こんにちは、阿津坂です。

この前、講師たちに質問をしていると、Kevin講師は「I plead the Fifth.」というお返事。

「5番目を主張するよ」???

調べてみると、なんと「黙秘権を行使する」という意味。

この「the Fifth」というのは、「the Fifth Amendment」のことで、「米国憲法修正第5条・黙秘権を行使することを認めた修正条項」のことだそうです(by 英辞郎)

つまり、「教えないよ!」ということですね(笑)

 

こういう風に、単語の意味だけでは全く分からない表現で、よく見聞きしたのが「catch-22」。

「22を捕まえる」???

『Catch-22』は「前にも後ろにも行けない、どうしようもない状況」を指していて、小説のタイトルから来ているのだそう(by英辞郎)。

日本語で言うと「八方ふさがり」とか?

「I’m in a catch-22 situation.」とか使います。

 

あと、聞いて面白いなと思った表現が「Brain is sexy.」

「脳みそってセクシー」???

ふつうは、「目がセクシー」とか言いそうなところを「brain」を持ってきているのがミソ。

「brain」=「頭の良さ」ということで、「頭の良い人ってセクシー」ってことですね。

ベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch)がBBCのドラマ『Sherlock』で一世を風靡した時に、彼を形容するのに使われていました♪

Sherlock – Netflix  今はNetflixで見れます

ベネディクトが演じたシャーロック・ホームズは、頭はずば抜けてかしこいのですが、まったく人の気持ちが思いやれない人。

でも、色っぽいシーンなんか全くないのに、すっっっっっっごくセクシーなんです!!

で、彼を評するのに「Brain is sexy.」というフレーズがあり、「やっぱり、皆そう感じてるんだなぁ(^^)」と思いました。

アタマの良い人に惹かれる人を称して、sapiosexualやsapiophileという言葉があったりします。

 

Brian講師にブログのネタとしてこの話をすると、こういう表現を教えてくれました

「Intelligence is a turnon.」

turnon/turn-onは、「興味をかけたてるもの、その気にさせるもの」

「Brain is a turnon.」とか「Intelligence is my turn-on.」とか応用できると思います。

Brian講師に「What’s your turnon?」と聞いたら、「I plead the Fifth.」と返されました。ちゃんちゃん♪(>▽<)/