こんにちは、阿津坂です。

今日はKevin講師のブログ。彼の名前の面白いエピソードや、英語での「あなた達」という言い方が紹介されています。

英語では、あんなに単数形と複数形を区別するのに、「あなた」の「you」は単数形も複数形も一緒ですよね。なので、英語圏では、カジュアルな言い方がいくつかあるようです!

そして、皆さんお待ちかね! Kevin講師の新しい動画が見れますよ!

 


Hello y’all, Kevin here!

I’ve made a new video if you are interested. This one focuses on the B and V sounds. While I was thinking of the idea for the video, I remembered my grandparents always had a difficult time saying my name because my name has a “v” in it, and their native language was Spanish. Spanish speakers, just like Japanese speakers, have difficulty with the “v” sound. The letter is used in writing in Spanish, but the sound is always pronounced “b.” For example, the word “vaca”, which in English means cow, is pronounced “baka,” like the Japanese word for dumb. Anyway, my grandparents always pronounced my name like this: “Kebin.” Also, my grandmother would write my name on Christmas cards the same way. Sadly, all of my grandparents are gone now, but whenever a Japanese speaker who hasn’t quite mastered the b and v sound yet says, “Kebin,” I always remember my grandparents, and it kind of makes me happy to have my name pronounced that way.

Also, in the video I use the word “y’all,” as I did above in the greeting for today’s blog. “Y’all” is an informal way to talk to 2 or more people. It’s a shortened form of “you all.” It’s used a lot in the southern parts of the US. Since I’m not from the South, I tend to say “you guys.” There are a few different forms of the plural “you” around the different parts of the English-speaking world. Here are a few examples.

Yinz / You’uns: You will hear this in western Pennsylvania, my home state, and parts of Ohio. I don’t use it because my hometown, Lancaster, is in the eastern part of Pennsylvania. It’s a shortened form of “you ones.”

Youse: This is used in New York and New Jersey. It’s often used with the word “guys”– “youse guys.” If you watch old gangster movies, you can hear examples of this.

You guys: Like I said above, I use this form. Most people in the US, except for the ones mentioned above, will use this form.

You lot: This is how British people say, “you guys.”

There might be more. Whenever you go back to school, ask your teacher what form of plural you they use. We don’t teach it in school, but it’s useful to know because every native English speaker uses one of them.

Well, that’s a lot of linguistic information for “y’all” today. I’ll put the link below for my video so that “you guys” can take a look. I made the speaking task a little easier, so I think even basic level students will be able try. Again, I have to thank my son for helping me edit the video and put the text and animation in it. I’m starting to think he’s some kind of genius with this stuff. We also made the music together. I played the bass while he created the electronic drum beats and synthesizer sound.

See “you lot” next time!

Kebin

https://www.youtube.com/watch?v=vFBJyjaVJK4&t=90s

こんにちは、みんな、ケヴィンだよ!

もし興味があるなら、新しい動画を作りました。これはBとVの音に焦点を合わせています。動画のためにアイデアを考えている間、私の祖父母がいつも私の名前を言うのが難しかったのを思い出しました。なぜなら私の名前は「v」が入っているからで、彼らの母国語はスペイン語なのです。スペイン語を話す人は、まさに日本人のように、「v」の音が難しいのです。その文字は、スペイン語で書くのに用いられますが、その音はいつも「b」と発音されています。例えば、「vaca」という単語は、英語では牛を意味する言葉ですが、「baka(バカ)」と発音されます、まさに日本語の「馬鹿」と同じように。とにかく、私の祖父母はいつも私の名前をこのように発音しました、「Kebin」(注:ケヴィン講師の名前は「Kevin」)。また、私の祖母はよくクリスマスカードに同じように私の名前を(Kebinと)書いていたものです。悲しいことに、私の祖父母は全てもう亡くなってしまいましたが、bとvの発音をまだあんまりマスターしていない日本語を話す人が「Kebin」と言う時はいつでも、私の祖父母を思い出しまし、私の名前がそういうふうに発音されるのは、なんだかハッピーにしてくれます。

また、動画では、「y’all」の単語も使います、このブログの挨拶に上で使ったように。「y’all」は、2人以上の人に話しかけるカジュアルな方法です。「you all」の短い形です。アメリカ南部で多く使われます。私は南部出身ではないので、「you guys」と言いがちです。複数形の「you」は、英語圏の違った場所でいくつかの違った形があります。いくつかの例がこれです。

Yinz / You’uns:私の出身州のペンシルバニア州の西部や、オハイオ州の一部で聞くでしょう。私は使いません、なぜなら私のホームタウン、ランカスターは、ペンシルバニア州の東部にあるからです。「you ones」の省略した形です。

Youse:これはニューヨーク州やニュージャージー州で使われています。「guys」という言葉と一緒によく使われますーー「youse guys」のように。もし古いギャング映画を見るなら、これ(が使われている)例を聞くことが出来ます。

You guys:上に述べたように、私はこの形を使います。上に述べた人たちを除いて、アメリカのほとんどの人がこの形を使うでしょう。

You lot:これは、イギリス人が言う方法です、「you guys」(という意味)

もっとあるでしょう。あなたが学校に戻った時は時に、講師にどの複数形のyouを使うか尋ねてみてください。学校では教えませんが、どのネイティブの英語を話す人でも、この形の1つを使うので、知っておいて便利です。

さて、たくさんの「y’all」の言語学的な情報でしたね。私の動画のリンクを、「you guys」は見てみることができるように下に貼っておきます。スピーキングの課題を少し簡単にしました、なので基礎の受講生さんもトライできると思います。また、私の息子に、動画の編集したりテキストやアニメを入れたりするのを手伝ってもらったことに感謝しなければなりません。こういった事に関してある種の天才じゃないかと思い始めています。音楽も一緒に作りましたよ。私がベースを弾き、彼は電子ドラムのビートやシンセサイザーの音を作りました。

また会いましょう、「you lot」!

Kebin

https://www.youtube.com/watch?v=vFBJyjaVJK4&t=90s