受講生座談会

通って学んでこそ、得られるもの。

zadan_mainインターネットを利用して自宅でも英会話が学べる昨今ですが、FCC受講生の皆さんは時間をつくって当校へ通われています。今回はFCCへ通う選択をした受講生3人に、通学制スクールの意義や通い続ける為の秘訣について語っていただきました。

zadan_asai

浅井明さん
 2013年10月入校。中級-I・RGW-IIIを受講中。貿易商社に勤務しながら、週2日、平日の夜にレッスンを受けています。職場でも英会話スクールに通っていることを公言し、海外出張の機会を増やしたいと積極的に取り組まれています。

zadan_aihara 相原加奈子さん
 2013年2月入校。初級-II・LS-II・RGW-IIを受講中。仕事と両立させながら、抜群の出席率を誇っています。FCCのシフト制度を利用して、日勤と夜勤の日でクラスの時間帯を変えながら、上手に通われています。
zadan_ryu 龍未知世さん
 2014年9月入校。中級-III・LS-V・RW-Vを受講中。毎週土曜にFCCに通われていますが、休日出勤のため振替を利用されることもあります。スピーキングカフェや英語deボランティアなどにも積極的に参加して、実践力もつけています。

 

自分の英語力は独学じゃ測れない。だからFCCへの通学を決意。

asai-side

浅井/私は医療機器の輸入会社でエンジニアをしています。機械のマニュアルは英語だし、海外のメーカーで機械操作の研修を1週間ほど受けることもあります。でも、一方的に説明を聞くだけで質問はできません。さらに悲惨なのが会食の時間。会話ができず沈黙の食事が続きます(苦笑)。何とかしなければと、NHKの『ラジオ英会話』を録音し、テキストを見ながら20年間独学を続けてきました。その甲斐あってか、一度TOEICを受けたら、思ったよりスコアが取れて自信がつきました。でも独学では、実践で通用する英語力のレベルは測れません。それで英会話スクールをネットで探し、ネイティブの講師陣がいて、職場から近くてレッスンも遅くまであるFCCに入りました。

相原/私は看護師をしています。海外旅行に行くのが好きで、英語が話せたらもっと楽しいだろうと、浅井さんと同じく『ラジオ英会話』をやってみたのですが、長続きしませんでした。でも、このまま職場と家を往復する毎日ではいけないと思い、気分転換のためにも本格的に英語を学ぼうと決めました。ネットで英会話スクールを検索すると、大手スクールが1位になるのですが、私はFCCのネイティブの講師と英語日記の添削、そして「まじめで厳しい」という言葉に惹かれました。ここなら英語が身に付くだろうと思って、入校しました。

/私も仕事で英語は使いませんが、外国映画好きの父の影響で、幼い頃から英語が好きでした。英会話を学び始めたきっかけは、就職して3年目に鹿児島へ転勤になり、スキルアップにと英会話教室に入ったことでした。日本人講師の初級レベルの教室と外国人講師の中級レベルの教室に通い、友達もできて楽しくなった頃、福岡に戻ることになりました。次は実践で使える英会話を学ぼうと思い、ネットで「福岡 ボランティア 通訳 国際交流」で検索したんです。するとFCCが上がりました。「英語deボランティア」などのイベントや「大人のための英会話学校」という言葉に、働きながら活きた英会話が学べる気がして入校を決めました。

 

講師の熱心さと優しさに応えたい …その思いが努力し続ける原動力。

浅井/クラス決めの面談をしてもらって、FCCのクラスの多さを知りました。自分の今のレベルもわかって、適切なクラスに入れてもらえて有難かったです。

/私も入校してクラスの多さに気づいたのですが、3つのクラスに入ったら、全部テキストは違うし、講師も様々な国の出身で、その国の制度とか国民の価値観とかリアルな暮らしぶりを教えてくれます。一度あるクラスで「会議の生産性を上げるには」というテーマで話し合いました。職業の違うクラスメイトたちとの会話はとても有意義で、英語を介して新しい考え方を知ることができました。こんなディスカッションをさせてくれる授業は面白いです。aihara-side

相原/通い始めの頃は英語だらけのテキストについていけず、緊張し続けましたが、講師がいつもレッスンの始まりに「今週どうだった?」と聞いてくれ、ロビーでも気軽に話しかけてくれました。私の緊張をほぐそうとしてくれる講師の優しさに「今度聞かれたら、これを話そう」と携帯電話にメモする習慣がつきました。

浅井/講師にまず文法を教えてもらってから会話で実践するから、英語が身に付く気がします。宿題も英語日記もプレッシャーは感じるけど、書いたら読んでほしいし、添削も気になるしで、休まず通う原動力になってるかも。真っ赤になったノートに落ち込んでも、文法から単語の選び方まで細部に亘る添削には、講師のエネルギーを受け取る思いです。

相原/私は前学期の評価で講師から「リスニングが弱いので、CD付のFCC文庫を読むとよい」と勧められました。受講生の英語力を総合的に上げようと熱心に考えてくれていますよね。講師やスタッフが応援してくれるので「コツコツ努力していれば、いつか身に付くだろう」という気持ちになれます。

 

 仲間の存在が「まだまだ成長したい」という気にさせてくれます。

/「毎週土曜は英語の日」と決めるのは、そんなに楽じゃありません。でもFCCに来れば、私の他にも休日を返上して英語を学んでいる人たちがいるので、やる気をもらえます。

浅井/目標をもった人が周りにいる環境は有難いですね。海外留学を経験した人から話を聞いていると羨ましくなって「いつかチャンスがあれば、自分もしたい」と思うようになりました。独学をしていた頃には考えもしなかった夢です。

相原/英語を学ぶ目的は違えど、努力しているクラスメイトの存在は心強いですね。仕事で疲れている時も「FCCに来てよかった」と思わせてくれます。またスピーキングカフェなどで知り合う外国人留学生は日本語を学ぶ意欲が強く、英語を学ぶ私たちに良い刺激をくれます。様々な国の留学生と話す時「共通の言語は英語」ということも改めて感じます。

/時には思うように英語が喋れずに落ち込むこともあります。でもロビーで楽しそうに英会話している人たちを見て「私も学ぶことを楽しまなきゃな」と励まされたりもします。先日はクラスメイトが「ホームステイしている子に話しにおいで」と自宅に招いてくれました。FCCの仲間から得るものは本当に大きいと思います。

 

通い続けるには工夫も必要。でも夢ができたから頑張れます。

/土曜にFCCへ通う以外は、平日は仕事で英語どころではないですね。だから毎日往復1時間半の通勤時間にPodcastで英会話を聞いています。ryu-side

今の目標は海外に友達をつくること。いつかお互いを訪ねていけるようになれたら嬉しいです。

相原/仕事がシフト制なので、FCCもシフト制度を利用して通っています。FCCのカリキュラムには、私が受けるクラスが毎日組まれているので、シフト制度で困ったことはありません。FCCへ来る日のほうが、間に合うようにと仕事に燃えますね。

目標は外国人の患者さんが入院してきた時に「私が対応します」と言えるようになることです。海外の方に安心して日本に来てもらえるようにしたいですね。

浅井/私は出張もあるので、FCCを中心に仕事のスケジュールを組み立てます。以前は金曜の夜にもFCCに来ていましたが、飲み会の誘いを断り過ぎて、水曜の夜に変更しました(笑)。「そうまでしてでも来たい」と思わせるものがFCCにはあります。ここへ来れば、私は一人の学生。非日常の世界で学ぶことを楽しめるのが一番の良さだと感じます。

目下の夢は、仕事のメールを自分の英語でやりとりすること。今は翻訳してもらえるのですが、返信が自分の意図した答えになってない時があって。ストレスなく、自分の意志が英語で伝えられるようになるまで、学び続けようと思います。

─皆さん、ありがとうございました!

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.