FCC Behind the Scenes

今から使える英語情報

「まさに!」を表すフレーズ

2019.07.27

こんにちは、平井です!

 

久しぶりのブログです。今日のネタは、この数週間の間にあった出来事から一つ・・・。

 

ちょっと前ですが、7/12に、両親に誘われて初めて山笠を見に行ってきました。この日は「ならし」といって、追い山本番の前に一度練習で街中を走る日でした。

 

櫛田神社に行くと、水法被&しめこみ姿の男性陣が大勢いまして、集団でお参りをしていました。中には想像以上にご年配の、80才台くらいの方まで!!

 

本番前とはいえ、どの流も気合が入って本気モード全開!やはりTVで見るのと1mの至近距離で見るのでは迫力が違いました。

 

*こういう、「血気盛んな人」を表す単語としてhot-bloodedというのがあります。 例:They are hot-blooded.

 

 

 

 

そうそう、山笠を見ていて久しぶりに思い出したことが。高校時代のALT(アメリカ人)が、日本伝統の、男性がふんどしや締め込みをするお祭りを見て放った一言。

“men wearing a diaper are running around in the dark at night” (おむつをはいた男たちが夜な夜な暗闇を走り回る祭) (^^;

 

 

関係各所に酷く怒られそうな表現ですが、一部の外国人にはそう見えるらしい。

そもそも、ふんどし とか 締め込み を表す英単語がないので、かろうじて似ているdiaper(おむつ)を使うしかなかったのであろう(と、思いたい)。

 

 

それで、別の外国人の友達にこの話をしたら、こう返ってきました。

“Haha, he is right on the money!” (確かに!)

 

 

*(be) on the money : ぴったり、その通り

 

 

Q.なぜon the moneyなのか?

― 理由は諸説あるようですが、Kevin講師曰く、ギャンブルに関係しているのではないかとのことです。 You are right!だけでもいいのですが、on the moneyをつけると上級者。

 

また、Brian講師によると、on the noseという言い方もあるそうです。なぜnoseかというと、「鼻のテッペンがとがってて、ちょうど弓道の的みたいになってるから」(by Brian講師)

 

*この、弓道で使う的の真ん中にある黒丸の正式名称は「図星」なんだそうです!!

 

 

同じ様に「的に当てるというイメージ」から「まさに!その通り!」という意味で使われる表現として、”You hit the nail on the head.” というのもあるそうです。nail(釘)をしっかり真上から打っていく感じですね。what you said is exactly correct. / I totally agreeと同じ意で、こちらは、意見を述べたり説明をしたりする際に使うとのことです。

 

 

山笠の話から最後は弓道の話に発展しましたが。

普段、exactly! とか True!  とかを良く使っているという方は、ぜひ今日ご紹介したものも使ってみて下さい(^^)

 

 

 

 

 

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2019 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.