英語deボランティア

2015年 英語deボランティア

「お寿司・お雑煮作り」と「合気道体験」 2015年

※イベントは終了しました。

vol2015-01

先日、第1回目の「英語deボランティア」を終えた受講生の声をお聞きすると、気持ち良いくらいの負荷がかかって、2015年のとてもいいスタートを切れたそうです!

report

K.A.さん

voice-6「英語deボランティア」に参加したのは2回目でしたが、やっぱり緊張した。英語を使う機会を得るために参加したので、なるべく英語を使うことを心掛けたが、彼らの英語はすごく速く、そのスピードについていけない事が多かった。でも前回よりも、何の話をしているのか、ざっくりとした会話の内容は理解できるようになってきたと思い、その点は、嬉しかった。今回、驚いたことは、外国の方もお寿司について来る「ガリ」が好きだということ。とにかくガリを大量に皿に盛り、お箸で器用に食べているのを見て、It’s great! と思った。彼らはガリの事をginger picklesと言っていて、日本の庶民的な食べ物も英語で言うと洒落た食べ物に感じた。そういった心の中で思った事をすぐに英語で表現出来たら良いのに、とじれったい気持ちになった。もう一つ、印象に残っているのは、日本語と英語の違いについて話していた時、ひらがな・カタカナ・漢字・ローマ字の中で、カタカナが一番難しいこと、読みに音読み訓読みがあって難しいこと、英語だったら帽子、服、アクセサリー等、身に付ける時はwear を使うけど、日本語では、履く、被る、着る、かける、付けるなど、物によって、言い回しが異なること、そういった内容に盛り上がった。彼らは、独特な日本語の言い回しを楽しんで学んでいるように感じた。沢山の国の中で何故日本を選んでくれたのだろうか?それも英語で尋ねたらよかったと今更後悔しているけど、とにかく、日本に来て楽しんでいただいているということは嬉しく感じた。今回の参加を通して、もっとヒアリング・スピーキングを強化して、彼らの雑談にすっと入って楽しむことが出来るようになりたいと強く感じた。

 

田畑さん

voice-5今回は、日本語学校の学生さんが皆お上手で日本語ばかり使ってしまい簡単な質問のみ英語にチャレンジしました。

合気道という日本の文化をあまり知らなかったので面白かったです。外国の方の方が日本の文化を知っていてすごいと思いました。次回は、少しでも多く英語を話せるようにしたいです。

M.I さん

voice-4FCCの皆様新年明けましておめでとうございます。また生まれ変わった気分で、英語を勉強するのが私の今年の目標です。さっそく1月12日(祝)に行われたボランティアに参加しました。今回はお寿司作り、合気道体験とscavenger hunt(スカヴェンジャーハント:日本の借り物競走ようなゲーム)と盛りだくさんでした。

私が一番面白かったのは、スカヴェンジャーハントです。私たちのグループは「護国神社で南区からきた人と一緒に写真を撮る」というのがミッションでした。途中いろん話をしたり、留学生達が初対面の日本人に質問したりするのをサポートしたり、神社の説明をしたりしているとあっという間に時間が過ぎてしまいました。一番印象に残っている事は、ドイツの学生さんで高校と大学の間に自分のやりたいこと、例えば留学やボランティアなど、自分の興味ある活動に参加したり、チャレンジしていたことです。私が10代の頃を思い出し、いろんな選択肢を持って国境をひょいと飛び越える彼らのたくましい姿に大変羨ましい気持ちと、いくつになっても広い視野と好奇心を持ち続けたいなと新しい目標ができました。

 

松田さん

voice-1外国語を勉強する時に、一番(私にとって)大切なのがアウトプットの時間の確保です。異なる文化を持つ人に自分の考えを的確に伝えられるか、という面を重視し、自身のレベルの確認をするために利用させて頂きました。今回は、チームのメンバーが流動的でしたが、各国の生活(労働環境や生活様式)について深く話が出来たので、とても勉強になりました。また色々な企画にチャレンジさせて頂きたいです。

 

M.S.さん

voice-31度にたくさんの国の方とお会いすることができました。普段の私の生活ではあり得ない経験だったので、すごく緊張しましたが、一緒に合気道をしたりお寿司を作ったり神社に行ったりと、何か一緒の目的を達成することが、話題作りになったり楽しむことができました。ただ、日本語が上手な方が多く、ついつい日本語でしゃべってしまい1番の目的である英語を使う事が上手くデキなかった事が私の反省です。でも、このようなきかくがない限り、生の英語を使うことはないので、とても貴重な体験になりました。どうもありがとうございました。また、是非参加したいと思っています。

 

Y.S.さん

voice-2非常に楽しく、良い経験ができました。参加できてよかったです。参加者が様々な国から来られているからか、同じ英語でも発音?雰囲気?が違って聞こえました。発音も大事なのでしょうが、コミュニケーションをいかに取るかの方が大切に感じました。驚いたのは日本語を話せる人が多く、みんなペラペラだったことです。英語の勉強を彼らのように楽しみながら話せるようになりたいと強く感じました。

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.