FCC Behind the Scenes

What's happning at FCC

FCCの日常を垣間見ることができる、スタッフブログです。

  • ・FCCライフ
  • ・イベント
  • ・英会話関連
 

今から使える英語情報

受講生からの質問~現在形で使うeverの意味~

2019.02.16

 

こんにちは、平井です。

 

 

さっき、勉強熱心でよく質問に来られるKさんからこんなお尋ねがありました。

 

 

「Do you ever panic so much that you can’t think clearly? っていう文章の、everってどういう意味ですか??」←テキストに出てきた問題文

 

 

 

 

 

 

普段everは現在完了形でしか見ない・使わないぞ という方が多いと思いますので、現在形で出てくるとちょっとびっくりしちゃいますよね。たしか以前にも同じような質問がありました。

 

 

私からは、 「そんなことって起こりうるんですか?一度でもあるんですか?みたいなニュアンスです(^^;)」という、やや曖昧な説明しかできなかったので、近くにいたBrian講師を捕まえて聞いてみることに。

 

 

~以下、Brian講師の解説~

 

 

B:”Do you drive?” って聞かれたら、habitsやroutine(習慣)として日頃から運転してるの?っていう意味。 “Do you ever drive?”って聞かれたら、even only one timeでもいいから君が運転するなんてことあるのかい?っていうニュアンス。例えば、僕だったら、日本では運転しないから、”Do you drive?”って聞かれたら”No.”って言うけど、”Do you ever drive?”って言われたら、”When I go back to America, yeah, I do  some times.”って言う。

 

 

そんな会話をしていたら、近くにいたMarcus講師も彼の説明にうんうん(゜゜)(。。)と頷いていました。

 

 

M:いつも階段を使わずにエレベーターに乗ってる人に”Do you ever go up the stairs?”って聞いたり、毎週土曜日に予定があって基本的にその日は働かないっていう人に”Do you ever work on Saturday?”って聞いたりするね。

 

 

平井:ということは、everをわざわざ入れて聞く時は、その相手の答えが”No”だろうっていう前提(予想)?

 

 

M: そうそう。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、どうでしょう?少し、使い方をお分かりいただけたでしょうか?^^

チャンスがあったら、ぜひ日記やスピーキングで使ってみて下さい♪

 

 

 

 

 

 

FCCライフ

夢を叶えた受講生さんの新たな旅立ち♪

2019.02.13

こんばんは、平井です!

 

 

今日は、ある受講生さんのFCC最後の日でした!

 

 

田中良樹さん(右から2番目の男性です) ※中級4のクラスメイト&講師と

f:id:fccenglish:20190213214650j:plain

 

田中さんには以前、FCCの風の受講生インタビューにご登場頂いたことがありますので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません^^

 

こちらから記事をご覧いただけます↓↓ 2017年春号に載っています

www.fcc-english.co.jp

 

 

田中さんは3年半のFCC生活を終え、来月にはタイに海外赴任されます!今日お話を聞いたら、引っ越し作業をしていた際に入校当時に書いた「学習スケジュール表」が出てきて、目標を書くところに「海外赴任」って書いてあったそうです。「夢が叶いました~」と仰っていましたよ。

 

 

基礎2からスタートされ、ほぼ毎学期レベルアップ、最短距離で中級4まで到達されたモデルケースのような受講生さんでした。その上達の秘訣(勉強法)は上記のFCCの風のインタビューに書かれていますのでぜひ参考にされて下さいね。

 

 

そしてそして、このお写真の左側に写っているHさんが、次回3月発行のFCCの風の受講生インタビューに登場されます♪なんと世界50か国を一人旅したというツワモノですよ~!みなさんお楽しみに!

f:id:fccenglish:20190213214650j:plain

 

個性的な受講生さんたちが集まるFCC

今日も笑いの絶えない一日でした。

 

田中さん、タイでも頑張って下さいね!そしていつか、FCCひろばのようなイベントにゲストスピーカーでお越し頂いて体験談を聞かせて下さ~い!

 

 

 

旅行記

「レアもの」旅行記:ディープ・アジア編 ラオス編その8

2019.02.11

こんにちは、阿津坂です。

まだまだ続くラオスのルアンナムターでの日々。今回、この旅最大の災難(自分で招いたのだが……)に! »続きを読む

 

今から使える英語情報

お酒に関するはてな

2019.02.10

こんにちは、平井です。

 

 

先週末約3週間ぶりの休みだったので近所にある実家に帰りました。

 

 

珍しく一泊するので、夜ご飯は家でお鍋をすることに。

 

 

家族で食材を買いに行った帰り道、母から提案が。

 

 

『今日はさとみのお疲れ様会だから何かお酒買って帰る?』

 

 

私はお酒に弱く、両親も嗜む程度にしか飲まない我が家。

お酒は別になくてもいいのですが、その日の母はお酒を勧めてきます。

 

 

母『うちに焼酎があるよ』

 

私『強くて飲めないよ』

 

母『ビールにする?』

 

私『ビールあんまり好きじゃないなぁ』

 

母『じゃぁ、ワッサーみたいなやつにする?』

 

私・父『ワッサー???』

 

私『サワーのこと?』

 

母『違う〜 ほら、沖縄のなんとかワッサーみたいな』

 

 

 

 

 

 

あ、シークワーサーか。

 

 

 

 

 

 

母はたまにこんな感じで不思議な言葉を発します。

 

≪うちのおかん語録≫

1.ももいろクローバーZ

ももいろクローゼット

(林家ペー・パー子宅にならあるかも)

 

2.”交信する”

”携帯のアプリなどでメッセージのやりとりをする”の意。

用例:最近お父さんと交信してる?(母は一人だけガラケーなので平井家のLINEには入れない)

 

 

 

 

で、話は戻り、お酒売り場にて。何を買おうか迷ったのですが、数少ないながら私が美味しく飲めるお酒がありました。

 

 

私『これがよい』

 

 

父『お前これウォッカやないか!』

 

 

そう、私が選んだのはアルコール5%のスミノフ

 

 

母『どんな味?』

私『ポカリのお酒バージョンみたいなやつ』

これは飲みやすくてオススメです!

結局三人で一本分けたのですが、両親も気に入っていました。

さて、今日その話をアレックス講師にしていた時のこと。スミノフと言っても通じなかったんです。あれれ〜?

代わりにアレックス講師の口から聞こえてきたのはよくわからない音。何回か聞き返しているとスペルを教えてくれて、そこでようやくわかりました。

alex『smirnoff』

irの部分は、舌を丸めながら後ろに引いて出す音です。

スマーノフ みたいな感じでしょうか。

bird, girl, firstとかもこの音。アーとかオーの中間みたいな音になります。

ちなみに、スペルはirじゃないんですが、heard, pearl, hurt なんかも一緒です。

この音ははっきりと聞こえず、曖昧なこもった音なので英語初心者にとっては結構問題の種になりやすいので、自分で舌を動かして実際に音をだしてみたり、リスニングの時に注意して聞いてみるといいですよ。

自分で出せると、聞こえるようになります^_^

 

ボキャブラリノートを作ろう!

2019.02.09

こんにちは、平井です。

 

 

今月から講師たちが学期末評価表作成の作業に取り掛かっています(^^)

 

 

f:id:fccenglish:20190209160850j:plain

f:id:fccenglish:20190209160908j:plain

※以前の学期の様子

 

 

 

今回から評価表のフォーマット(評価する項目)が改訂されて、みなさんの英語力がパッと見てより細かく、分かりやすくなります♪ 詳細は3月郵送時にお知らせ致しますのでお楽しみに~

 

 

 

 

 

 

さて。毎回講師達のコメントを読みながら、新しい単語を収穫している私ですが、今回もちらほら見かけない単語を発見!すぐに付箋にメモしてPCの前に貼りつけています!他のスタッフや講師たちに私の語彙力がバレバレ、、、(汗)しばらくしてだいたい覚えたなと思ったら、自分のボキャブラリノートに貼って保管しています↓↓

 

 

f:id:fccenglish:20190209161406j:plain

 

 

FCC入社して1年後くらいに始めたこのノート。社歴7年目になり、今週でやっと2冊目が終わりました~。(ブログのネタ帳でもある。)そろそろ3冊目を買おうと思っています。

 

 

f:id:fccenglish:20190209161834j:plain

 

ところでこのボキャブラリーノートですが、講師達が受講生にオススメしている勉強法の一つです。評価表の中で何度も「ノートを作りましょう!!」とアドバイスをしていますので、この機会に再度ちょっとご紹介しますね。まだボキャブラリーノートがない方がいらっしゃったら、よろしければ参考にされて下さい。

 

 

 

 

▼単語の綴り、意味、発音、派生語(名詞、形容詞、副詞、動詞それぞれの形)、そして何より大事な「実際の文章(例文)」を書いていきます。

 

 

f:id:fccenglish:20190209161823j:plain

 

文章を通して単語を覚えることをお勧めする理由はいくつかありますが、その一つはコレです。

 

 

基礎レベルの方によく、「お風呂って英語でなんて言うか分かりますか?」と聞いてみると、ほとんどの方が「バス」と答えられます。

 

 

ただ、ここで正しい綴りまで答えられる方は半分ほどです。

 

 

さらに、「お風呂に入るって英語でなんて言いますか?」と尋ねると、

 

 

半分の方が「わかりません」 もう半分の方が「エンター?」 と仰います。

 

 

残念ながら「お風呂に入る」は ”enter a bath” ではなく “take a bath” です。

 

 

「お風呂」は言えても、「お風呂に入る」が言えない。これだとなかなか英語力は身につきませんね。

 

 

学生時代にやってきた「単語を覚える=単語の意味を覚える」という勉強法から脱却すると、もう少し英語がすっっと入ってくるようになります。

 

 

 

f:id:fccenglish:20190209170238j:plain

▲「滞納」っていう単語(名詞)を文中でどう使うか分からなくてBrian講師に確認したときのメモ。類語も一緒に教えてもらいました。

 

 

 

というわけで、例のボキャブラリーノートには、必ず例文も一緒に書いて覚えていって下さいね。どんなシチュエーションで使えるか、どんな単語と一緒に使うのかをまとめてインプットしていきましょう!

 

 

 

今日は以上です!(^0^)

 

FCCライフ

講師達の議論 ~一夫一婦制に疑問を呈す?~

2019.02.06

こんばんは、平井です!

 

 

今日の休み時間、珍しく講師6人全員がロビーの一か所に集まって話していました。

 

 

受付に立ちながら私もその会話を盗み聴きしていたのですが、Marcus講師がある驚きの発言をしたんです。(Marcus講師にこのネタブログに書いちゃいなよ!って言われたので書いています。)

 

 

 

M  「男女一対一じゃないといけないなんて生物学的に成立しないよね」

 

 

(概ねこんな感じのことを言っていました。これが彼の考えかどうかは別として。)

 

 

f:id:fccenglish:20190206210350j:plain

 

 

 

 

Brian講師 「ある所では、その土地の一番強い男が女性全員を従えるらしいね(The biggest, strongest man rules all the women)」

 

 

 

でも、もし男だったら、この状況は紙一重だと思います。その土地でもし最強になれなかったら女性を見つけることができないではないですか。

 

 

 

平井 ”Just be the strongest one, otherwise you wouldn’t survive there. But anyway if you could be the one there would be a certain woman you really like then you wouldn’t be able to treat all the ladies equally. お気に入りが出てきたら結局1対1の付き合いみたいになっていくから、大勢いらないんじゃないの?みんな平等に扱うのも無理だと思う

 

 

 

 

So how many women would you like to have???”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すかさず隣にいたKevin講師が “One is enough.”  (´ `)

さらにDaniel講師も “Me too,”  (´ `)

 

 

 

 

 

 

 

(笑)

 

ハーレム状態は、あくまで空想のみで、お楽しみください。

 

 

 

 

 

 

 

**********

ところで、なぜこんな話になったかというと、Daniel講師のひーひーひーひー。。。おじいちゃんに18人奥さんがいて、子供の数がとんでもなかったという実話がきっかけだそうです。Stewart講師も「アメリカの南北戦争時代になんかそんなことがあったって聞いたことがあるけど、、、」と言っていました。真相は定かではありません。

 

今から使える英語情報

2月のTeacher's Tipsはこちら♪

2019.02.02

f:id:fccenglish:20190202120116j:plain

 

 

こんにちは~平井です。

 

 

2019年もあっという間に1か月過ぎてしまいましたね!少し冬らしい寒さを感じる日はありつつも、歯を食いしばって早歩きで家に帰りたくなるような冷たい冬は今年まだ一度も経験していない気がします。

 

 

さて、2月になりましたので、Teacher’s Tips(講師からのお題)をアップデートしました(^^)

 

 

今月のお題は ”I have 5 families.”

 

 

日本人英語学習者がよくやってしまう間違いの代表例ですね。この文章を正しい文章に訂正して下さいね。答えが分かった方は、掲示版でチェック!

 

英字新聞で読む国民的スター活動休止のニュース

2019.01.30

こんにちは、平井です!

 

 

今週は嵐の活動休止のニュースが世間を驚かせましたね。昨日は、長年嵐のファンだという受講生の方が「今週は何も手がつかなくって、、、」と授業用のテキストをお忘れになっていました(><)お気持ちお察し致します!!!

 

 

国民的アイドルということもあって、1/29日付のジャパンタイムスの一面にもこのニュースが載っていましたよ。

 

 

f:id:fccenglish:20190130173754j:plain

f:id:fccenglish:20190130173837j:plain

 

 

●リード文は

“Shock follows Arashi hiatus news”

(直訳:嵐の活動休止ニュースを衝撃が追いかけた⇒意訳:嵐活動休止の知らせに衝撃が走った)

 

**************************************

hiatus [ハイエイタス]という単語を今回初めて知ったのですが、「隙間・割れ目」という意味から、「休止」を表す言葉としても使われるようです。ちなみに、weblio辞書によると、英検1級以上の単語だそうな。なかなかお目にかかれないレアキャラということですね。

 

<例文>

I’m on hiatus now.(今休んでいます)

We will take a hiatus from ~.(~を休止します)

 

★語彙力高い阿津坂に聞いたらhiatusを知っていて、「昔、歌手のアデルが休止宣言した時にこの単語を知ったんですよ~。復帰の可能性がある時とかに使うみたいです~」ということでした。

**************************************

 

 

●見出しは

“Group’s plans catch off guard industry insiders and fans alike”

(嵐の今後の計画を聞いて、企業関係者もファンも驚いた)

 

**************************************

・off guard = by surprise

・alike = as well

**************************************

 

 

 

●本文では

「嵐はみんな仲良くやっていたから、活動休止なんて信じられません」というある関係者からのコメントが、こんな風に二つの文章で訳されていましたよ↓↓

 

“~the news was surprising because there was no reason to believe there was discord in the group.”

“I couldn’t imagine there was any trouble in relationships between them.”

 

 

**************************************

↓言い換えの参考になりそうですね(^^)↓

* discord(不和・不仲)= trouble

* no reason to believe = can’t imagine

* in the group = between them

**************************************

 

「20年働いたんだからちょっと長い夏休みを取ったっていいじゃないか」というのが、ファンの最終的な反応のようです(^0^)

 

 

嵐がお好きな方、この記事が気になる方は、ロビーに置いてありますのでご自由にご覧下さい♪

 

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2019 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.