こんにちは、阿津坂です。

今日はWarren講師のブログですが、彼の出身国である「イギリス」について解説しています。

日本語では「イギリス」と一般的には呼ばれていますが、正式には「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」という長ったらしい名前を持っています(笑)

よくUKとも書かれますが、これは何の略かというと、United Kingdom。

United=連合の、団結した

Kingdom=王国

つまり、「連合王国=王国の集まり」ということですね。

で、そのUKと略される「イギリス」とは何か、なんでイギリス人やイギリスのものを「British」と言うのか、をWarren講師がシンプルにまとめてくれています♪

これであなたもイギリス通!?

 



Hello,
Warren here. I hope you’re all well.

Today, I thought I’d use the blog space as an opportunity to explain something that even many British people don’t know or can’t explain – What is the difference between “The United Kingdom” (The U.K.) and Great Britain (GB)? Why do we say people and things are “British” and not “U.K.ish”? 😊

But first, a *Glossary.
Glossary (n) – 用語集
Hail (from) (v) – 出身
Term(s) (n) – 用語、言葉
Union (n) – 連合
Currently (adv) – 現在
By order of – の順序で
Political entity (n) – 国家
The British Isles (n) – イギリス諸島
Geographical (adj) – 地理的
Prior (to) (adj) – 〜以前 
Comprise (v) – 含む、包含する Republic (n) – 共和国

The history of the land which I hail from is as long as and complicated as Japan’s, but in the simplest terms possible…

The U.K, as its name suggests, is a union of 4 different countries, which are currently (by order of size) England, Scotland, Wales, and Northern Ireland. Therefore, The U.K. is a political entity.

Similar to Japan, my country is also an island nation, and it too is made up of many islands which are called “The British Isles”. Two of these islands are much larger than the others. The smaller of these two is Ireland, and the larger one is “Great Britain” (“Great” in this context means “very large”), so Great Britain is more a geographical term.

Northern Ireland became part of The U.K. in 1922. Prior to that (1707 –1922), The U.K. was the other 3 countries, all of which are on the largest island, Great Britain. This is why the adjective used for people and things from The U.K. is “British”.

The island of “Ireland” currently comprises Northern Ireland (part of The U.K.), and The Republic of Ireland.

If you still don’t understand after reading this, ask Daniel.


こんにちは、
ウォレンです。皆さん元気にしていることと思います。

今日は、このブログのスペースを、多くのイギリス人ですら知らなかったり、説明できなかったりする、ある事を説明する機会として使おうと思いました−−「The United Kingdom (The U.K.) =連合王国」と「Great Britain (GB)=グレートブリテン」の違いは何なのか? なぜ私たちは(この国の)人や物について「British」と言い、「U.K.ish」と言わないのか?😊

しかし最初に、用語集を
Glossary (n) – 用語集 
Hail (from) (v) – 出身 
Term(s) (n) – 用語、言葉 
Union (n) – 連合 
Currently (adv) – 現在 
By order of – の順序で 
Political entity (n) – 国家
The British Isles (n) – イギリス諸島 
Geographical (adj) – 地理的 
Prior (to) (adj) – 〜以前 
Comprise (v) – 含む、包含する 
Republic (n) – 共和国 

私が出身とするこの地の歴史は、日本のものと同じくらい長く込み入っていますが、可能な限り最もシンプルな言葉では……

連合王国とは、名前が示す通り、4つの違う国の連合であり、現在は(サイズの順序で)、イングランド、スコットランド、ウェールズ、そして北アイルランドです。なので、連合王国(The U. K.)というのが1つの国家となります。

日本と同じ様に、私の国も島国で、そして同じく、「The British Isles(イギリス諸島)」と呼ばれる多くの島々から成り立っています。これらのうちの2つが他のよりかなり大きいです。この2つのうちの小さい方がアイルランド、大きい方が「Great Britan(グレートブリテン島・この文脈での”Great”(グレート)は”非常に大きい”を意味します)」で、なのでグレートブリテンというのは、むしろ地理用語です。

北アイルランドは、1922年に連合王国の一部となりました。それ以前(1707−1922年)は、連合王国は他の3つの国であり、それら全てが最大の島であるグレートブリテン島にあります。これが、連合王国に由来する人や物に使われる形容詞が「British(ブリティッシュ)」である理由です。

「アイルランド」の島は、北アイルランド(連合王国の一部)と、アイルランド共和国から、現在は構成されています。

これを読んだ後でもまだ理解できなかったら、Daniel講師に聞いてください。


 

Warren講師は、分かりやすくシンプルにまとめてくれていますが、実態はもうちょっと複雑。

それを解説した動画がこちら。

早口の英語で話されるので、字幕ONはマストだと思います。

字幕ONにしてても何回も一時停止&巻き戻しが必要(^^;)

そんなのいらん!という方にはこちら(^^)

日本語で詳細に説明されています。

イギリス / イングランド / UK / ブリティッシュの違い

それか、Warren講師が提案しているように、ぜひDaniel講師に聞いてみてください(^^)♪