受講生座談会

私たちが県外から通う理由

FCCにしかない魅力が、私たちに遠距離通学を選ばせました。

【井上】
私はもともと福岡で暮らしていて、2年前にFCCに入校しました。昔からいつか海外で働きたいと思っていたので、英語の勉強が始 められて喜んでいたんです。それが今年の春に結婚し、熊本に引っ越すことになって…。でも、迷わずFCCに通い続けることにしました。家からFCCまで高 速バスで片道1時間半。すでに遠くから通っている受講生がいることも知っていましたから、自分もできない距離じゃないと思ったんです。FCCの「まじめで 厳しい」校風が私には合っているし、FCC文庫や英語deボランティアなどのレッスン外の環境も充実してるし、何より2年間で築いた講師との信頼関係が あったから。今は日曜の朝9時に家を出て、11時40分から夕方5時まで4レッスンを受けてます。

【町川】
私は一昨年、主人の転勤で広島から福岡へ来ました。もう広島に戻ることはないと聞いていたので、自分の仕事も辞めてきたんです。自由な時間ができたから、 念願だった英会話スクールに入校しました。ところが今年の春、再び広島に転勤の辞令が出て…もう頭を抱えました。FCCはやめたくないけど、広島からは高 速バスと新幹線を使っても片道4時間。さすがに不安で、広島の英会話スクールを何校か回ってみました。でもどこもしっくりこなくて…雑談のようなレッスン だったり、英語日記の添削が有料で2週間かかったり、受講生が3名以下になったらレッスンがなくなってしまったり。それで気づいたんです、「自分がどれだ け恵まれた学校にいたのか」って。福岡にいた頃はFCCから徒歩15分のところに住んでいて、FCCがしてくれることを当たり前のように受けていました。 でも実はスゴイことだったんですよ。FCCって講師以外のスタッフもいつも声をかけてくれて、親身になって相談にのってくれるでしょ。そんなスクールは他 にはありませんでした。だから「FCCに通い続けてみよう」と決めたんです。日曜の朝7時半に家を出て、10時半~14時半のレッスンを受けて、帰り着く のは夜9時過ぎ。それでももう2カ月続けましたよ。

【松田】
私はお2人とは少し事情が違うみたい。私はもともと佐世保の英会話スクールに1年ほど通っていたんです。でも思うように力がつかない気がしていて。そんな 時に新聞でFCCの広告を見たんです。英語日記の添削にFCC文庫の貸し出し…「ああ、私にはこれだ!」と思って、すぐにスクール説明を受けました。その 頃、仕事で各地を飛び回っている先輩がいて、私自身も仕事の研修で月1回は福岡へ来ていました。「月1回が週1回になってもやれるんじゃないか」と思った んですよね。日曜の朝8時半に家を出て、11時40分から夕方5時までレッスンを受けて、平戸に帰り着くのは夜9時。でも始めてみたら、もう4年やってま す。

【町川】【井上】
スゴ~い!!

 

移動中の車内は有効な学習時間。家より集中できるくらい!

【井上】
遠距離通学になると、移動中が大切になりませんか?私は高速バスの車内で、英語版のDVDをパソコンで観たり、海外のビジネス書を読んだり、スマートフォ ンでリスニングをしたりしてます。レッスンを受けた帰り道はいい刺激を受けてるから、また新鮮な気持ちで車内学習できます。

【町川】
私も高速バスの時間を有効に使ってます。2時間ごとに休憩が入るのを目安にして、まず計画を立てるんです。2時間で英語日記の下書きを終わらせるとか、本 をこのページまで読むとか。木場さんに言われたんですよ、「自分を追い込んでください。忙しい人ほど追い込めるし、効果もある」って。だから、もし2時間 で目標のページまで読めなかったとしても「これが私の今の実力」と思って本を閉じるんです。ズルズル続きは読まない。そうすると2時間本当に集中しますか ら。FCCが近かった時は「夜までかかってもいいや」なんてダラダラ宿題してたけど、今では常に時間を意識しますね。

【松田】
私はまず、家から駅まで運転する車の中でリスニングをします。一人だからスピーキングの練習もします。それから電車の1時間半はリーディングの時間にします。それ以外は家で毎晩1時間くらい日記や宿題をしてます。皆さんはどうしてますか?

【井上】
私はよく地元の図書館でネイティブの本を探して、家で読んでます。

【町川】
私は職場復帰したので、徒歩30分の通勤中にイヤホンでリスニング教材を聞いてます。シャドウイングが効果的だと教わったので、ブツブツ声に出しながら歩いてますよ。平日は忙しいけど、1日10分でも英語に触れるよう心がけてます。

 

遠距離通学で確かめた、自分が成長し続ける幸せ。

【井上】
FCCに通い始めて「何でも自分で調べて、自分で考えなきゃ」と思うようになりました。レッスンで必ず自分の意見を求められるからです。海外ニュースを見 たり、本を原文で読んだりしてみると、自分たちとは異なる考え方や、翻訳のニュアンスの違いに気付くようになりました。英語deボランティアなどで知り合 う留学生たちとのコミュニケーションも良い刺激になってます。入ってくる情報を整理して自分の考えをまとめるのに、今は通学中の時間が役立っていますね。

【町川】私も今は移動中の学習が充実してます。最初はできなかったけど、今では計画通りにこなせるようになりました。自分の実力を把握できると、それに合わせた計 画が立てられるようになるからです。人がいても集中できるようになったし、バスを降りる時の達成感が嬉しいんです。きっとFCCから離れて、それまで当た り前に感じていたものに感謝できるようになったことが、やる気につながっていると思います。

【松田】
実は私、昨年1年間休学したんです。仕事が忙しくなって。でもその間に、自分を見つめ直すことができました。それまでは遠くから 通うことに一生懸命で、レッスンを消化して満足してたんです。人見知りで、クラスメイトとも話せないし、ロビーで講師に会っても目を逸らしていました。そ れで復学する時に「消極的な自分を変えよう」と目標を立てたんです。ロビーで講師に話しかけられたら応えようとか、クラスメイトに話しかけてみようとか… ささいなことですけど、私には進歩なんです。自分が変わろうとして気付いたのは、FCCの最大の魅力は「コミュニケーション力を伸ばしてくれる」こと。講 師が根気よく質問を続けてくれるのも、私たちにパスをさせないのも、そのためなんだってわかりました。だったら私も「会話してなんぼ!」って言えるように なろうと思いました。だから今は休憩中にロビーにいて、いろんな方と話して刺激をもらうようにしています。

【松田】【町川】【井上】
これからも遠距離通学で、お互い成長しましょうね。

 

 

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.