夢はバイリンガル看護婦!

藤岡 美保さん ’01年03月入学

●看護婦の藤岡さんは厄払いの為(?)に英会話修得を決意。 FCCの体験授業を受け、「前に通った学校と比べ、講師のレベルが格段に高い。かつ、福岡で一番厳しいと聞き、決めました。」

●英語は全くの初心者だったが、昨年の夏のシリアの旅では現地の人と存分に会話ができるようになったとの事。「以前は夫に頼り切りだった海外旅行も、今は自分で会話ができて楽しい。人生が変わりました。」

●TOEICも入校後半年で150点アップ。今は夫婦揃ってFCCで切磋琢磨の日々を送っているのだとか。「FCCは文法やスピーキングなど授業が多彩で、仲間も皆熱心で真面目。この環境が上達の早道ですね。次の旅はコスタリカとモンゴル!英会話ができるバイリンガル看護婦が夢です。」

ハワイに留学中です

永島 美志さん ’00年08月入学

●永島さんはFCCに1年通い、11月中旬からハワイへ語学留学。

●「生活を変えたい、英語を話したい」と思い、大手以外のFCCとB校を訪問。B校はサロンの様。でもFCCの授業内容は全く違った。FCCは会話の他に文法・ディスカッション・TOEIC等多彩。宿題や英語日記もある。「悩みましたが、サボリ癖の自分には厳しいFCCだと入校しました。」

●TOEICも約200点アップで留学へ。「苦手だった英語も今は授業が楽しい。英語日記や宿題も今では習慣に。熱心な仲間も刺激的。無料のFCC英文庫も毎週借りて読み、テープも毎日聞いています。国際関係の仕事が夢です」

私が3年もこの英会話学校に通う理由

葉吹 信弘さん ’99年02月入学

●葉吹さんは外資系石油会社のセールスマネージャー。まさに英語が必須の職場だ。

●「妻が情報収集をしてFCCを見つけ、説明と体験授業に納得・入校。もう3年目です。」現在は中級会話・TOEIC・ディスカッションのクラスを受講。TOEICは入校時550点が710点に。「MBA社内留学制度の資格がTOEIC800点。来年の1月にはクリアしたいですね。」

●「宿題添削やカウンセリングも徹底。費用もリーズナブル。大手校にはない適度な大きさで、スタッフ・講師・生徒も皆フレンドリー。前向きでまじめな人にはFCCはお勧め。将来海外の拠点で働くことが夢ですね。」

毎日英語に接しています!

増野 弘子さん ’01年02月入学

●増野さんは2年間の独学を断念。厄年の今年、一大決心をしてFCCへ。 「FCCは入学勧誘が一切なく、授業内容も他とは違いました。今は大満足しています。」

●現在は週に2回通学。「宿題も英語日記提出も毎週ですが、その半強制的な環境がいい。まだ半年ですが、リスニング等は明らかに上達しました。」無料のFCC英文庫も毎週借り、毎日30分でも英語に接するようにしているという。

●「ビアパーティ等、皆とのコミュニケーションも活発。教室は質素ですが、アットホームさがいいですね。」将来は、”国際イベントでのボランティア通訳”が夢だそうです。

夢は海外一人旅と留学!

石丸 仁実さん ’01年02月入学

●石丸さんは独学に限界を感じ、英会話学校を検討。 「でも、友人から英会話学校は勧誘がスゴイと聞いたんですが、FCCは誠実な説明のみで好感。教室も資料も質素ですが、異色な授業内容で選びました。」

●現在は会話+TOEIC・文法クラスを受講。「文法等の基礎は大事ですね。それと、FCC名物の英語日記。毎週の提出は厳しいですが、添削で勉強になる。FCCは規模が小さく、生徒同士の交流も密。熱心な人が多いので、励みになります。独学時代とは雲泥の差ですね。」

●学生時代は馬術、今はバレエも習う活発な石丸さん。将来の夢は海外一人旅と留学だそうです。

TOEIC300点アップの秘訣

納富 祐子さん ’00年08月入学

●納富さんは、わずか1年でTOEICが約300点アップ。 「元々が低かったですが、自分でも驚いています。ホテル勤務とFCCの毎日ですが、楽しくて仕方がないです。」

●英語は全く初心者だったが、「友人からチェーン校より単独校の方が面倒見がイイと聞き、ピンと来たFCCへ。勧誘もなく、授業内容の独自性に納得して入校を決めました。」

●通勤時に英文庫を読み、予習復習も欠かさない。「毎週の英語日記はキツイですが、仲間も皆熱心で、切磋琢磨の環境が良いです。FCCに来る度にヤル気になり、生活にメリハリがついて楽しい。来年の留学に向け、今はワクワクの毎日です。」

FCC経由で留学へ

桑野 孝浩さん’99年04月入学

●桑野さんはこの7月より地元企業の留学制度により、南カリフォルニア大学大学院の経営学コースへ留学する。 「留学によるビジネススキルと語学力の向上は入社以来の目標で、この2年は仕事と英語に没頭しました。」

●「前は別の学校に通ったんですが、その場限りの授業になりがちで、なかなか向上しませんでした。今回は留学した先輩も通ったFCCを教えてもらい、迷わず入学。口コミの信頼性は高いですね。」じっくり実力をつけたかったため、大手チェーン校は考えなかったという。

●「FCC経由で留学した社員は僕で3人目。FCCは英語日記も毎週必須で厳しいのですが、講師のスキルが高く、生徒を誘導してくれます。他校に比べ授業内容がかなり充実しています。 基本会話以外のディスカッションやTOEICなど強化クラスがお勧めですね。お陰でTOEICは800点に迫りました。この留学を機に、高度なビジネススキルやグローバルな視野を備えた人材となりたいですね。」

英会話はやる気次第!

石橋 洋子さん’00年03月入学

●石橋さんは昨年、東京の大手企業を辞めて福岡へUターン。現在は夢を模索中だ。

●東京時代も英会話学校に通学したが、退職を契機にじっくりやろうと決意。「多くの英会話学校を廻って比較検討しました。

●FCCを選んだ理由は ①代表自らの対応による信頼感 ②他と違う授業内容 ③TOEICアップを重視した保証コースがある ④規模が小さく、勉強しやすい環境・・・などです。」

●以前に通った学校は単なる日常会話授業で力がつかなかったという。その点、FCCは文法やリーディング等の強化クラスで、履歴書に書ける英語力=TOEICアップに注力している。

●「英会話はやる気次第。授業の中身+いかに生徒のやる気を引き出してくれるかも学校選びのポイント。FCCは生徒の個別面談・レベルチェックが定期的にあり、講師とカウンセラーが適切にアドバイスしてくれます。小規模校+担当クラス制の利点ですね。それにココは生徒の勉強意欲が高く、刺激になります。将来の夢に向け、まずは海外留学が当面の目標です。」

勧誘が無かったFCCに好感!

岡崎 広美さん(社会人)’99年10月入学

●岡崎さんはこの3月で5年間のOL生活に別れを告げ、秋迄にニュージーランドへ留学する。 「2年越しの夢です。今からワクワクしています。」

●留学経験のある友人等の影響を受け、自分も何かしたいと思ったのが2年前。しかし、英語に自信がなかったので、まずは英会話学校へ行こうと決断。色々回ったが、その場で強引に契約させられそうになり不安に。

●「友人が通っていたFCCに行くと ”他校も沢山回って検討下さい” という対応に好感を持ち、決めました。」高校以来、英語は5年のブランクがあったが、受験英語と違った授業にのめり込んだ。「FCCでは会話以外に文法・リスニング・スピーキング等の授業が必須。今さら文法なんてと思ったんですが、受験英語とは全く違う授業で楽しい。FCC名物の英語日記は毎週提出ですが、添削・復習が勉強になるので欠かせません。」

●この2年は遊びも絶ち、留学準備の勉強と貯蓄に励んだそう。「FCCでの勉強・留学という目標と決断で人生が変わりました。将来は小学生向け英会話の教師などを夢見ています。」

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.