FCC Behind the Scenes

FCCライフ

コーネル式ノートを活用しよう

2014.06.06

Written by R.Kawamura

cornell notes知っている方も多いと思いますが、アメリカのアイビー・リーグの中の1つで名門校のコーネル大学が学生の為に考案したノートです。

特徴としては、1ページが「Cue(キュー)」「Note(ノート)」「Summary(サマリー)」に分類されています。

色々な活用術がありますが、代表的なものとして、「Note」部分には授業中に内容を書き、「Cue」部分には、授業中や授業後に重要だと思われる内容や疑問に思ったことを書き、「Summary」部分には「Note」と「Cue」欄の要点を書きます。cornell-note

英会話中にノートを取っていて処理が追いつかない時は、どんどん「Cue」の部分に大切だと思われることを入れていきましょう。「Summary」部分では、実際の英会話で使う例文と関連付けしながら要約し反復練習することで、様々な状況下での反射力が上がります。

予習よりも復習のボリュームが重要な英語学習においてコーネル式ノートはピッタリですね。是非、皆さんもコーネル式ノート使ってみてはどうでしょう。