FCC Behind the Scenes

今から使える英語情報

自然な英語を身につけたい日本人にオススメの一冊。

2018.06.06

こんばんは、平井です!

 

 

今日はタイトル通り、ある本をご紹介します♪(実はこれまでもちょこちょこブログに登場済み)

 

 

その本とは…

 

 

▼日本人にありがちな英語の落とし穴 ~自然な英語へのA to Z~ (著:デイビッド バーカー)

 IMG_1586

※英語版もあります~

An A-Z of Common English Errors for Japanese Learners (Japanese Edition)  David Barker

 

 

 

 

この本は、FCCのベテラン講師であるKevin講師のお気に入りの本で、日本人英語学習者に特化したよくある間違いをまとめてくれています。

 

 

ちょっと中身を覗いてみましょうかね

 

 

日本人が間違って使いやすい英単語を、アルファベット順に並べてくれています。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★例えば、Cの欄

IMG_1587

 

【company】

 

△ I go to my company by train every day.

〇 I go to my office by train every day.

〇 I go to work by train every day.

 

【解説】

日本語の「会社」には2つ意味があると思います。

それは「組織としての会社」と「職場としての会社」です。

「会社」の英訳は確かにcompanyですが、これらの単語の意味の範囲はそれぞれ違うため、日本人にとっての落とし穴になります。

(省略)

英語のcompanyは「職場」という意味が含まれない分、日本語の「会社」より使用頻度が低いということを意識しましょう。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 ★もうひとつ、Fの欄

【first time】

 

△   It’s my first time to do this.

〇 It’s the first time (that) I have done this.

〇 I’ve never done this.

 

 

× I heard that song at the first time.

〇 It was the first time (that) I had heard that song.

 

 【解説】

It’s my first time to… のような言い方を私はずっと「間違い」だと教えていますが、アメリカでは最近こういう言い方をする人もいるようです。ただ私のアメリカ人の友人5人ほどに聞いたところ、全員が「私はそういう言い方は絶対にしない」と答えましたから、完全に間違いとは言えなくても、決して標準的な言い方ではなく、不自然だと感じるネイティブスピーカーも多いようです。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

実は、この” first time to do~”については以前Kevin講師からも聞いたことがあって、

 

K 「俺らアメリカ人は絶対 first time to visit NYなんて言わないね。 first time visiting NYって言うよ」

 

って言ってたんです。でも、”私は学校で first time to do~って習ったもん!!テストに出たもん!!”というやりとりを繰り広げたわけです。

 

もしかしたら、アメリカ以外の国ではto do~でもいいのかもしれませんが、どうなんでしょう?

 

 

 

 

自分なりに頑張って英語日記や英作文を書いたのに、ww(wrong word:不適切な単語)だと指摘されてしまったり、英文そのものがエラーだと言われてしまう場合は、この本が解決のヒントをくれるかもしれません(^^)あとは、とにかく大量の生の英文を読み込んで、英語とはどういう言語なのかを感覚含めて掴んでいくことも大事ですね。こんな表現・単語使うんかいな?(´・ω・`)と思っていたけど、ある日読んだ論文に出てきた!あ、本当に使うんだ!とか、そういう発見も含めて。

 

この本が気になる方は書店かアマゾ〇にGO~!!(^0^)

 

 

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2019 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.