FCC Behind the Scenes

今から使える英語情報

英語は不便な言語??

2018.06.02

illust3635

 

こんにちは、平井です!

 

今日出勤した時、1階のエレベーターのところに張り紙が。

 

上階のテナントが抜けたので原状回復の作業をする必要があり、しばし騒音がでますがご了承下さい、とのこと。

 

で、案の定午後になってKevin講師から「今日凄い外がうるさいんだけど(>3<)」と苦情が(笑)

 

涼しい風を入れようと思ってロビーの窓を開け放っているので、上階の工事の音が聴こえちゃうんですよね。

 

それで、「エレベーターの張り紙見なかった?上の階で工事しているんだよ」と言ったものの、この「原状回復」って、英語でなんて言ったらいいのかしら(回復=recover??)??となり、

 

近くにいたMarcus講師(香港生まれ)に助けを求めました。

 

Marcus  「あ~中国語にも同じような表現があるから分かるけど・・・英語でなんていうんだろうね?うーん」

 

そのへんにいた数人の講師も集まってきて、最終的に出た答えが

 

“to go back to the way things were (before)” 

 

 

 

 

 

 

ながっ!!!(- –  )

 

もうちょっとどないかならんのかいな。何回か練習したけど舌がまわらんばい。

 

Kevin  「英語は日本語みたいに細かく現象や物一つ一つに単語(言い方)がないから、文章で長々と説明するしかないの!!」

 

あぁ~英語って不便だなぁ(笑)と思った今日でした。

 

ちょっとマニアックな表現?かもしれませんが、いろんな場面で使えそうな気もするので、するっとさらっと言えるように練習しようと思います!

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2019 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.