柳川どろつくどん祭り2015

yanagawa2015

秋の英語deボランティアは福岡県柳川市の「柳川どろつくどん祭り」です。川下りをした後は、神輿の綱を引きながら「水郷の街・柳川」を楽しみます。総勢数十名の留学生と一緒に、楽しみながら英語を使う課外活動です。

voice

小林さん
初めて参加したので、最初は「ちょっと今日は大変そうだな・・・」と不安に感じましたが、留学生の皆さんは一生懸命でまじめに話してくれたので楽しく過ごすことができました。1日だけでもまるで留学したような気分を味わえました。せいろ蒸しもおいしかったです。voice-33

 

K.I.さん
川下りなどのんびりとした雰囲気で、時間もたっぷりあったので、留学生とのコミュニケーションの時間が多くとれた。参加する毎に益々度胸もつき、何でも良いから話そう、聞こうという気持ちで参加することができた。海外でも蒸した鰻を食べると言っていたのには驚いた。voice-31

 

木村優衣さん
貴重な体験でおもしろかったのですが、自分のグループの留学生がほとんど日本語が分からない生徒さんだったので、自分の英語力ではコミュニケーションをとるのがまだまだ難しいと感じました。もっと上達したらまた参加したいと思います。がんばります!voice-32

ラグビー観戦2015:日本代表vsウルグアイ代表@レベルファイブスタジアム

rugby2015

2019年に日本でラグビーワールドカップがありますが、今回の試合はその前哨戦が福岡で行われました。世界ランキングは、現在ニュージーランドが1位です。我ら日本は15位に位置し、ワールドカップではベスト8以内を目指しています。

この日参加した留学生は、オーストラリア出身の現役ラグビープレイヤー、学生時代ラグビーをしていたニュージーランド人男性、そして、サッカーが大好きなアメリカ人女性と、スポーツ派ばかりでした。FCCからは7名の受講生が参加、ほとんどが初めての観戦だったそうです。

博多駅から空港前まで地下鉄で移動し、そこからレベルファイブスタジアムまで歩いて行くのですが、既にそこでは初対面の緊張が和らぎ、会話が弾み出します。スタジアムに入ると、一般自由席はほぼ満員だったため、分かれて座らざるを得ませんでした。

パスを回しながら走るスピード、スクラムを組んで相手側をぐいぐい押しこんでいくパワー、そして、タックル。キックの場面は、静寂の中で集中する選手の緊張感が伝わってきました。試合は、日本が前半からリードし、追加点を入れて勝利!

試合終了後は希望者で食事に出かけましたが、留学生達が母国で普段話すようなスピードで会話したのでテンポ良く色々な話題に広がっていきました。スピード感に溢れた一日でした。
(観戦記 石橋)

report

2015年8月22日(土)

A.K.さん
ネイティブのスピードに圧倒されて、いかにFCCの講師の方々がわかりやすくゆっくり話してくれているのかを実感しました。ちょっと自分に失望しまいsたが、現実をしれるよい機会になりました。留学生の人数がもう少し多かったら良かったなと思いました。
voice-27

鈴木順さん
ラグビーのルール説明をするためには専門的な英単語の知識が必要だと強く感じました。
voice-28

石井愛さん
初めての「英語deボランティア」に参加しました。日本vsウルグアイの試合は、日本優勢の展開で日本のチャンスシーンが多く、とても見ごたえのあるものでした。特に前半は間近でトライシーンも見れたので興奮しました。細かなルールは分かりませんが、試合中は周りの熱気でとても楽しく観戦できました。試合中はあまり参加者と話が出来ませんでしたが、その後の二次会でたくさん話すことが出来ました。有意義な夏の夜を過ごせました。
voice-29

Y.H.さん
普段の授業よりも沢山英語が使えたり、お互いの文化を学んだりして、とても勉強になりました。
voice-30

2015年週末留学体験 『博多祇園山笠ウォッチング』

今年も福岡の夏の風物詩、博多祇園山笠を留学生と見学しました。見学するのは7月15日の追い山馴らし。お祭りのクライマックスです。元受講生が土居流のメンバーなので、臨場感伝わる穴場スポットを教えて頂き、他では味わえない体験をさせて頂きました!もちろん英会話も留学生と楽しみながら行い、色々な発見があったようです。

yamakasa2015
 
posted by (C)FCC英会話
 
 
voice
2015年7月15日
A.T.さん
始めはとても話せるか不安と緊張でいっぱいでしたが、いざグループになって動いてみるとジェスチャーと合わせて通じたので、とても楽しかったです。あまり日本語が話せませんでしたが、日本語も混ぜて話せて楽しかったです。また次回も参加したいです。
voice-19
 
小川幸さん
初めての参加で楽しみ半分、不安半分でしたが、非常に楽しく参加することが出来ました。ただ、「もっとうまく話せれば...」と思うことも多く、次にまた参加することがあれば、今度はもう少しうまく話したいとヤル気をもらえました。
voice-20
 
吉野ちひろさん
留学生との交流ができ、かつ迫力のある山笠を見ることができる最高のイベントでした。山笠に興味がなかった私が3年前に初めて追い山を見て感動しました。「英語deボランティア」は色々なことに興味を持つきっかけとなるので、山笠だけでなくこれからも積極的に参加したいです。
voice-23
 
R.M.さん
山笠ウォッチングに参加致しました。留学生の方々はみなさん日本とが上手で、勉強意識が高いので、自身のモチベーションアップにつながります。今回のウォッチングでは櫛田神社話をできなかったので、できれば次回、より福岡文化を体験するため行くことができればと思います。
voice-22

2015年週末留学体験vol.3 『ラーメンと餃子作り体験』

ramen2015

 

posted by (C)FCC英会話

voice2015年7月19日

M.S.さん
とても楽しかったです!が、もっと英語が出来たら、もっと楽しくなるだろうなぁと思い、今後の勉強への活力になりました。また、自分達で麺から作ったラーメンとぎょうざも格別においしかったです。どうもありがとうございました。
voice-26

K.U.さん
今回は日本語学校の学生さんが日本語が、皆お上手でしたので、コミュニケーションにはそこまで苦労しませんでしたが、できるだけ英語を使うように努力しました。料理で使う事おばって意外と、とっさに英語で出てこなかったりするので、次の機会のために語彙を増やそうと思いました。
voice-21

加藤晴香さん
初めてのラーメン作りを通して、生きた英語を学ぶことができました。有難うございました
voice-24

N.T.さん
ふだん料理なんてしないので、ラーメンと餃子とか作れるのか?と心配していましたが楽しく作れてしかも美味しくいただきました!手順とか餃子の包み方とか、もっと英語でうまく説明できればよかった・・・もっと精進します
voice-25

 

2015年週末留学体験vol.1 『福岡ソフトバンクホークス野球観戦』

yakyu2015

 

posted by (C)FCC英会話

 

6ヵ国から集まった7人の留学生と4人のFCC生とで福岡ソフトバンクホークス野球観戦に行ってきました。ヤフオクドームで働くFCC生のあゆみさんのお陰で、一番盛り上がる外野席の一列を確保することができました。

ゲームが始まるや否や、今、ホークスで一番の花形選手である柳田選手がホームランを放ち、スタンドが一斉に湧きました。が、しかし、少しずつ追加点を重ねていたライオンズが逆転し、試合はホークスが追いかける展開に。一方、3人の留学生以外は野球が初めてでしたので、FCC生が頑張って説明していました。

最終回までライオンズの勝利だと誰もが思っていたのですが、ヒットが続き得点を重ね、ついに逆転のチャンスが巡って来ました。そして、打席に立つのは4番の内川選手。観衆は息をのんでピッチャーとの勝負を見守っています。結果は、犠牲フライを放ち逆転サヨナラでホークスが勝利し、スタンドは大いに湧きあがりました。私たちも黄色い歓声を上げながらファンと一緒に勝利の喜びを共有できました。

その後、花火が打ち上げられ、ドームの天井が開けられて涼しい浜風が球場内に入ってきて、留学生は大喜びでした。「こんなに野球の応援が楽しいなんて全く予期していなかった。また、来たい。」と留学生。思い出に強く残る一日になったと思います。

参加者の声

Y.T.さん野球のことはあまり知らなかったけれど、ルールなどを英語で教えあったりして良かったです。野球を全然しない国があって、文化の違いが面白かった。
voice-18

河野さん
英語deボランティアは初めての経験だったので不安でしたが、楽しむことが出来ました。自分の言いたい事を伝えることはむずかしかったですが、伝えることができた時は、本当にうれしかったです!また参加したいです。 sp-voice21

Takeshiさん
野球に馴染みのない国の学生さん達に野球のルールから説明するのは大変でしたが、とても有意義でした。ホークスもサヨナラ勝ちして、勝利の花火もあり良かったです。sp-voice22

 

 

花見パーティー2015年

今回は桜を見ながらの茶道体験もできる、春恒例の英語deボランティア「花見パーティー」は舞鶴公園で行います。暖かくなってきたところで、留学生と一緒に楽しく英語を使いながらお花見をしましょう♪hanami2015

 

reportnew016_06
A.N.さん
今回「英語deボランティア」に2回目の参加でしたが、初回の柳川で皆が楽しく交流しているのにひとりだけ聞き取れない!しゃべれない!で硬直して孤立してしまいトラウマになってしまいましたが、勇気を出して花見に参加してみました。はじめは緊張していて、日本人ばかりと話していましたが、面白い留学生たちが沢山いて、笑わせてくれてるうちに緊張がほくれ楽しく交流できました。次は積極的に自分から友達をつくります!
voice-17

吉野ちひろさん
留学生の方々と交流し感じたことは、日本語を学ぼうとする熱心さです。英語deボランティアに参加すると、毎回自分ももっと英語の勉強をしようという気持ちになります。また、今回は茶道という日本の文化について知ることができ、とても良い機会でした。voice-16


津田和美さん

初めての参加でどんなことをするのかとても楽しみでした。茶道をしたのですが、日本人の私でもとても楽しめました。このボランティアに参加して、日本について知らないことがたくさんあるのだと気づかされました。そして留学生と異文化交流を通じて出会えたことに感謝します。
voice-15

new016_06
M.N.さん

いろんな留学生と話が出来て、とても楽しかったです。ゲームもいろいろとあって楽しかったです。また参加したいです。ありがとうございました。voice-14

new016_06
Y.I.さん

日本語を短期間で勉強している留学生をみて、私ももっとがんばろうと思いました。世界の各国から参加されていたので、異文化の勉強にもなり一石二鳥でした。voice-13


N.T.さん

天気もよく満開の桜のもとでのお花見、とても楽しかったです!スタッフの皆様、場所とり準備など本当に大変だったのでは・・・。英語で勉強するだけでなくいろんな楽しいイベントで良い経験をさせていただいています。FCC最高!voice-12


M.F.さん

初めてFCCの屋外のイベントに参加したけど、とても刺激的で楽しかったです。結構、日本語を話せる海外の方も多くて、英語で聞き取れなかったことは日本語で教えてくれたり、ある程度はコミュニケーションをとることができました。みんなすごくポジティブで、自分もがんばろうと思いました。voice-11


Y.T.さん

色々な留学生やFCC生と関わることができてよかったです。なかなかお花見をしながらお茶会をする機会がなかったので、良い経験ができました。またボランティア参加したいです。もっと英語ができたら、さらに楽しくなると思うので頑張ろうと思えました。voice-7


小宮さん
留学生と様々な話題で話すことができて、刺激的でした。留学生が日本語を学び、話している姿を見て、改めて英語を頑張るモチベーションが上がりました。満開の桜の下での茶道体験もGoodでした。本当にありがとうございました!voice-10


北川さん
留学を終えてから、英語を話すきっかけがなかったので、私にとってとても素敵な時間になりました。スモールグループで外国の方と話す時間もあり、とても仲良くなれました。voice-8


T.U.さん
母親に勧めてもらい、参加しました。最初は1人で参加で、とても不安でしたが、先生やFCC生、留学生の方々に優しく接してもらい、次からはこういったイベントに自分から参加します。voice-9

 

arrow-redさらに写真を見る

「お寿司・お雑煮作り」と「合気道体験」 2015年

※イベントは終了しました。

vol2015-01

先日、第1回目の「英語deボランティア」を終えた受講生の声をお聞きすると、気持ち良いくらいの負荷がかかって、2015年のとてもいいスタートを切れたそうです!

report

K.A.さん

voice-6「英語deボランティア」に参加したのは2回目でしたが、やっぱり緊張した。英語を使う機会を得るために参加したので、なるべく英語を使うことを心掛けたが、彼らの英語はすごく速く、そのスピードについていけない事が多かった。でも前回よりも、何の話をしているのか、ざっくりとした会話の内容は理解できるようになってきたと思い、その点は、嬉しかった。今回、驚いたことは、外国の方もお寿司について来る「ガリ」が好きだということ。とにかくガリを大量に皿に盛り、お箸で器用に食べているのを見て、It’s great! と思った。彼らはガリの事をginger picklesと言っていて、日本の庶民的な食べ物も英語で言うと洒落た食べ物に感じた。そういった心の中で思った事をすぐに英語で表現出来たら良いのに、とじれったい気持ちになった。もう一つ、印象に残っているのは、日本語と英語の違いについて話していた時、ひらがな・カタカナ・漢字・ローマ字の中で、カタカナが一番難しいこと、読みに音読み訓読みがあって難しいこと、英語だったら帽子、服、アクセサリー等、身に付ける時はwear を使うけど、日本語では、履く、被る、着る、かける、付けるなど、物によって、言い回しが異なること、そういった内容に盛り上がった。彼らは、独特な日本語の言い回しを楽しんで学んでいるように感じた。沢山の国の中で何故日本を選んでくれたのだろうか?それも英語で尋ねたらよかったと今更後悔しているけど、とにかく、日本に来て楽しんでいただいているということは嬉しく感じた。今回の参加を通して、もっとヒアリング・スピーキングを強化して、彼らの雑談にすっと入って楽しむことが出来るようになりたいと強く感じた。

 

田畑さん

voice-5今回は、日本語学校の学生さんが皆お上手で日本語ばかり使ってしまい簡単な質問のみ英語にチャレンジしました。

合気道という日本の文化をあまり知らなかったので面白かったです。外国の方の方が日本の文化を知っていてすごいと思いました。次回は、少しでも多く英語を話せるようにしたいです。

M.I さん

voice-4FCCの皆様新年明けましておめでとうございます。また生まれ変わった気分で、英語を勉強するのが私の今年の目標です。さっそく1月12日(祝)に行われたボランティアに参加しました。今回はお寿司作り、合気道体験とscavenger hunt(スカヴェンジャーハント:日本の借り物競走ようなゲーム)と盛りだくさんでした。

私が一番面白かったのは、スカヴェンジャーハントです。私たちのグループは「護国神社で南区からきた人と一緒に写真を撮る」というのがミッションでした。途中いろん話をしたり、留学生達が初対面の日本人に質問したりするのをサポートしたり、神社の説明をしたりしているとあっという間に時間が過ぎてしまいました。一番印象に残っている事は、ドイツの学生さんで高校と大学の間に自分のやりたいこと、例えば留学やボランティアなど、自分の興味ある活動に参加したり、チャレンジしていたことです。私が10代の頃を思い出し、いろんな選択肢を持って国境をひょいと飛び越える彼らのたくましい姿に大変羨ましい気持ちと、いくつになっても広い視野と好奇心を持ち続けたいなと新しい目標ができました。

 

松田さん

voice-1外国語を勉強する時に、一番(私にとって)大切なのがアウトプットの時間の確保です。異なる文化を持つ人に自分の考えを的確に伝えられるか、という面を重視し、自身のレベルの確認をするために利用させて頂きました。今回は、チームのメンバーが流動的でしたが、各国の生活(労働環境や生活様式)について深く話が出来たので、とても勉強になりました。また色々な企画にチャレンジさせて頂きたいです。

 

M.S.さん

voice-31度にたくさんの国の方とお会いすることができました。普段の私の生活ではあり得ない経験だったので、すごく緊張しましたが、一緒に合気道をしたりお寿司を作ったり神社に行ったりと、何か一緒の目的を達成することが、話題作りになったり楽しむことができました。ただ、日本語が上手な方が多く、ついつい日本語でしゃべってしまい1番の目的である英語を使う事が上手くデキなかった事が私の反省です。でも、このようなきかくがない限り、生の英語を使うことはないので、とても貴重な体験になりました。どうもありがとうございました。また、是非参加したいと思っています。

 

Y.S.さん

voice-2非常に楽しく、良い経験ができました。参加できてよかったです。参加者が様々な国から来られているからか、同じ英語でも発音?雰囲気?が違って聞こえました。発音も大事なのでしょうが、コミュニケーションをいかに取るかの方が大切に感じました。驚いたのは日本語を話せる人が多く、みんなペラペラだったことです。英語の勉強を彼らのように楽しみながら話せるようになりたいと強く感じました。

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.