受講生の声

2002年 受講生の声

大キライだった英語が大好きになった私の理由

浦田 佳苗さん ’01年04月入学

●歯科衛生士の浦田さんは、中学・高校と英語の成績が赤点スレスレ。「英語の授業がないということで、高校は理系を選んだほど」大キライだった。そんな浦田さんが英会話に興味を持ったのは、歯科医院の慰安旅行でハワイに行ってから。「今まで3回行ったんですが、現地の人と話したくても日本語しか話せない。やっぱり英語が話せたらいいな、そして、いつかはハワイに住みたいという夢が膨らんできたんです。その為には、英語を勉強しなくてはと思うようになりました」。

●当初は独学しようと思ったが、なにせ英語は基礎も何もわかってない。まさに、”ジスイズアペン”のレベル。何を勉強したらいいかもわからない。それで学校へ通うことに。「様々な情報誌を見て、資料を沢山取り寄せました。どこも立派なパンフレットにキャンペーンの割引券とかも。そして、電話の勧誘も凄かったです。それに対し、FCCは簡単なパンフレットと手紙だけ。電話もかかってこなかったですね。でも、内容は一番心に響きました。説明を聞きに行った時も勧誘もなく、”よく考えて下さい”と言われたんですが、翌日には申し込みました」。

●入校時に受けたTOEIC模試の点数は85点だったが、半年後には200点を超えた。「今もそうですが、最初は小学生レベルでした(笑)。授業もドキドキで不安だらけ。でも、今は最高に楽しい。毎回新しい表現やフレーズを覚え、自分がレベルアップしているのがわかる。FCCが楽しくて仕方ないです。”FCCは宿題も英語日記も毎回提出するから厳しい”と言う評判ですが、そこが私が決めた理由。ラクだとサボって勉強しない性格ですから」。

●FCCの英語文庫は毎週読み、最近は洋画も少しずつわかるようになってきた。仕事柄平日は忙しく、今は日曜日に集中して2クラスを受講中。「英語も勿論楽しいですが、FCCで友達も沢山できました。今までは一つの職場だけでしたから、世界が広がりましたね。皆さん、いろんな目標や夢を持っていて良い刺激になります。私も、将来は外国で勉強&生活する夢を持てました」

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.