こんにちは、平井です。

今週、私が住む久留米では豪雨により市内一部が大変な状況になってしまいました。皆さんのお住まいの地域は無事でしたでしょうか?

幸い私の家は下流域で川からも少し離れた所にあるので被害はなかったものの、筑後川側の数年前にも豪雨で冠水した場所は再び町一体が水に浸かってしまいました(泣)

休校した火曜日の翌日、出勤すると講師達が「大丈夫だった?!」と聞いてくれたのですが、語彙力不足のせいで上手に説明できないこと多々。。。(´д`)
「こういう状況って何て言うの?」と聞きながらメモしていった結果、A42ページくらいのリストができましたので、準備が出来次第掲示板に貼ってシェアしますね。英語日記や教室でのスモールトークなんかにお役立て下さい。

今日はそのリストの中からいくつかピックアップしてご紹介します!所々、参考がてらに読んだ7/8付のJapan Timesの記事から例文を抜粋しますので、気になる方はブログ最後のリンクから記事にアクセスしてみて下さい。

 

<雨に関する用語>

◆大雨:heavy rain = rainに複数形のsをつけたrainsだけでも大雨の意味があるようです

◆豪雨:torrential rain

◆土砂降り:torrents

◆状降水帯:rainband

◆梅雨前線:seasonal rain front(他の英訳もあります)

【Japan Timesより】

“Rain is expected through Wednesday and beyond across wide areas from southwestern to northeastern Japan as warm and humid air flows into the seasonal rain front stretching across the archipelago.”(暖かく湿った空気が日本列島に伸びる梅雨前線に流れ込む為、雨は水曜日中、南西日本から北東日本に至るまで広範囲にわたって予想されます。)

◆びしょ濡れの:drenchedまたはsoaked

【例文】

“I got drenched!!”(びしょ濡れになっちゃった!)

 

<河川や水害に関する用語>

◆急流:torrent

◆浸水する:be flooded

◆浸水家屋:a flooded house

◆堤防が決壊する:break the banks

◆氾濫させる、水浸しにする、押し寄せる:inundate [発音はイナンデイト]

【例文】

“Torrential rain inundated central Japan on Wednesday.”(水曜日、豪雨が日本の中央部に押し寄せました。)

◆人・車が川に流される:be washed[swept] away by a river

【Japan Timesより】

“In Oita Prefecture, there were reports of houses and a vehicle with four passengers being swept away after the Chikugo and Otita rivers flooded early Wednesday.”(大分県では、水曜日の未明、大分川や筑後川が氾濫した後に複数の家屋と4人が乗った車一台が流されたとの報告がありました。)

 

<災害・警報に関する用語>

◆地すべり・土砂崩れ:landslide / mudslide

◆気象庁:Meteorological Agency

◆大雨特別警報を出す:issue the highest level of alert  ←Andrew講師に「大雨特別警報が出たよ!」って説明した時、Emergency Level 5で通じました。

◆引き下げる:downgrade

 

<避難・捜索に関する用語>

◆行方不明:missing

◆避難指示:evacuation orders

◆垂直避難する:evacuate[move] to higher ground

◆かろうじて、命からがら:by the skin of one’s teeth

【Japan Timesより】

Some of them have just been saved by the skin of their teeth.”(彼らの中にはかろうじて助かった人もいた。)

 

参考記事:Japan TImes (Jul. 8th) : “Torrential rains lash southwestern and central Japan, 870,000 instructed to evacuate”