギリで、全く自信がなかったんです。でも、大学に入った頃から、やっぱり留学がしてみたい!と、強く思うようになり、ネットで英会話スクールを探し始めました。

»続きを読む

航空会社に就職が決まりました。

稲員亜利沙さん
(2012年3月入校)

「お客様が言っていることが理解できない、お客様へのメッセージが上手く書けない・・・。」専門学校のインターンシップ制度で、ベトナムのホテルに行った時のことでした。自分の英語力のなさを痛感させられ続け、日本に帰ったら絶対英語をやろうと心に決めました。

»続きを読む

自動車教習所みたいな英会話学校

江川雄亮さん
(2012年6月入校)

FCCのホームページをひと通り見てすぐにFCC英会話学校に入ろうと思いました。『英語deボランティア』や『スピーキング☆カフェ』などのアクティビティをやっているような学校は他にはなかったし、長続きしない自分の性格に、”厳しい”というところがしっくりきました。

»続きを読む

「あなたの英語力は低すぎます。」

武藤茉亜沙さん
(2009年3月入校)

3年前の春、大学の留学制度でフランス行きが決まったのに、留学先の大学から「あなたの英語力は低すぎます。可能な限り伸ばして来て下さい。」と言われたんです。

»続きを読む

留学斡旋会社に「FCCは、福岡で一番いい学校」と紹介されました。

鐘ヶ江真太郎さん
(2010年4月入校)

先日受けたIELTS(英語の試験)の試験で、イギリスの芸大の準備コースに行けることが決まりました。6ヶ月前の入校時には、イギリス留学が現実のものになるとは思ってもみませんでした。もっと早くFCC英会話学校に入っておけば良かったです。

»続きを読む

“大手を経験した人が結局たどり着く学校”って聞きました。

武藤茉亜沙さん
(2009年3月入校)

ダラダラした大学生活はもうイヤ!と思って、英語力をつけて、大学の海外派遣留学制度にチャレンジしようと、FCC英会話学校に入校しました。FCCは、“大手を経験した人が結局たどり着く学校“って聞いたので、遠回りするぐらいだったら、自分は最初から行こう!と思ってFCCに決めました。”まじめ“で”厳しい“スクールというのも大きな魅力でした。

»続きを読む

留学をキャンセルし、FCCに入校。英語日記が楽しいんです。

奥貫明香さん
(2007年5月入校)

ぶ厚い参考書にTOEICの対策本、奥貫さんは独学を数ヶ月で断念。留学を計画していたんですが、何も準備をしないまま海外にいって本当に満足できるのだろうか、と思い直しスクールを探し始めました。FCC英会話学校の説明会に参加したんですが、学校みたいって思いましたね。クラス以外にも英語日記があったし、今の自分には多少厳しい環境がいい、と入校を決めました。

»続きを読む

書いて、話して、また書く!無遅刻、無欠席の理由とは。

原口修一さん
(2006年11月入校)

研究員として留学を目指す、大学院生の原口さん。「以前、留学生との会話で自分が言ってることが全く逆の意味にとられたんです。これはマズイ!と思い、英語力を付けるには、『真面目』だけれども『楽しく』取り組める環境が必要、と数ある中から、大手校ではなくFCC英会話学校を選びました。」

»続きを読む

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.