7月 各種セミナー開催のお知らせ

2019.06.27

セミナー

◆FCC受講生対象セミナー◆

好評いただいております、「英語日記セミナー」と「FCC文庫セミナー」の6月の日程が決定いたしました。

前回までのセミナーでは、
「悩んでいたところがスッキリ解消されました。」
「本の選び方、読み方、活用の仕方が分かりました。」
「教えてもらったコツを実践するのが楽しみです。」
などの声をいただきました。

今回も、皆さんの英語学習に役立つ要素をたくさん用意しております。

英語日記やFCC文庫をうまく活用できていないと感じている方、今の勉強方法でいいのかお悩み中の方には特におススメです。

FCC文庫セミナーでは語彙力や音読のコツについてもお話ししています。

★英語日記セミナーはレベルを2つに分けて開催しますので、予約の際はご注意ください。
(1)基礎1、基礎2、初級1
(2)初級2以上
※都合上、ご自身の該当クラス以外の時間で参加したい方は平井までご相談下さい

英語日記セミナー

日記セミナー

募集人数:先着6名

7月9日(火) 初級2以上対象(2)
20:35~21:35

7月18日(木) 基礎1~初級1対象(1)
19:25~20:25

FCC文庫セミナ

文庫セミナー

募集人数:先着6名

7月8日(月)
19:25~20:25

第3回特別講座「カタカナ発音におさらば」

2019.06.26

こんにちは、平井です。

今日から福岡は梅雨入りしましたね。

 

 

さて、先週土曜日に第3回特別講座を開催しましたので、今日はそのレポートをお送りします!

(対象レベル以外の方からもこのテーマへの関心を示して頂きましたので、発音関連のアレコレも付け加えておきます。ご参考に。)

 

 

今回の特別講座は、FCC初となる「音声面」に特化したレッスンを行いました。

 

「講師からカタカナ発音を指摘されるけれど、正しい発音の仕方が分からない」

「英語らしく話せるようになりたい」

 

こうした声はレベルに関わらず多くの方から聞かれるのですが、まずは、英語にまだ慣れていなかったり、英語に対する抵抗感が強い方々のお悩みを解消しようということで、基礎1~基礎2の受講生を対象にすることにしました。

 

今回の担当は、10歳の頃に出身地の香港からカナダに移住し英語を身につけた経歴をもつMarcus講師です。今では日本語もかなり上達していて、3か国語を操る彼。その語学習得法は、「ネイティブの口元をよく見て、音を聞いて、真似をする」ことだとか。

 

 

 

 

 

当日 – 6/22(土)は、7名の方が参加されました。

こちらがタイムテーブルです↓↓

①配られたプリントのリーディングを講師が音読し、受講生が後に続いて読みます。

 

 

各所で、講師が正しい発音をしてみせ、受講生が一人ずつ順番に声に出して真似していきます。

 

 

↑レコーダーを持参された方も。90分レッスンのbefore/afterではどんな違いがあったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

②続いて、日本語の音に無い、英語独特の音であるRとLの発音の特訓に入りました。

 

▼日本語に無い音

日本語の「らりるれろ」は、舌先が口内の天井ど真ん中をかする感じですが、英語では舌先はここに当たりません。Lなら前、Rなら後ろに行きます。

 

 

 

(レッスンを受けられなかった方のためにちょっと解説します)

******

●Lの音を出したかったら、前歯の裏に海苔がついた時をイメージして下さい。

舌を当てた状態で声を出すと、なんとも文字にしがたい音が出ます。それが、Lの音です。

そのまま、milk, leg, light, left, tell, leave, telephone… と、練習してみましょう♪

 

●Rの音を出したかったら、舌を車に見立てて、縦列駐車をイメージです。(=うしろに引く)

この縦列駐車中に声を出してみて下さい。Rrrrrr って音が出ます。

そうやって舌を巻いたまま、right, restaurant, ring, road…と練習。

できるようになったら、次はtiger, word, work, card, France, America…

 

 

ここまできたら、LとRの総仕上げ。

girl, world, letter…

 

舌があっち行ったりこっち行ったり大忙しです(゜∀゜ )ヒー

L、Rのほかに、TH、S、SH、V、Fあたりは要注意です。単語の中にこのアルファベットを見つけたら、意識的に口・舌を動かして下さい。無意識に口が動くようになったら◎です!!

********

 

 

 

③英語独特の音が出る仕組みが分かったら、あとは練習。例文を使ってペアワーク。ここはもう、練習あるのみ!

 

 

 

 

 

~10分休憩~

 

 

 

 

 

④後半は、カタカナ英語になってしまう要因の1つである、音節と強勢(syllable stress)についてです。

 

 

▼音節とは

ほとんどの単語は、いくつかの音の塊に分けることができます。基本的に、1つの塊に母音が1つ入ります。例えば、

silent(サイレント/沈黙)

母音はiとeの2つなので、音節は2つ。

si  +  lent

 

 

ところが、日本人はこれをカタカナで発音してしまい、英語らしい発音を崩してしまいます。

▼カタカナ発音

日本語は、原則、子音単独で発音するということがほぼありません。(”ん”は例外)

子音+母音または母音単独で1つの音になります。

ka  +  ta  +  ka  +  na

↑これで4音節です。

 

 

同じことをsilent:サイレントで考えてみましょう。

sa  +  i  +  le  +  n  +  to

↑英語では2音節だった単語が、5音節になりました。Oh my god

 

 

日本人が5音節だと思っている単語が2音節で聞こえてきたら、そりゃ音が聞き取れないのも当たり前です。

さらに、英語は子音単独で発音します。=母音が入らない音は、とーーってもキャッチしにくいのです。

 

 

↑「glovesはカタカナ発音ではグローブだけど、英語ではグラヴズ」

 

 

 

▼強勢

音節とは別に、強勢(stress)というものがあります。単語のどの部分を強く読むのか?ということです。

 

Marcus講師のレッスンでは、こんな感じで問題を出していました↓↓

Q. 一番強く発音する音節はどこでしょう?(講師の発音を聞いて答える)

1. UN – der – stand

2.un – DER – stand

3.un – der – STAND

 

答えは 3 なのですが、 STANDを強く読むことによって、 un と der の音は必然的に弱くなって聞き取りにくくなります。

他にも、photograph、China、computerなどが出題されていました。改めて問われると、ちょっと迷っちゃう!?

 

 

参加者の中には、最初はまだ単語一つを読むにも恐る恐る・・・といった方もいらっしゃいましたが、講師からのアドバイスを受けて強めに読むところが分かった後は、声も大きくなって自信を持って読めるようになっていらっしゃいました(^-^)こういった音の「強弱」を意識することも、英語耳を作る上でとても重要です。カタカナ発音とは違う、本当の英語の音を覚えていきましょう!

 

*余談ですが、各言語には周波数というのがあって、英語と日本語の周波数は全く違います。子音が多い英語は周波数が高く、母音が多い日本語は低め。日本人は周波数の高い英語の音がキャッチしにくいんだそうです。(ネットで調べたら色々データが出ています)私たち日本人は耳を鍛えなくちゃいけないんですね(´`)

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、第3回特別講座はカタカナ発音から脱却するためのいくつかのポイントを取り上げました。

日本語と英語は音声だけをとっても全然違うことが分かります。ここのズレを解消できたら、英語は聞き取れるようになります!

残念ながら特別講座に参加できなかった方、発音をもっと上手になりたい方は、カウンセリングでもアドバイスしますので、お気軽にお申込み下さい^^

 

 

<参加者の声>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年【参加者の声】土づくりセミナー

2019.06.04

NEW
◆沖永貫太朗さん
2019年5月29日(水)

 今回、土づくりセミナーに参加して特に印象に残った学びが2つあります。1つ目は、継続の大切さ、2つ目は夢を語る必要性です。

 1つ目の継続の大切さでは、目標を達成するためには、長期的な努力が必要ということを学びました。私はすぐに目先の報酬を欲してしまうタイプなので、今までも英語の勉強で挫折を繰り返していました。FCCに通い始め、やっと英語の勉強が習慣化したので、この学びを忘れないよう、勉強を続けていきたいです。

 2つ目に印象に残った学びでは、夢を実現させるには、人と語り合う必要があることを学びました。私には夢や目標があるのに、それを口に出す機会が少ないことに気がつきました。その原因は、恐らく否定されることに憶病になっているからです。私は夢を実現させるために、夢や目標をもった人を探そうと強く思いました。ぜひ、この学校でも、夢や目標を語り合える友人ができたらと思います。今回、夢を語ることに憶病になっている自分に気づけて本当によかったと御みます。これからも、努力を続け、仲間探しにもチャレンジしていきます。

特別講座【第3回:カタカナ英語におさらば】

2019.06.03

英会話特別講座第2回

FCCの講師による第3回目の特別講座を開催します!

今回のテーマは、カタカナ英語におさらば

英語の音声に特化した特別講座を開催します。普段のレッスンの中ではなかなか十分な時間がとれないところですが、当日は時間をかけてみなさんの日頃の悩みの解消に務めます。「講師からカタカナ英語を注意される」「英語の発音に苦戦している」「もっとスラスラ英語らしく話せるようになりたい」といった方はぜひこの機会にご参加下さい。”使用前”と”使用後”が実感できます。

録音アプリの入ったスマートフォンやボイスレコーダー等をお持ちの方はご持参下さい(任意)レッスン前と後のご自身の音声を録音して聞き比べてみると面白いと思います(^^)

 

◆FCC受講生対象セミナー◆

日時:6月22日(土)16:30~18:00(休憩10分)
担当講師:Marcus講師
対象レベル:基礎1~基礎2
定員:8名(最少催行人数3名)
参加費:1レッスン分
申込締切日:6月16日(日)
※申込者数が定員枠を超えている場合は抽選となります。

6月 各種セミナー開催のお知らせ

2019.05.29

セミナー

◆FCC受講生対象セミナー◆

好評いただいております、「英語日記セミナー」と「FCC文庫セミナー」の6月の日程が決定いたしました。

前回までのセミナーでは、
「悩んでいたところがスッキリ解消されました。」
「本の選び方、読み方、活用の仕方が分かりました。」
「教えてもらったコツを実践するのが楽しみです。」
などの声をいただきました。

今回も、皆さんの英語学習に役立つ要素をたくさん用意しております。

英語日記やFCC文庫をうまく活用できていないと感じている方、今の勉強方法でいいのかお悩み中の方には特におススメです。

FCC文庫セミナーでは語彙力や音読のコツについてもお話ししています。

★英語日記セミナーはレベルを2つに分けて開催しますので、予約の際はご注意ください。
(1)基礎1、基礎2、初級1
(2)初級2以上
※都合上、ご自身の該当クラス以外の時間で参加したい方は平井までご相談下さい

英語日記セミナー

日記セミナー

募集人数:先着6名

6月10日(月) 初級2以上対象(2)
19:25~20:25

6月18日(火) 基礎1~初級1対象(1)
20:35~21:35

FCC文庫セミナ

文庫セミナー

募集人数:先着6名

6月13日(木)
19:25~20:25

5月 各種セミナー開催のお知らせ

2019.05.08

セミナー

◆FCC受講生対象セミナー◆

好評いただいております、「英語日記セミナー」と「FCC文庫セミナー」の5月の日程が決定いたしました。

前回までのセミナーでは、
「悩んでいたところがスッキリ解消されました。」
「本の選び方、読み方、活用の仕方が分かりました。」
「教えてもらったコツを実践するのが楽しみです。」
などの声をいただきました。

今回も、皆さんの英語学習に役立つ要素をたくさん用意しております。

英語日記やFCC文庫をうまく活用できていないと感じている方、今の勉強方法でいいのかお悩み中の方には特におススメです。

FCC文庫セミナーでは語彙力や音読のコツについてもお話ししています。

★英語日記セミナーはレベルを2つに分けて開催しますので、予約の際はご注意ください。
(1)基礎1、基礎2、初級1
(2)初級2以上
※都合上、ご自身の該当クラス以外の時間で参加したい方は平井までご相談下さい

英語日記セミナー

日記セミナー

募集人数:先着6名

5月16日(木) 初級2以上対象(2)
15:00~16:00

5月27日(月) 基礎1~初級1対象(1)
19:25~20:25

FCC文庫セミナ

文庫セミナー

募集人数:先着6名

5月14日(火)
20:35~21:35

GWのお休みについて

2019.04.15

祝日

4月29日(月)~5月6日(月)は祝日の為、クラスはありません。

☆ただし、下記の内容は行っています。
①FCC文庫の貸出・返却
②FCC説明会 / 入校手続き / TOEIC模試

☆営業時間は、9:00~17:00までとなります。
※自習をご希望の方は、ロビーをご利用下さい。
※上記以外の時間をご希望の方はご相談ください。

※②をご希望の方は、ご予約下さい。

お気軽にお電話下さい。
0120-78-2234または092-474-2234

今月の「受講生の声」をご紹介します。

2019.04.04

三浦聡彦さん(2011年3月入校)

『中学英語で挫折しながらも、海外での仕事を成功させ、本を出版するまでに』

2011年3月から1年間FCCに通われた三浦さん

FCCに通うようになったきっかけやFCCでの英語の勉強、現在のご活躍についてお話を伺いしました。

新着受講生

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2019 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.