こんにちは、阿津坂です。

今回は、Daniel講師が自分のとっておきの料理レシピをブログに書いてくれました。

Daniel講師らしく、途中に詩的な表現があるので少し分かりにくい部分もありますが、料理はとってもシンプル、かつ美味しそう!

エビ料理なのですが、英語にはエビの単語が2つあります。

1つはshrimpで、もう1つはprawn。

shrimpはちっちゃめのエビ、prawnは大きめのエビ、車エビのようなものを指します。

今回は、shrimpなので、小エビですね。

I am not an exciting cook. I don’t go in for fancy dishes or gourmet recipes. I cook simply and, in a strictly utilitarian way, I cook well. These days, I very rarely use recipes, and I never ever measure anything in the kitchen. This is mostly because I almost never know what I am going to cook until I start.

Outside of the occasional quick breakfast, I generally only cook on my days off. I go into the kitchen and I explore the refrigerator. I check the sell-by dates on the food packages and determine which of the vegetables are moving most quickly toward the light. I take all of these out of the fridge and place them on the table. Looking over this motley array of foodstuff, I try to envision a meal that will utilize it before I have to consign it to the great beyond.

An hour later, and without ever having needed to consult a cookbook, dinner will be ready. What generally results is some kind of a hearty meat and vegetable stew, of an ever-variable composition – something my father would have referred to as “slumgullion”. It is seldom pretty, but it sticks to your ribs and quiets the grumbling sounds around the midsection.

On occasion, however, I have been known to bow to tradition and cook a dish or two that can be identified more specifically. Of these, one of my favorites is a dish called Shrimp Creole.

In the United States, the area around New Orleans has seen a lot of different cultural influences, and the food reflects that. One of the results of this mish-mash of cultures is Cajun food…a cuisine that incorporates French, West African, Spanish influences, and relies heavily on local ingredients. One of my favorite things about Cajun food is that it is almost always easy to make, and Shrimp Creole is no exception.

For a hungry family of four, here’s what you need:
1 medium onion (chopped up to make 1 cup)
2-3 green peppers (chopped up to make 1/2 cup)
1 or 2 stalks of celery (chopped up to make 1/2 cup)
2-4 cloves of garlic (minced)
1 can of diced tomatoes
500g of peeled shrimp (thawed if they were frozen)
2-3 sausages (chopped up into small pieces)
Spices: I usually use a combination of cayenne pepper, basil, black pepper and a touch of cinnamon, but you can use your discretion.

To cook it, fry the minced garlic and the bits of sausage (small bits of ham or bacon are OK, too) in some olive oil until they are nice and brown. Then add in the onions, green peppers and celery. Sauté the whole mess until the onions turn clear. Add the tomatoes and spices and a half can of water, and set it all to simmer for a while (I usually give it 20 minutes to let the spices do their work). About 3 or 4 minutes before you want to serve, add in the shrimp. Just after the shrimp turn pink, serve the Shrimp Creole over white rice (kind of like Japanese curry). The whole cooking process takes about 45-50 minutes, looks great, tastes wonderful and is guaranteed to please.

Try it out, and let me know how it went. – Dan

私は、ワクワクさせるようなシェフではありません。オシャレな料理やグルメなレシピに凝ったりはしません。シンプルに料理し、厳格に実用的な方法においては、私は上手に料理します。最近は、私は滅多にレシピを使いませんし、キッチンで何かを計ったりは絶対にしません。これはだいたい、私がスタートするまで何を作るつもりなのか私もほとんど分かっていないからです。

時たまのパパっとした朝食の他には、だいたいにおいて私は休日にしか料理しません。キッチンに行って、冷蔵庫を探索します。食べ物のパッケージの賞味期限をチェックして、どの野菜が一番早く光に向かって行っているのか(注:死んでいっているのか)を決めます。冷蔵庫のそれらを全て取り出して、テーブルの上に置きます。この食材のごちゃ混ぜの山を見ながら、それを死後の世界に処分する前に活用させる料理を心に思い描こうとします。

1時間後、料理本を参考にする必要も全くなく、夕食ができています。全般的な結果は、組み合わせが変わり続ける、ボリュームたっぷりの肉と野菜のシチューのようなもの—私の父が「スラムガリアン」(注:肉と野菜のごった煮)と呼びそうなものです。滅多に見た目が良いことはありませんが、腹持ちが良く、身体中央部のゴロゴロなる音を静めてくれます。

しかしながら、たまに私が伝統に屈服して、もっと特定のものに認定され得る料理の1つや2つを作ることは知られています。そういったもののうち、私のお気に入りの1つが、シュリンプ・クレオールと呼ばれる料理です。

アメリカでは、ニューオーリンズの辺りの地域では、たくさんのいろいろな文化の影響を受けており、その料理はこれを反映しています。この文化の寄せ集めの結果の1つが、ケイャン料理で、フランス、西アフリカ、スペインの影響を取り入れた料理で、地元の食材を非常に頼りとしています。ケイジャン料理で私が気に入っていることの1つが、ほとんどいつも作るのが簡単で、シュリンプ(エビ)・クレオールも例外ではありません。

お腹が空いた4人家族で、必要なものがこれです:
中ぐらいの玉ねぎ 1個(刻んで1カップ)
ピーマン 2-3個(刻んで1/2カップ
) セロリ 1-2本(刻んで1/2カップ)
にんにく 2-4粒(みじん切り)
カットトマト 1缶
むきエビ 500g(冷凍のものは解凍しておく)
ソーセージ 2-3本(細かく刻んでおく)
スパイス:私は普通は、カイエンペッパー、バジル、黒コショウとシナモンを少し混ぜ合わせたものを使っていますが、皆さんは自分のお任せを使えます。

料理するには、みじん切りのにんにくと、細かく刻んだソーセージ(細かく刻んだハムやベーコンでもOK)をオリーブオイルできれいにきつね色になるまで炒めます。それから、玉ねぎ、ピーマン、セロリを加えます。全部混ぜたものを、玉ねぎが透明に変わるまで炒めます。トマトとスパイス、缶半分の水を加え、しばらくコトコト煮立てます(私は、スパイスが効いてくるように、大抵は20分します)。料理を出す3-4分ほど前に、エビを加えます。エビがピンクになった直後に、シュリンプ・クレオールをご飯の上にかけます(日本のカレーのような感じです)。全体の料理手順は、45-50分かかり、見た目がよく、味も素晴らしく、喜ばれること請け合いです。

試してみて、どうなったかを教えてください。 -ダン