受講生座談会

気になる「FCC AWARD」受賞者の学習法

英語を学ぶ理由はそれぞれ。でも、FCCを選んで正解でした。

【有冨】
僕は最初、社員教育でFCCに入りました。だから特別な動機もなく始めたわけですが、初めて入ったクラスの雰囲気がすごくよくて…講師もクラスメイトも積 極的で「みんなで頑張るぞ!」って感じだったんです。今もその時のクラスメイトのほとんどがFCCで勉強を続けています。僕はそこで英語でコミュニケー ションできる楽しさを知り、この可能性を失いたくなくて、社員教育が終わった後も自分で通うことにしたんです。今も続けていられるのは、あの時のクラスの おかげですね。

【大木】
私は姉がオーストラリアで暮らしています。ずっと「姉の家族と英語で話せるようになりたい」と思いながらも、私は仕事と家事と子育てに追われていました。 FCCの学校説明までは受けたのですが、やはり無理だと思いました。すると赤峰さんが「夢は先延ばしにしてもいいんですよ。あきらめさえしなければいいん です」と言ってくれたんです。感動しました。その時「いつか通えるようになったら、必ずFCCに入ろう」と決めました。だから入校できた時は嬉しくて…あ れから4年通ってます。

【松本】
私は13年前に1年間イギリス留学をしたんですが、上手く英語が話せず、心残りでした。就職してからは忙しくてあきらめていましたが、結婚を機に主人が薦 めてくれたのでまた勉強を始めることにしました。翻訳家になるのが昔からの夢だったんです。職場にFCCに通っている人たちがいて、評判の良さに「ここに しよう」と…正解でしたね。

 

英語日記は、小さなドラマもいかに文章で盛り上げるかがテーマです。(大木)

【松本】
大木さんの英語日記の書き方を教えてください。

【大木】
私、書くのに時間がかかるんですよ。英語日記には5時間ぐらいかかってます。だから時間をつくるのが大変。毎晩、家事と子どもの世話が終わって1時間つく れたらいいほう。トピックを決めて、入れたいセンテンスを書き留めておいて、ある程度の流れをつくってから、最終的に組み立てます。

【有冨】
トピックはどうやって決めますか?

【大木】
新聞はよく読みますね。以前『ドラえもん絵描き歌』の作詞者は中学生だって記事を読んで、面白いからトピックにして、最後に絵描き歌を英訳してみたら、難しくて難しくて…大変でした。

【有冨】
絵描き歌の英訳って面白いですね。僕もトピックは新聞からよく拾います。記事をもとに自分の意見が述べられるから。原子力については7週連続で書きましたよ。

【松本】
私は海外の教育番組をよく見るんです。面白くてトピックにも使えます。

【大木】
あとは、子どもとの出来事とか自分の中の小さなドラマを、いかに文章で盛り上げるかですね。表現方法を変えてみたり、違う動詞を選んでみたり…辞書で使い方をチェックしたりもします。

【有冨】
本当に丁寧に取り組まれてるんだなぁ。

【大木】
それで時間がかかって…時間短縮が私の課題なんです。

 

語彙力は読書でつけます。言葉の意味も使い方も文脈で覚えられるから。(松本)

【大木】
松本さんのTOEIC940点って、すごいスコアですよね!

【松本】
TOEICは力試しだと思ってるから、特別な対策はしてないんです。ただ翻訳家を目指してるので、英文を速く読むことは努力しています。朝の出勤前に30 分間、教科書やリスニングの元原稿を音読します。通勤は往復2時間かかるので、英語の本を読んでます。スタッフの石橋さんに「読んだ本が自分の身長と同じ 高さにならなきゃ!」と言われてから、量をこなすようになりました。自分の好きなミステリーが多いのですが、最初は日本語で読んだことのある作品を選びま した。同じ表現の日本語と英語の違いがわかって、英語日記にも活かせますよ。夜は料理しながら、英語のテレビ番組を1時間くらい見ます。英語を書くのは週 に1回、英語日記を書くことだけです。1週間のうちにトピックを考えておいて、2~3時間で仕上げます。

【有冨】
読むことが、TOEICのためにもよかったんですね。

【松本】
受験して感じたのが、Readingの英文が大量で、速く読めなきゃ問題が解けないってこと。速読の練習が役立ちました。今はネットでも、1分間に何単語読めるか計ってくれるサイトがあります。読むスピードを上げる訓練になりますよ。

【大木】
語彙力はどうしたらつけられると思いますか?

【松本】
昔は単語帳とか使ってたんですが、今は本に出てきた単語や表現を文脈で覚えてます。お話の場面と一緒に、意味も使い方も思い出せるから。

 

吸収するには使ってみるのが一番。レッスンで活発に発言できるかがカギ。(有冨)

【松本】
有冨さんが理解が早いのは、その日のうちに復習を?

【有冨】
復習というより、レッスン中にどれだけ吸収するかを考えてます。最初は自分がちゃんと話せないのがもどかしくて。でも、発言するのをやめてしまったら、そ こで伸びなくなってしまう。だから「間違ってもいいや」と思って、自分から話すようにしています。発言することで、正しいのか間違っているのかすぐに分か りますし、講師も熱心に応えてくれます。それと、クラスメイトの発言がとても大切ですね。いろいろなことに気付かされますし、それに対する講師の説明が加 わることで考えの幅が広がります。レッスン中にどれだけ活発に発言出来るかが、僕の習得法のポイントです。

【大木】
レッスン中に吸収するだけじゃなくて、消化してるんですね。

【有冨】
僕は1日1レッスンだけ受けることにして、週4日通ってます。毎日英語に触れられるし、1レッスンだけなら集中できるから。レッスン以外は、仕事の昼休み に英語日記のトピックを考えたり、FCCに早く来てロビーで勉強したり…隙間の時間を見つけるのが大変ですね。だからこそ、レッスンでどれだけ充実できる かを大切にしてます。

 

共通の課題は、モチベーションの維持。「FCC AWARD」は大きな励みになりました。

【大木】
お二人はモチベーションの維持はどうしてますか?私は落ち込みやすいんです。落ち込んだ時は、木場さんの「かけこみでら」に行ったり、クラスメイトと話したりして、やる気を取り戻すんですけど。

【松本】
私は子どもの頃から競泳をやっていたんですが。その時に培った精神力が役立ってますね。結果が出ない時も、気長に続けていれば、振り返った時には成長しているはずだって、自分に言い聞かせます。

【有冨】
僕はクラスが変わった時に、全然わからなくなることがあります。そんな時は「劇的に上達することなんてない。でも、やらないと伸びないんだ」と思うようにしてます。

【松本】
私はしばらくスランプが続いていた頃、「FCC AWARD」をいただいたんです。嬉しくて、励みになりましたね。主人が喜んでくれたのがよかったです。

【大木】
私もすごいスランプの年に「FCC AWARD」をいただいた時は、まったく予期していなかったので思わず泣いてしまいました。コツコツ続けていたら報われるんだなとか、いろんな思いが込み上げてきて。

【有冨】
そうそう。僕たちは賞をもらうために勉強してるわけじゃないけど、賞をもらうことで、やってきたことが認められて、自分の成長を知ることができますよね。

【大木】
お二人の話で、またやる気が出てきました!

 

-皆さん、今日はありがとうございました。

 

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.