こんにちは、阿津坂です。

田舎に住んでいる私なのですが、よくちゃかして「うちって、すごい田舎にあるの!」と言いたくて、つい「My place is in a very countryside.」と言おうとしてしまいます。

しかし「countryside」は「田舎」という名詞。veryは「とても」っていう副詞。

副詞は名詞には使えないのです。

副詞は一般的に動詞、形容詞、副詞とセットになりますが、veryは形容詞や副詞とセットとなります。

例)

very beautiful flower (very + 形容詞+名詞)

Listen very carefully.(動詞 very+副詞)

 

講師に質問していた時に、ちょうどそのことを思い出したので、良い機会だと思い聞いてみました!

Kevin講師やWarren講師が挙げてくれたのが

the boondocks [the boonies] (Kevin講師の解説では、元々はフィリピンの言葉だそうです)

very rural area

the back of beyond(Stewart講師によれば、out back of beyondとしても使われ、そこからオーストラリアでよく使われるoutback<奥地へ、奥地の>という言葉ができたんだそう)

使い方としては

-My parents live in the boondocks. (両親はど田舎に住んでいる)/ The company moved to a small town out in the boondocks. (その会社は、ど田舎にある小さな町に引っ越した)

-I’m from a very rural area. (すごい田舎の出身です)/ The castle is in a very rural area.(そのお城は、ものすごい田舎にある)

-My hometown is at the back of beyond.(私のホームタウンは、へき地にあります)

など。

ただ、Kevin講師が、「日本の”すごい田舎”って、そんな田舎じゃないけどね。アメリカだと、都市部に出るまで車で2時間とか掛かるようなところを言うんだよ」だそうです(´◡`)