Tacticsという単語について…

こんばんは、木原です。
日々、講師が秘密のファイル?に書いているクラスでの様子やコメントが流れてくるようになっているのですが、その中で、時々”Tactics”という単語を見かけることがあり、最初は??と思いながらもスルーして読み進めていました。しかし、何回もこの単語に出くわすようになり調べてみることにしました。
Tactic(s)=作戦,戦法;方法,手段
意味は理解したのですが、今度はコメントとして流れてくる意味が??状態になってしまい (例:~good use of Tactics for Listening with practice.~)、隣の席の阿津坂に助けを求めました!
すると…Tacticsはテキストの名前だよ!!と教えてくれました(@▼@);
すぐさま教科書一覧のテキストの名前を確認してみると、リスニングとスピーキングのクラスで使用されているテキストの名前にありました。
Tactics for Listening Basic”,”Tactics for Listening Develop”,”Tactics for Listening Expanding”という名前で…
textbook
 結果としてはテキストの名前でしたが、また一つ新しい単語を覚え、こういう形で覚えた単語は今後数年、もしくは数十年は忘れない気がします!どういう場面で使えるのか例文など見てみると、
I think it was a tactic of survival.
(生き残りを賭けた作戦だったんですね。)
What is the best tactic for cutting prices?
(値下げするための最善の策は何か?)
などが出てきました。使う機会があるのか微妙なところですが… 調べていたら、同じような意味を持つ”tactics”と”strategy”の違いについて説明してある記事も!! 気になる方はリンクを貼っておきますので見てみてください!
strategy, tactic「戦略」意味の違い、使い分け

信号無視を英語で何という?

こんにちは、木原です。
長らくブログから遠ざかっておりました…ネタが見つからず…年号が変わってしまい…GWが終わり….6月になってしまっていました。
今日はAlex講師にレクチャーして頂いた初耳の単語について書きます!

先月開催したポットラックパーティの写真の現像をヨドバシカメラに取りに行く際にAlex講師が歩いてるのを発見し、後日そのことについてつたない英語で話しをしてみました。すると、Alex講師に「なぜ、声をかけてくれなかったの?」と言われ、「遠かったし、Alexさんが信号を無視して歩いていっちゃったから…」と返しました。
jaywalk
信号を無視するを”ignoring the traffic light”と私は言ったのですが、Alex講師に信号無視について別の言い方があるよと教えてくれました。
その表現が”jaywalking”というもので私にとっては初耳の単語でした…(汗)。
後でjaywalkingについて調べてみると、この言葉の起源について書いてあるページがありましたので是非読んでみて下さい。

Why Jaywalking is Called Jaywalking

jaywalkingの表現について知っているかスタッフの阿津坂に聞いたところ、そもそも海外では歩行者が信号無視をするのは当たりまえだからね~、会話の中で歩行者の信号無視について話題にあがることがないよね!とのことでした。(@@)!なるほど…文化、習慣の違いですね。ですが、信号無視はいけません!

英国トップレベルの演劇を楽しんでみませんか?

こんにちは、阿津坂です。

以前からたま~にお芝居を見に行ったりしているんですが、最近ちょっとハマったのが、

ナショナル・シアター・ライブ

https://www.ntlive.jp/

次回作の「アントニーとクレオパトラ」 レイフ・ファインズが主演

 

イギリスのトップクラスのお芝居が、日本の映画館で字幕付きで見れるんです。

イアン・マッケラン(『ロード・オブ・ザ・リング』のガンダルフ役や『X-MEN』シリーズのマグニートーを務めた俳優)など、イギリス当代随一の俳優陣の舞台が、福岡で見れるんですよ! しかも字幕付きで♪

で、どこで見れるかというと、中洲大洋映画劇場。中洲のど真ん中(ちょっと端っこよりかな)にある映画館で、けっこうシブい雰囲気を醸し出しています。

https://www.nakasu-taiyo.co.jp/  平日の夜とかに行くとガラガラで良いですよ~(経営的には大丈夫なんでしょうか?笑)

イギリスのお芝居といえばシェイクスピア!という感じで、シェイクスピア作品も多いですが、現代風に脚色されていて、けっこう面白いです。

「ジュリアス・シーザー」を見た時は、戦闘シーンは迷彩服に自動小銃という出で立ちで、かなり現代チックな衣装でした。

料金が3000円と、映画館にしてはお高いですが、英国トップレベルのお芝居が日本にいながら、しかも字幕付きで見れるっていうのを考えると安いんじゃないでしょうか(^^)?

俳優の顔も間近で見れますしね。

編集なしに実際と同じだけの時間が上映されますので、長いと2時間以上ありますが、休憩時間も取られているので案外あっという間です。

シェイクスピア、話に聞くけど、なんだか難しそうだし、、、という方は、現代版にアレンジされたものでトライしてみては?

 

*こぼれ話*

ちなみに、Alex講師に「リア王見たよ~」って言ったら、「Lear」と言い直されました、、、「リア」を「Rear」だと思ってたんです、、、

「rearだとこっち」ってお尻を指してました。「お尻王」!(爆笑)

rearは「後ろ」という意味で、「(人間の)後ろ部分」→「お尻」ということです。

 

「エミー賞」歴代最多記録を持つドラマをご紹介!

こんにちは、阿津坂です。

とうとうとうとうとうとうとうとう、終わってしまいました(TnT)

何が終わったのか。

2012年から足掛け7年見てきたドラマが最終章を終えてしまったのです(ドラマ自体は2010年スタート)

そのドラマとは、

Game of Thrones

https://www.hbo.com/game-of-thrones

 (C)HBO

うーん、見た感じあんまり魅力的に見えないですね。

何だよ、その剣の山は?

あとその前のオッサン誰? 主人公にしちゃ老けてるけど?

ってなところでしょうか。

 

見ての通り、現代のドラマではないです。ちなみに、地球でもないです。

ジャンル分けしてしまうと、いわゆる「ファンタジー」になってしまいます。

巨人もドラゴンも妖精らしき人も出てきます。

でも、そこがミソじゃないんです。いかに空想的な世界を描いているか、がミソではないんです。

じゃなくて、人間の奥深さを描いているところが面白いんです!!

悪人が悪人ヅラばかりしているわけではない、いかにも「主人公」とした人にも隠された弱さ・秘密がある、そういった人間臭さが面白いんです!!!!!

 

ただし、いかにもヒーローとした登場人物が殺されたりと、裏切り、血みどろ、残虐シーンなどもしっかり描かれているので、そういうのが苦手な人には向いていないかも。

中世のヨーロッパは、戦争を含めてこんなだったのでは、と思わせるものが描かれています(けっこう史実を元にしたエピソードが盛り込まれているそう)。

実は、この作品をきっかけにすごく中世ヨーロッパに興味を持つようになりました。

(ちなみに、Game of Thronesとは「玉座(をめぐって)のゲーム」という意味です。)

で、写真の男性が座っているのが1000本の剣を固めて作った玉座。原タイトルはthronesと複数形になっていますが、基本的にはこの玉座をめぐってのゲーム(戦い)になります。

 

あと、

ドラマ界のアカデミー賞「エミー賞」歴代最多記録!

を持っているそうです。2018年現在、通算132賞にノミネート、そのうち47賞を受賞。この実績は、エミー賞歴代最多の記録となっているそう(by Wikipedia)。

見てみたくなりました?

 

で、実はそれが終わっちゃったんです(;_;)

ただ、その最終章が気に入らなかった人が多かったようで(確かにかなりbittersweet[文字通り、苦さと甘さがある]内容だった)、作り直しを求めたオンライン署名運動が行われ、なんと50万人もの人が賛同したようです。

BBC-Game of Thrones petition: 500,000 demand series eight remake

https://www.bbc.com/news/entertainment-arts-48303921

petition:嘆願、陳情

 

皆さんも賛否両論渦巻く話題のドラマ見てみませんか?

Amazon

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B017S14ERI

Hulu
https://www.happyon.jp/game-of-thrones

※現時点では、最新&最終の第8章はまだ見れないようです。でも大丈夫、1エピソード約1時間、1シーズン10エピソードあるので、第7章まででなんと約70時間! それを見てるうちに第8章が見れるようになると思います(^^)♪

Stewart講師渾身の…

出典:BBC

 

こんにちは!平井です。

 

 

今週はイギリスから嬉しいニュースが届きましたね(^^)ハリー王子の興奮気味な会見が印象的でした。本当に嬉しいんだな~という感じがにじみ出ていて。

 

 

そして数日後に発表されたお名前は 

Archie Harrison Mountbatten-Windsor

 

アーチ― ハリソン・・・ 全然想像していなかったので意外でした(・∀・)

 

 

 

 

それで、名前がわかった日に早速イギリス出身のWarren講師に聞いてみました。

 

 

平 「赤ちゃんの名前聞いた?」

 

 

W 「え、知らない」 (知らんのか~い)

 

 

平 「アーチ― ハリソンだって!! 珍しい名前?よくある名前?」

 

 

 

すると、その場にいたStewart講師が

“Very Scottish name” (彼はスコットランド生まれ)

 

 

 

平 「へ~スコットランドの名前なんだ!」

 

 

Stewart講師 「アーチ―って言ったらアーチボルドだよね」

 

 

Warren講師 「そうそう、アーチボルド」

 

 

私の隣でこの会話を聞いていたKevin講師も入ってきて

 

 

Kevin講師 「あ~アーチボルド!」

 

 

(私:アーチボルドって何??)

 

 

 

 

 

 

すると、Stewart講師から驚きの発言が!

 

 

Stewart講師 「アッチ ボールド!!」(と言いながら、Warren講師とKevin講師に目をやる彼・・・)

 

 

 

 

みなさん分かりますでしょうか、この渾身のギャグを・・・日本語をほとんど発しない彼なのでちょっと補足が必要ですが

 

 

アッチ(も) (コッチも) ボールド(禿げてるね)

 

 

って言ったんですよ Σ(゜Д゜)ヒー 

しかも無邪気な顔して本人たちの前で笑いながら!勇気あるわね(笑)

 

 

Kevin講師 「サトミ、どうよ、Stewartのオヤジギャグの出来は?」

 

 

Warren講師もKevin講師も髪型のネタには寛容なので笑っていましたが、隣で聞いていた私は笑っていいのか分からずとりあえず苦笑いでした(=Д=;)

 

 

 

 

 

ところで、気になっていたArchi(e)baldですが、あとで調べたら男性の名前のひとつらしいです!

 

<物知りAlex講師の解説>

Archi(e)baldは1940~1950年代の名前だから結構古いんだけど、この間ラジオで聞いた話では、今イギリスではArchieは名前ランキングでTOP20に入るんだって(←人気の名前ランキングのこと?)。今回2人が赤ちゃんをArchieって名付けたのも、きっと王室に関係する名前より庶民派な名前を好んだからじゃないかな。さらに、彼をArchieって名付けたことでまた国民の間でこの名前が流行るはずだから、数年後にはTOP5くらいに入るって予想だよ。”Ask me anything ;)”   

 

 

 

Alex講師のおかげで色々と腑に落ちました!!

今日は以上です(^^)

Brian講師がオススメする報道番組

こんにちは、平井です!

 

 

長かったGWが終わりましたね。満喫できましたでしょうか?

ちょっと体もキモチも重たい5月ですが、頑張っていきましょう(笑)

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが、実は最近気になっていることがありまして。

 

 

 

私は帰宅が遅いのでTVは夜中に見ることが多いのですが、この半年くらいで、各局の報道番組のアナウンサー?メインキャスター?が次々と交代しましたよね。そしてメインが必ずしもアナウンサーではなく、タレントさんの場合もあります。巷では「あの人が出るならこの番組を観る、観ない」というような意見があったり。

それで、ネット上のコメントを読んでいた時に、「日本ではアナウンサーは原稿を読むのが専門だから番組で自分の意見を言う必要はない」という人がちらほらいました。

また、私が興味をもったのが、ある方のコメントで、「アメリカではキャスター(解説を加えながらニュースを伝え、時には他の人に話を振ったりして番組の進行をする役)が原稿読みから番組回しまでやることが多くて、日本のアナウンサーのように容姿がすごく良いというわけでもないけれど(←ちょっと失礼ですが)、実力のある人が出ている」というものでした。

 

 

 

 

それで、今日アメリカ出身のBrian講師とその話をしたんです。

 

 

Brian講師 「日本では、なんでか知らないけど、男性ばっかり自分の意見を言って、隣の女性アナウンサーは聞いているだけ、ってことがよくあるよね。アナウンサーだからってなんで意見を言ったらいけないの?」

 

 

平井 「アメリカではどこの局をよく見るの?」

 

 

Brian講師 「PBS。日本ならNHK。PBS(Public Broadcasting Service)はアメリカでいうNHKみたいなもので、税金で成り立っているよ。私企業の放送局だと、どうしてもスポンサーに配慮して要所をついた質問とかしてくれないよね。地球温暖化みたな話題って避けるでしょ。その点、PBSは国営だけど時にはanti-government(政府の批判)なこともする。」

 

 

 

ほう!面白そう!

 

 

 

Brian講師 「特にPBS NewsHourっていうのをよく見てるよ。夕方4時から。BS見れるなら是非。今出ているキャスター2人は実力あるよ~。僕たちが知りたいってことをずばっと聞いてくれるし真剣なんだ。」

 

 

 

↓というわけで、紹介しまーす。

 

PBS NewsHour

Youtubeはコチラ

 

 

 

Nick Schifrin(ニック シフリン) ←彼の記事ページに飛べます

彼は数年間特派員として中東で取材をしていた経験があって海外情勢を専門に伝えているようです。

特派員:correspondent

海外情勢:foreign affair

 

 

Amna Nawaz(アムナ ナワズ)←彼女の記事ページに飛べます

この方も色々と受賞歴のあるジャーナリストのようです。

 

 

PBSはオンラインでも無料でニュースが見れるので、ジャーナリズムや海外情勢に興味がある方はぜひ♪

キャスターが個人的な意見をどこまで言うのか、突っ込んだ質問をぐいぐいしていくのか、など日本での報道の仕方と比較しても面白そうです。

 

 

 

 

今日は以上です(・∀・)

電池(battery)の単位を英語で何と言うか

FCCに入社したての頃(2カ月ほど前)の話になりますが、ある講師(まだ講師の名前を完璧に覚えておらず…どの講師だったのやら?)がスタッフルームに電池が欲しいと入ってきました。
その時、講師が”double A”のバッテリーが欲しいとのことで私は???状態になってました。”double A”って何?
後で、他のスタッフに”double A” =「単3電池」のことと詳しく教えてもらいました。

battery

電池の単位は、国際規格協会(ANSI)の種類分けにより、次のようになっているようです。
単1=D
単2=C
単3=AA
単4=AAA
よって
「単1電池」=”D size battery”
「単2電池」=”C size battery”
「単3電池」=”A size AA battery”(Double A battery)
「単4電池」=”A size AAA battery”(Triple A battery)

電池=バッテリーというのは知ってはいたものの、電池の単位については考えたこともなく…勉強になりました。
単2がdouble A、単3がtriple Aだったらすんなりと覚えれそうなのになぁ~っと。

新年号に対する講師の反応

 

こんにちは、平井です。

 

 

今朝出勤したら、受付のカウンターのところに太宰府天満宮で配布されていると思われるチラシ?のようなものが置いてありました。

 

 

~新年号「令和」ゆかりの地 太宰府~

と題して、令和の元になった万葉集の詩や、太宰府市からのコメントが紹介されていました。

 

 

 

※このチラシのようなものを英語でなんて言うか講師に聞いたら、「多分brochure?もしくはleafletかな?」ということでした。「flyerは基本的に広告が目的のものだから、こういう情報を紹介しているものの場合はflyerじゃないと思う」と。

 

 

 

それで、このA3のリーフレットを見たBrian講師が、隣にいたMarcus講師に話しかけます・・・

 

 

 

B: (Is this) Reiwa?

 

 

M:  Yes, Reiwa. Reiwa… Reiwa…     

 

 

(どうやらアクセントが レ にくるのか ワ にくるのか 迷っているようです。残念ながら私にもわかりません。笑)

 

 

Marcus講師が続けます

 

 

M: 他になんか変な候補があったらしいよ。バンナとかバンポ―とかエイコーとか

 

 

B: エイコー?

 

 

(生徒さんに エイコさん が数名おられるので、それが頭に浮かんだようです。  うん、違うよ、人の名前じゃないよ。あと、エイコウ、だから。(゜∀゜))

 

 

突っ込みたい気持ちを抑えて、私はおとなしく聞くことにします

 

 

B: エイコーのエイって英語の英?

 

 

M: そうそう

 

 

(お、さすが漢字に詳しいブライアン)

 

 

M: バンナとかバンポーって変だよね。バンナってなんかバナナみたいだし、バンポーって広東語だとbitchみたいな意味の言葉に似てるし・・・

 

 

(バナナ!!新年号バナナ!!いいね (・∀・)次はそれで。 )

 

 

 

 

 

そんなこんなで電話がかかってきたりして私はその場を離れたのでこのあとのオモロイ会話は聞けなかったのですが、最終的な2人の結論は

 

 

「Reiwaでよかったやん!」でした。

 

 

過去の元号にどんな漢字が使われてきたか、元号がどういう意味をもつのか、廃止すべきか?、等々、講師達に紹介したりクラスで議論してみても面白そうですね。

 

 

個人的には、大化の改新の「大化」が最初の元号だったというのを聞いて、今更ながら「そっか、あれは元号だったのね~!」と記憶復元(^^;(学生時代はよく分かっていなかった)。大化の時代から脈々と途絶えることなく受け継がれてきたのかと思うと感慨深い・・・急に飛鳥時代が身近に感じられます。日本の歴史の長さを実感しますね。

 

 

これまで248回も、新年号の発表があったわけですよね。昔はどんなふうに新年号を決め、発表し、人々はどう受け止めたんでしょう~?私達と同じように、「新しい年号斬新!」とかって言って盛り上がっていたんでしょうか。どなたか歴史に詳しい方がいらっしゃったら教えて下さい。

 

 

 

※ 最後に、「年号の英語の訳は era name   がいいと思う」 by 講師  だそうです 

 

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2019 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.