FCC Behind the Scenes

What's happning at FCC

FCCの日常を垣間見ることができる、スタッフブログです。

  • ・FCCライフ
  • ・イベント
  • ・英会話関連
 

今から使える英語情報

上級者向け:有名作家のショートストーリー

2019.05.18

こんにちは、平井です!

 

 

今日Brian講師からこんなことを聞かれました。

 

 

B: エガケレ?って知ってる?

 

 

平: 何それ?

 

 

B: 有名なイスラエル出身の作家で、1~2ページのショートストーリー専門らしいんだけど面白いんだって。RW6~RW7のレベルの受講生にいいかなと思って昨日他のスタッフにも彼の本の話をしたんだよ。

 

 

 

 

 

そこでさっそく調べてみることに。

 

 

Etgar Keretさんという方だそうです。(英語ネイティブには発音しにくいお名前のようでBrian講師はとっても言いずらそうでした)↓↓

 

 

 

で、ネットで2作品を見つけたので早速1つ読んでみることにしたのですが・・・

 

 

 

 

” なんかイマイチよ~わからん ”

 

 

【あらすじ】

ある男性はいつも同じパターンで女性に振られてしまいます。ひょんなことから彼はとある人物が自分の恋路を邪魔していたと知り、その人物を殺してしまうのですが、その後もおかしなことが続いて・・・

 

 

 

 

文法は若干時制がややこしいけれど、それ以外はわりとシンプルな構造で、一文一文は意味はとれるんですよ。

でも、ストーリーの流れが分かっても、「え、で?結局何がいいたいの?????この話の面白いところって?」となり、消化不良に陥りまして。

 

 

あまりにモヤモヤして、このままでは今夜眠れない!と思ったので、手の空いていたDaniel講師(FCCきっての本の虫)にも読んでもらって解説をお願いしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしたら・・・・まぁ・・・・

 

 

 

すっきり~~~~!!!

 

 

そういうことだったのね!!!!と、腑に落ちました!!!Danさんさすが~!

 

 

腑に落ちる = Light goes on

 

って言うそうですよ♪(他にも言い方は色々あるそうですが)

 

「電気が消えた」って時にThe light went outって言うので、その逆の表現ですね。

 

 

 

どんな話か読んでみたい方はこちらへどうぞ↓↓(私が読んだのは最初のストーリー Your Manです)

Two Stories by Etgar Keret

 

FCCライフ

最近の気になった表現Part 2

2019.05.13

こんにちは、阿津坂です。

ブログの更新が久しぶりになってしまいましたが……。

イベント等の準備やカウンセリング続きで、ここ数週間は目の回るような忙しさ。

ようやくブログに手をつけることができました!(ずっとネタは温めていたんですよ!)

 

で、「最近の気になった表現」Part 2

ちなみにPart 1はコチラ:https://www.fcc-english.co.jp/blog/conversation/35505

(だいぶ昔やんけ!ってツッコミはなしで)

 

今回は「In hindsight」をご紹介。アメリカ英語ではあんまり聞かないような気もしますが、北米系講師に確認はしていないので、真相は不明。

意味は、「今から思えば」という感じ。

 

hindsight自体は、「後になっての判断、後知恵」という意味が書かれていますが、解説すると

hind=後ろの → hindは「後ろの、後部の」という意味があります。hind legで「後ろ足」という意味。behindのhindですね。

behindはbe(動詞)+hindということで、「後方に、後ろに」という意味になります。

 

ちなみに、be+形容詞で別の言葉が生まれているのはいくつかありますよ。

belated:遅くなった、遅ればせながらの → 「遅ればせながらの”誕生日おめでとう”」ということで、「Belated Happy Birthday!」「Belated Birthday Wishes!」なんてのがよく使われます。

beloved:愛された、愛しの → my beloved fatherといった感じで使われるようですが、よく聞くのは亡くなった人を形容する時。「彼は愛された父親でした」という感じで、お葬式の言葉「He was a beloved father.」とか。

behold:これは、形容詞ではなく、hold(保つ、キープする)という動詞がくっついていますね。これは意味が変わって「注視する、見守る」という意味ですが、「Beauty is in the eye of the beholder.」(美とは、見る者の目の中にある→美の基準はその人次第)のように、「in the eye of the beholder」とかで使われたりします。

belatedもbelovedもbeholdもちょっと古めかしい言葉、形式的な言葉ではあります。なのでちょっとポエティックというか詩的な表現で使われたり。

 

で、そのhind(後ろの)+sight(見ること、視野、眺め→sightseeingのsight)→hindsight=後ろを見ること=後になっての判断→ in hindsightで「今から思えば」ということです。

「今から思えば、彼は酔っ払ってたよね、だからあんなブツクサ言ってたんだ」 → ”In hindsight, he was drunk and that is why he was grumbling at that time.”とか。

 

でも、自分の行動に関して言うことが多いかも。今から思えば、あぁしとけば良かった、のような。

In hindsight, I should have studied English harder.(今から思えば、もっと英語をしっかり勉強しとけばよかった)とはならないように、皆さん英語をがんばってくださいね!

 

 

 

 

 

Stewart講師渾身の…

2019.05.11

出典:BBC

 

こんにちは!平井です。

 

 

今週はイギリスから嬉しいニュースが届きましたね(^^)ハリー王子の興奮気味な会見が印象的でした。本当に嬉しいんだな~という感じがにじみ出ていて。

 

 

そして数日後に発表されたお名前は 

Archie Harrison Mountbatten-Windsor

 

アーチ― ハリソン・・・ 全然想像していなかったので意外でした(・∀・)

 

 

 

 

それで、名前がわかった日に早速イギリス出身のWarren講師に聞いてみました。

 

 

平 「赤ちゃんの名前聞いた?」

 

 

W 「え、知らない」 (知らんのか~い)

 

 

平 「アーチ― ハリソンだって!! 珍しい名前?よくある名前?」

 

 

 

すると、その場にいたStewart講師が

“Very Scottish name” (彼はスコットランド生まれ)

 

 

 

平 「へ~スコットランドの名前なんだ!」

 

 

Stewart講師 「アーチ―って言ったらアーチボルドだよね」

 

 

Warren講師 「そうそう、アーチボルド」

 

 

私の隣でこの会話を聞いていたKevin講師も入ってきて

 

 

Kevin講師 「あ~アーチボルド!」

 

 

(私:アーチボルドって何??)

 

 

 

 

 

 

すると、Stewart講師から驚きの発言が!

 

 

Stewart講師 「アッチ ボールド!!」(と言いながら、Warren講師とKevin講師に目をやる彼・・・)

 

 

 

 

みなさん分かりますでしょうか、この渾身のギャグを・・・日本語をほとんど発しない彼なのでちょっと補足が必要ですが

 

 

アッチ(も) (コッチも) ボールド(禿げてるね)

 

 

って言ったんですよ Σ(゜Д゜)ヒー 

しかも無邪気な顔して本人たちの前で笑いながら!勇気あるわね(笑)

 

 

Kevin講師 「サトミ、どうよ、Stewartのオヤジギャグの出来は?」

 

 

Warren講師もKevin講師も髪型のネタには寛容なので笑っていましたが、隣で聞いていた私は笑っていいのか分からずとりあえず苦笑いでした(=Д=;)

 

 

 

 

 

ところで、気になっていたArchi(e)baldですが、あとで調べたら男性の名前のひとつらしいです!

 

<物知りAlex講師の解説>

Archi(e)baldは1940~1950年代の名前だから結構古いんだけど、この間ラジオで聞いた話では、今イギリスではArchieは名前ランキングでTOP20に入るんだって(←人気の名前ランキングのこと?)。今回2人が赤ちゃんをArchieって名付けたのも、きっと王室に関係する名前より庶民派な名前を好んだからじゃないかな。さらに、彼をArchieって名付けたことでまた国民の間でこの名前が流行るはずだから、数年後にはTOP5くらいに入るって予想だよ。”Ask me anything ;)”   

 

 

 

Alex講師のおかげで色々と腑に落ちました!!

今日は以上です(^^)

 

Brian講師がオススメする報道番組

2019.05.08

こんにちは、平井です!

 

 

長かったGWが終わりましたね。満喫できましたでしょうか?

ちょっと体もキモチも重たい5月ですが、頑張っていきましょう(笑)

 

 

 

 

 

 

話は変わりますが、実は最近気になっていることがありまして。

 

 

 

私は帰宅が遅いのでTVは夜中に見ることが多いのですが、この半年くらいで、各局の報道番組のアナウンサー?メインキャスター?が次々と交代しましたよね。そしてメインが必ずしもアナウンサーではなく、タレントさんの場合もあります。巷では「あの人が出るならこの番組を観る、観ない」というような意見があったり。

それで、ネット上のコメントを読んでいた時に、「日本ではアナウンサーは原稿を読むのが専門だから番組で自分の意見を言う必要はない」という人がちらほらいました。

また、私が興味をもったのが、ある方のコメントで、「アメリカではキャスター(解説を加えながらニュースを伝え、時には他の人に話を振ったりして番組の進行をする役)が原稿読みから番組回しまでやることが多くて、日本のアナウンサーのように容姿がすごく良いというわけでもないけれど(←ちょっと失礼ですが)、実力のある人が出ている」というものでした。

 

 

 

 

それで、今日アメリカ出身のBrian講師とその話をしたんです。

 

 

Brian講師 「日本では、なんでか知らないけど、男性ばっかり自分の意見を言って、隣の女性アナウンサーは聞いているだけ、ってことがよくあるよね。アナウンサーだからってなんで意見を言ったらいけないの?」

 

 

平井 「アメリカではどこの局をよく見るの?」

 

 

Brian講師 「PBS。日本ならNHK。PBS(Public Broadcasting Service)はアメリカでいうNHKみたいなもので、税金で成り立っているよ。私企業の放送局だと、どうしてもスポンサーに配慮して要所をついた質問とかしてくれないよね。地球温暖化みたな話題って避けるでしょ。その点、PBSは国営だけど時にはanti-government(政府の批判)なこともする。」

 

 

 

ほう!面白そう!

 

 

 

Brian講師 「特にPBS NewsHourっていうのをよく見てるよ。夕方4時から。BS見れるなら是非。今出ているキャスター2人は実力あるよ~。僕たちが知りたいってことをずばっと聞いてくれるし真剣なんだ。」

 

 

 

↓というわけで、紹介しまーす。

 

PBS NewsHour

Youtubeはコチラ

 

 

 

Nick Schifrin(ニック シフリン) ←彼の記事ページに飛べます

彼は数年間特派員として中東で取材をしていた経験があって海外情勢を専門に伝えているようです。

特派員:correspondent

海外情勢:foreign affair

 

 

Amna Nawaz(アムナ ナワズ)←彼女の記事ページに飛べます

この方も色々と受賞歴のあるジャーナリストのようです。

 

 

PBSはオンラインでも無料でニュースが見れるので、ジャーナリズムや海外情勢に興味がある方はぜひ♪

キャスターが個人的な意見をどこまで言うのか、突っ込んだ質問をぐいぐいしていくのか、など日本での報道の仕方と比較しても面白そうです。

 

 

 

 

今日は以上です(・∀・)

 

今から使える英語情報

令和スタートまでカウントダウン

2019.04.27

こんにちは、平井です!

 

 

一部の方は既に今日からGWを満喫されているようですね^^

 

 

今年は最長10連休ということですが、プランはもうお決まりですか?(かく言う私はまだ何もw)

 

 

さてさて、平成も残りあと4日!新たな令和時代が始まりますね。

天皇退位、皇位継承って、一体どんな風に行われるんでしょうか?とっても気になります!

きっと海外にも報道されるんでしょうね。

 

というわけで、その日を目前に控えて、ちょっとだけ心の準備を・・・

日経の英語版に天皇退位に関する記事がありました▼

 

Japanese emperor’s abdication: 6 things to know

出典:NIKKEI ASIAN PREVIEW

 

日本国民ならある程度ご存知でしょうが、海外向けのこの記事では、天皇がこれまでの伝統を覆して「存命中に退位する」という選択をなされるに至った背景、退位・譲位のセレモニーはどのように行われるのか等が説明されています。語彙や文法(過去完了や分詞構文など入ってます)的に中級2以上の方なら読めるかと思います。お時間のある方はぜひ読んでみて下さい♪

 

 

ちなみに、以前からちょこちょこブログやセミナーで言っていますが、新聞記事にはよく類語が散りばめられていまして、この記事も例外ではありませんでした。

まとめるとこんな感じ(^^)↓

 

退位=(  abdication  )/動詞では(  abdicate    )

▼文中に登場した退位/譲位/皇位継承を意味する表現

①(  relinquish  )(  the  )(  throne  )皇位を放棄する

②(  step  )(  aside  )退く

③(  pass  )(  the  )(  throne  )譲位

④(  enthronement  )即位

⑤(  ascending  )(  the  )(  throne  ) 即位する  =名詞では( ascension   )

⑥(      step  )(      down     )降りる、辞める

⑦(     hand    )(    over    )引き継ぐ =名詞では(     handover    )

 

 

もしこの話題に触れる機会があったらぜひ積極的に使ってみて下さいね。

そして、テーマはなんであれ、英語日記を書く時は、事前にそのネタ関連の英語記事を読んで語彙を増やしておくと、同じ単語を何度も使いまわさずに済みますよ♪

 

 

 

 

ではでは、FCCのレッスンは明日まであります!

また連休明けにみなさんの楽しいお土産話を聞けるのを楽しみにしています。

 

 

今日は以上です(^^)

 

What’s “round-robin”??

2019.04.24

こんにちは、平井です!

 

 

今日、レッスンが始まる前にスタッフ&講師全員で集合写真を撮りました。

これが何に使われるかは・・・準備ができてからお知らせしますね^^

 

 

 

 

今回はある程度きちんとした服装をして撮ろうということで、講師達にも事前にメールでドレスコードや集合時間について連絡をしておいたんです。

そして昨日Warren講師が出勤してきた時、念の為口頭でも伝えておこうと思って「大事なメールを送っておいたから確認お願いしますね」と言ったら、こんな言葉が返ってきました。

 

 

W ”Is it a private one or アラウンドロビン?”

 

 

平 ”アラウンドロビン(゜゜)?”

 

 

 

 

アラウンド・・・ロビン・・・?(゜゜) 

 

 

 

ロビン・・・フッド???(。。)

 

 

 

 

 

平 ”What did you say??”

 

 

すると、綴りを教えてくれました。

 

 

“Is it a private one or a round-robin?”

 

 

aroundじゃなかった!(//∀//)

 

 

 

W  “round-robinは、みんなに向けたものっていう意味だよ”

 

 

 

なるほど!

 

 

 

 

 

 

調べてみたら、こんな意味を持つ表現だそうです▼

1.(署名者の順序を隠すため)円形に署名した嘆願書・抗議書など

2.数人の連署による上申書

3.(仲間の間に回す)回状

4.(主に米国で用いられる)テニス・チェスなどの総当たり戦・ラウンドロビン

 
 

 

テニスをする方ならラウンドロビンという言葉はご存知なのかもしれませんね。私は初めて聞きました。






【おまけ】
robinだけだと、ヨーロッパコマドリを指すそうです。かわいい♡
日本人なら、某冒険漫画のキャラクターを想像する方も多いかも?


 

 

 

「おめかしする」を英語で何て言う?

2019.04.20

こんにちは、平井です。

 

 

少し前の話なのですが、ある土曜日のことです。

 

 

朝、出勤するなりKevin講師から「なんかいつもと髪型違うじゃん。どうしたの?」的なことを言われました。

 

 

~的なこと というのは、耳慣れない単語が混ざっていたのと突然話しかけられたのでよく聞き取れなかったんです。

 

 

一瞬戸惑ってしまって、隣にいたAlex講師に “What did he say??”と聞きました。

 

 

すると、Alex講師が、”He said you are beautiful (´ー`)” と答えました。(←絶対そうは言ってない 笑)

 

 

(Alex講師って、こういう女性が喜ぶようなジョークをさらっと言えるのがすごいなぁといつも思います。日本人男性とはなかなかこういう会話にはならない気がします。かといって、他の外国人講師がAlex講師のようにできるかというとそうでもないので・・・やっぱり、彼のキャラクターなのでしょうか)

 

 

Kevin講師 

「出来る限り丁寧な表現でサトミのニューヘアスタイルを褒めたつもりなんだけど・・・え、なんか俺悪いこと言った!?」

 

 

Alex講師 

「サトミ、彼は、doll upって言ったんだよ」

 

 

doll up:服装や化粧に特に注意を払う、おめかしする

(to use special care in dressing, making-up, etc)

 

初めて聞きました。なんとなくdollという単語からイメージは想像できましたが、doll って動詞で使えるんですね!!

 

 

実はこの日は夜から新入生歓迎会があったのでちょっとだけ髪を結っていました。

 

 

どんなヘアスタイルだったかというと、コレです↓↓(私じゃありません。金髪のほうがわかりやすいので)

 

ただバレッタで留めただけなんですけどね。

 

 

◆doll upを使った例文はこんな感じです。

She dolled herself up for the night out with her fridends.

(彼女は夜友達とでかけるために着飾った)

 

 

某辞書でdoll upを調べると

「~をめかし立てる、~を着飾る◆これ見よがしに飾り立てるときに用いられる」って書かれていました(゜∀゜ )これ見よがしに!!笑 

 

 

褒められていたのか自信がなくなりました。

 

 

 

・・・はい、今日は以上です!

 

FCCライフ

電池(battery)の単位を英語で何と言うか

2019.04.18

FCCに入社したての頃(2カ月ほど前)の話になりますが、ある講師(まだ講師の名前を完璧に覚えておらず…どの講師だったのやら?)がスタッフルームに電池が欲しいと入ってきました。
その時、講師が”double A”のバッテリーが欲しいとのことで私は???状態になってました。”double A”って何?
後で、他のスタッフに”double A” =「単3電池」のことと詳しく教えてもらいました。

battery

電池の単位は、国際規格協会(ANSI)の種類分けにより、次のようになっているようです。
単1=D
単2=C
単3=AA
単4=AAA
よって
「単1電池」=”D size battery”
「単2電池」=”C size battery”
「単3電池」=”A size AA battery”(Double A battery)
「単4電池」=”A size AAA battery”(Triple A battery)

電池=バッテリーというのは知ってはいたものの、電池の単位については考えたこともなく…勉強になりました。
単2がdouble A、単3がtriple Aだったらすんなりと覚えれそうなのになぁ~っと。

 

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2019 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.