英語で学ぼう!

study-logo

「英語で学ぼう!」は様々な分野について英語で学ぶ課外授業です。好きな事や興味のある分野を学びながら、英語も学ぶ事ができます。

 

 

過去の「英語で学ぼう!」

第6回:ロシア料理

第5回:メキシコ料理

第4回:芸術(ドローイング)

第3回:テストドライバー

第2回:医療

第1回:医療

第6回-ロシア料理

今回のゲストは、ロシアで生まれ育ち、16歳からスコットランドに住むディミトリさん。

お母さん直伝の「ボルシチ」の作り方を教えてもらいました!

またレクチャーでは、日本ではあまり知られていないロシアのお祝いや食事の文化についても、講義していただきました♪

Borscht2-PR

 

 イベント内容

[メニュー]Borscht(ボルシチ)+パン&サラダ、etc.

[日時]6月11日(日)10:30~16:00

[講師]Dmitry Ser

Dmitry

 

 

 

 

 

 

 

 

[対象]LSⅢ以上の受講生
[定員]10人
[参加費用]1レッスン+4,000円 

[聴講生]LSA ~ LSⅡ
[定員]5名  
[参加費]4,000円

 

 DSC_6432

DSC_6439

DSC_6441

DSC_6458

DSC_6461

DSC_6466

DSC_6470

DSC_6474

DSC_6482

DSC_6487

DSC_6492

DSC_6507

 

 

参加者の声

 

cm03

「はじめて参加しましたがとても楽しくロシア料理を習うことができました。ディミさんの料理の手ぎわの良さにびっくり さらに味もよくみんなで完食しました。ロシアの事を詳しく話してくれて有意義な時間でした。」(比嘉さん)

 

cm02

「前々からロシア料理に興味があったので参加できて嬉しかったです。日本で食べるロシア料理とは味が違っていて、本場の味を知ることができてよかったです。(とてもおいしかったです。)ロシア料理だけでなくロシアのことについても学べて大変有意義でした。(渡辺美代子さん)

 

cm01

「家族に“ボルシチ”というものを食べさせてあげたい、という気持ちだけで、参加させていただきました。料理で使うフレーズも勉強になりましたが、料理しながらの英語はなかなか出にくいものです。またロシアについてのレクチャーは歴史や文化等、興味深いものでしたが、「もっと英語が分かれば、もっと感動できるのに」とつくづく感じました。今後の課題が少し見えたような気がしました。」(M・Wさん)

 

第5回-メキシコ料理

今回のゲストは、メキシコシティのホテルでシェフとして働いていましたホルヘ・ガルシエさんです。メキシコの代表的な料理を選んでいただきましたので一緒に作って、食べて、ラテンを感じましょう!

メニュー:Enchilada(エンチラーダ) & Guacamole(ワカモレ)

ドリンク:ビール(メキシコ風の飲み方をします。) 又は、フルーツジュースをご準備します。

 

 イベント内容

[日時]3月5日(土)
    午後4時00分~午後8時30分
[場所]レンタルカフェ柾(マサ)
          【那の津通り沿いKBC前】
[講師]ホルヘ・ガルシエさん
    (シェフ/メキシコ出身)

[対象]FCC受講生
[定員]20人 (最少催行人数10人)
   ※定員を超えた場合は抽選となります。
[参加費用]受講数1レッスン & 4,000円

  IMG_6033.JPG IMG_6034.JPG IMG_6035.JPG IMG_6037.JPG IMG_6039.JPG IMG_6041.JPG IMG_6043.JPG IMG_6044.JPG IMG_6046.JPG IMG_6047.JPG IMG_6049.JPG IMG_6050.JPG IMG_6051.JPG IMG_6056.JPG IMG_6058.JPG IMG_6059.JPG IMG_6060.JPG IMG_6061.JPG IMG_6067.JPG IMG_6073.JPG IMG_6072.JPG IMG_6081.JPG IMG_6082.JPG IMG_6085.JPG IMG_6086.JPG

 

 

参加者の声

須之内絢子さん
「メキシコ料理編」というおもしろそうな企画に惹かれて参加しました。初めてメキシコ料理を作って食べて大変楽しかったです。また参加させて頂きます。stu-voice17

T.K.さん
This time, I enjoyed cooking and talking with other FCC students.  Especially, chatting time with a wonderful dinner was pretty nice because I could know their ideas that how they keep on having their motivation and studying.  And I also could know one of the famous Mexican dishes.  Ishibashi san, thanks for cheering me up anytime.
stu-voice18

R.S.さん
同じレッスンを取っていない人達と交流できて良かったです。ホルヘさんには料理だけでなくメキシコの文化のことも教えてもらってとてもためになりました。st-voice10

 

M.M.さん
初めて参加しましたがたくさんの方々とお話ができてとても楽しかったです。メキシコ料理も初めて作りましたが、留学生の方が分かりやすく教えてくれ美味しく作ることが出来ました。また機会があれば参加したいです。
st-voice11

 

直人さん
英会話だけでなく食文化も学ぶことができて楽しく過ごせました!

st-voice12

 

M.W.さん
初めてのメキシコ料理に挑戦しました。先生の教え方もとっても丁寧でまたうちで作れそうです。油はほとんど使わず、使う肉はササムや胸肉でとてもヘルシー。いただいたソースはミートローフにかけていただきましたが、とてもおいしかったです。万能ソースです。また料理クラスがあれば、ぜひ参加したいです。st-voice13

 

R.I.さん
参加して本当によかったと思います。日頃、お会いすることのない生徒の皆さんと交流ができてとてもいい刺激を頂くことができました。料理もとても美味しく、また機会があれば参加させて頂きたいと思います。
st-voice13

 

A.K.さん
レシピだけならネットでも見ることができますが、実際に本場の調理を見せてもらうと、文化の違いを感じることができておもしろかったです。調理中に使われる言葉などは学習機会がないので、新しい単語も知ることができました。是非また開催してほしいです。
st-voice15

 

大場悠生さん
普段はあまり料理をしないのですが、とても楽しかったです。作り方も簡単でおいしかったので、自分でも作ってみたいです。またぜひ参加したいです。
st-voice16

第4回-ドローイング

今回のゲストは、画家のジェームズ・ロサーハム(英国)さんです。イタリアで美術教育を受け、300年以上前から続く絵画や彫刻の様々な技法を学び ました。油絵の中でも人物画を描くことを専門にしています。作品を見せて頂きましたが、ヨーロッパの画廊を訪ねた気分になりました。 

欧米の美術教育の基礎学習の一つがドローイングです。今回の「英語で学ぼう」では、指導を受けながら生身のモデルを描いてドローイングを行なった後、ワークショップを行うことになっています。単に写生するものとは違い、どのようなコンセプトワークがあるか楽しみです。

絵を描いたことがない方でも、描くことに興味にある方であれば、きっと面白いと思って頂ける内容です。また、このような機会はめったに思いますので、ぜひご参加下さい。

 イベント内容

[日時]9月19日(土)16:45~18:45
            (休憩15分を含む)
[場所]FCC
[講師]ジェームズ・ロサーハム(画家・英国出身)、
            モデル

[対象]FCC受講生(LSⅢ以上又は初級Ⅱ以上)
[定員]8名(最少催行人数3名)
[参加費用]受講数2レッスン

[聴講生]LSA~LS2(ドローイングは出来ますが、講師からの指導はありません)
[定員]5名
[参加費用]2,000円(税込)

[参加方法]電話又はメールでお申込み下さい。
【電話】■0120-78-2234092-474-2234 
【メール】activity@fcc-english.co.jp

 (例)英語で学ぼう!に参加希望。中級2/山田太郎

 

参加者の声

A.K.さん
授業とは違い、ノンストップで説明が続くので美術の知識がないと難しいなと思うところもありましたが、自分の英語力がまだまだだと知ることができるいい機会になりました。絵を描くことは本当に久しぶりでしたが、とても楽しかったです。
st-voice8

N.T.さん中学以来絵を描いたことがありませんでしたが、やっぱり絵の才能はゼロだとわかりました。英語での指導は新鮮でした!
st-voice9

石津繭美さん楽しめました。やはり分からないところもありましたが、参加して新鮮でした。
st-voice7

 

posted by (C)FCC英会話

第3回-テストドライバー

今回のゲストは、世界の最高峰のサーキットでテストドライバーをしていたモーリス・スロストフロアーさん(オランダ)です。テストドライバーとして車の限界を試さなければならなかったので、常に危険と隣り合わせの体験をしてきました。

モーリスさんは多くの試乗をしてきた4年間の体験から、車は、広い意味で作り手の国の文化が凝縮されたものだと考えています。その上で日本車を世界一だと位置づけています。車の知識がない方でも充分に楽しんでいただける内容ですので、皆さんのご参加をお待ちしています。


【講師】モーリス・スロストフロアーさん(オランダ出身・元テストドライバー)
【日時】2月28日(土)午後5時~午後7時30分(休憩15分)
【場所】FCC


【対象】LSⅢ以上の受講生(LSのクラスを取っていない方は初級Ⅱの方は、石橋または荒牧にご相談下さい。)
【定員】8人(最少催行人数:3人)
【参加】受講数:2レッスン


【聴講生】LSA ~ LSⅡ
【定員】5名  
【参加費】2,000円(税込)

ご不明な点がありましたら、石橋または荒牧にお尋ね下さい。

【参加申込開始】2月5日(木)午後12:30
【締切】2月15日(日)午後5:00

電話または受付にてお申込下さい。先着順に受け付けます(定員を超えた場合は、初めての方を優先致します。どうぞご了承下さい。)。 参加者が決まりましたら、ご本人に直接お知らせ致します。

 

【準備するもの】課題がありますので、それを考えて来て頂きます。

2回目-医療

さて、2回目の「英語で学ぼう!」ですが、前回に引き続き今回もカナダ出身の医師マーカス・ラウさんを講師に迎え行います。
そして、4月27日に開催される「スピーキング☆カフェ」のゲスト留学生であるフランス出身のローレンさんと、オランダ出身のスティーブンさんが、今回の「英語で学ぼう!」に受講生として参加して下さることになりました。
カナダだけでなくフランスやオランダの話もシェアできるこの授業は、掛けがえのない体験になると思います。

テーマ

もしあなたが、「命が脅かされる状態のガンである」と宣告されたら

※終了致しました。

【日時】5月10日(土) 17:00~19:00(休憩15分)
【場所】FCC
【講師】マーカス・ラウさん(カナダ出身 麻酔科医)


【対象】中級Ⅰクラス以上の受講生
   (初級Ⅱの方は、石橋または荒牧にご相談下さい。)
【定員】10人
【費用】4,320円 
 ※5月9日(金)までに受付にてお支払い下さい。


【聴講生】基礎Ⅰ~初級Ⅱの受講生
【定員】5名
【費用】1,620円 
 ※5月9日(金)までに受付にてお支払い下さい。

受講生の感想

★福元ゆかりさん
マーカスさんが参加者全員が話しやすい雰囲気を作ってくれたので初めての参加でも発言しやすかった。今回は関係分野に勤めている留学生の参加もあって貴重な話が聞けて良かった。 オープンディスカッションのシーンはもう少し参加者同士活発に話せたらよかったと思う。ディスカッションというより発表に近かったように思うので。 次の機会もぜひ参加したいです。

★恭子さん
大変勉強になりました。日本では沢山の薬を使うので、日本だけかと思っていたら、カナダでもそうだったのでびっくり。緊急のシステム保険のシステム安楽死についても違いがよく分かりました。医療と法律はとても密接していて、それは日本より進んでいると思いました。このような会をもっとして頂きたく思います。他国との比較により日本の事をもっと理解できるようになるということを実感しています。

★筒井由梨子さん
今回初めて「英語で学ぼう」に聴講生として参加させていただいて、実際に自分が英語で意見を述べられるようになったらどんなに楽しいだろう・・・・・ということを一番強く思いました。 カナダ、フランスやオランダの医療や考え方に触れる事ができ、医学生として英語を話せるようになりたい!!! という意欲を掻き立てる良い影響を受けました。 また、先生が分かりやすく話して下さったので、思ったより英語を聞き取ることができ、自信になりました。

201505-1イメージを使って非常に分かりやすい。

201505-2マーカスさんのおちゃめな部分も垣間見れました♪

1回目-医療

【日時】 2月8日(約2時間/15分間休憩)
【講師】 マーカス・ラウさん(カナダの麻酔科医)
【テーマ】国による医師と患者の関係性の違い
【課題】 講義後、事前に出された課題に対してエッセイの提出
※マーカスさんのご好意により、添削の上、コメントを添えて返されました。

 lecture=1 member

 

受講生の声

★園田和倫
マーカスさんの人柄の良さが最も心に残りました。職種は違いますが、患者さんと接する上での心構えの大切さを再確認出来ました。

★加藤富美子
初めて教室以外での講座に参加したので、非常に緊張しました。日本とカナダの医療の違いがとても興味深かったのと、同じ人間なので根本的に人に対する感情は同じなんだと思いました。

★Kさん
私 はスピーキングが得意ではないのでディスカッションに不安を感じていました。でも、マーカスさんは一人一人の経験談を引き出す形でクラスを勧めていかれま した。ゆっくり話しても参加者の意見を丁寧に聞いてもらえる雰囲気なのがよかったです。時に真剣に、時に笑いを交えつつの楽しいクラスで、石橋さんの終了 の声がかかるまで全く時間が気になりませんでした。

参加者の声-英語で学ぼう!

参加者の声

2015年2月28日

今林さんst-voice-6

私自身は大変よい経験でした。全て英語で2時間プレゼンを体験したのは初めてです。途中眠くなるかなと思ったが、全くなくあっと終わってしまった。プレゼンのテーマが来るまでよかっただろうと思いました。最近プレゼンはビジネスには欠かせなくなった。日本の様にあうんではダメだと先週TVで見ました。外国人と仕事をする場合です。

今回のプレゼンでgood and badと自分で思うこと、

1)時間割を用意されていました。見られるようにしてほしかった。何時から何時まで、自己紹介、内容とか。

2)What do you think?とモーリスからの質問が多かった。それに対してのアンサーが少なかったようだ。先週、何かの本を読んだ時、日本人は自分の考えを話すことができない、と書いてあり。日本の英語教育には自分の考えを伝えることがないからかとも、またテストにもない。私もこの質問に答えられるようにしたい。トライしなければと思う。相手に伝えることをしなければ、会話にならない。仕事も同様と思う。

 

N.T.さんst-voice-5普段車には乗らないし興味もない私でしたが、とても楽しく参加できました。各国の車がその国の国民性や特徴を表しているというのが、目からウロコでした。以後、街中の車を目で追わずにはいられなくなりました(笑)

 

A.S.さんst-voice-4プレゼンテーションがしっかりしていて、良い授業だったと思います。
リスニングのよい勉強になり、もっと英会話を勉強しようとモチベーションが上がりました。

 

T.A.さんst-voice-3私自身は車に対して、そこまで興味はなかったが、それでも楽しめるコンテンツで非常に有意義な時間をすごせました。自身の英語技能を高めればもっと楽しむことができたろうなとも感じ、今後の学習の原動力にしていきたいです。

 

須之内絢子さん

st-voice-2今回、聴講生として参加させて頂きましたが、普通の授業とはまた違った雰囲気の中で英語を学ぶことができ、大変楽しかったです。車と国民性についてのプレゼンで、私は時々車の特集番組を見る程度ですが、車に少し興味があるので、更に面白かったです。次回の英語で学ぼうも是非参加したいです。

 

竹嶋さん

st-voice-1初めての参加です。どこか堅い雰囲気や少し難しいのかな?と思っていましたが、そういう風でもなく、ワクワクしながら机やイスを準備して向かえました。予想通り全く聞き取れず(笑)けど興味のある分野(テストドライバー、世界の車事情)だったので聞き入ってました。休憩時間にジュースやお菓子も出ましたし、英語で学ぼう終了後もゲストの方と話す時間があり、「英語で学ぼう」で聞けなかったことを沢山聞くことができとても楽しかったです。聴講のみでしたがホワイトボードにかくボキャブラリーな単語を書き取りしたり、自分が質問されなくても「何ていうかな~?」て考えたり、色々と刺激になる内容でした。

 

K.N.さんsp-voice-4普段、一緒にならない上級クラスの人と、海外文化について英語でディスカッションできて、とても楽しい時間でした。色々なことを話したいため、英語をさらに勉強しようと思いました。

 

FCC受講生さんsp-voice-5車に対する知識が全くないこと、これまで各国のイメージを考えたことがなかったので、苦手なリスニングが更に難しかった。ただ、もっと分かるようになりたいとモチベーションが上がったのと、他の受講生と会話できるきっかけになったのでよかった。

 

川崎さんsp-voice-6理解度としては3割ほどだったと思います。自分の知らない世界を知れ、自分の足りない部分を知れ、今後の学習の方向性を確認することができました。

 

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.