クラスレベルは1番下からも、今では講師から最高評価

ishiba-top

仕事との両立が不安で、英語を勉強したいと思ながらずっと先延ばしにしていました。仕事を上手く調整できるようなって来たので、やるからにはちゃんと勉強しようと、「まじめで厳しいFCC」に通うことを決めました。

 

入校直後FCCで受けたレベルチェックのTOEIC模試は、鉛筆を転がして解答しようかと思うぐらいチンプンカンプンでした(笑)。結果も予想通りのスコアで、クラスレベルも一番下。英語が話せるようになるには何年かかるんだ!?と不安に思いました。

 

それでも、受講生の皆さんがまじめにちゃんと勉強している姿が励みになり、自分もちゃんと取り組むことが出来ています。授業の復習と英語日記は欠かさずやるようにしていて、最初は通勤中の車中ではひたすらフォニックスを聞いてずっと口ずさみ、今はCD付のFCC文庫を借りてネイティブの音に習って読んだりしています。

chat-ishibashi留学生を交えてのチャットルーレットマラソンでのワンシーン。

 

クラス内では恥ずかしがらず、とにかく発言しています。Warren講師は、発音を厳しくチェックしてくれるので意識できて良いです。以前、私の「pound=パウンド=重さ・通貨の単位」の発音を聞いたWarren講師が「IKE(池)!?」(pond=ポンド)と驚きのリアクションをしたのが衝撃で、この発音は一生忘れません(笑)。 よく過去に書いた英語日記を見返しては、「これを出してたの!?」とビックリしています。英語日記をまじめに書き続けてきたこともあり、RGW(リーディング・文法・ライティング)クラスでは以前に比べ英文を作るスピードがあがり、授業がより楽しくなりました。

 

3月の学期末評価表には、今学期からRGWのクラスレベルも上げて受講しても良いと講師から推薦を頂いたんですが、もっと基礎をしっかり固めた上で挑戦したいと思っているので、前学期と同じクラスを受講することにしました。
progress-report講師からの高い評価を得た、学期末の受講クラス別評価表。

 

その代り、力がおとるリスニング・スピーキングを強化する為、新たにLSクラスを受講することにしました。LSクラスに苦戦中ですが、次学期レベルアップ出来るように頑張っています。

 

先ずは、考えることなく普通に日常会話が出来るようになりたいです。そして、好きなお寺や神社めぐりで見かける外国人に、いつか話しかけてみたいです。

sp-ishibashiニュージーランドからの留学生と英語を通じて異文化交流♪

英語を通じて生涯学習できる場所

h-student年を重ねると保守的になって、恥をかくことをしなくなります。だから定年退職をきっかけに、一番苦手な英会話をやってみようと考え、大手の英会話スクールから地域のコミュニティーセンターまで、色々な所を体験してまわったけど、どこもしっくり来ませんでした。 »続きを読む

目標だったTOEIC600点達成、次はカナダ留学成功へ!

shimokawa-top

母からの勧めで、一応話だけでも聞いてみよう、とFCCに行きました。中高と英語が嫌いで避けて来ましたから、内心英語学校に通って勉強することにあまり前向きではありませんでした。しかもFCCは、ホームページに『すこし厳しい』って書いてあるし、当時高校3年生の私が社会人の方に混ざってついて行けるのかも、すごく不安でした。でも将来はホテルで働くと決めていて、どんどん訪日外国人が増えているので、英語が使えないとダメだ、しっかり勉強しようと決めました。 »続きを読む

入校時から6レベルもアップしたなんてびっくりです。

 

加藤さんー修正

加藤富美子さん
(2010年9月入校)

バックパッカーとして各国を回っていた頃、もっと英会話ができたらどんなにいいかと思っていたんです。結婚して子供が産まれてからは無茶なことをせず、英語も使うことなく時間が過ぎていきました。

»続きを読む

英語日記を書くことで、英語力アップを実感しました。

 

写真-変更

飯干惇也さん
(2013年10月入校)

1年後にはアメリカに本社を構える企業へ転職したいんです!小学生の頃、親の仕事の関係でシンガポールに2年位住んでいて、英語に触れることはあったんですが、しっかり勉強することはありませんでした。

»続きを読む

レッスン+英語を使って留学生と交流ができるFCC

榎本由香さん
(2010年4月入校)

「時間がない、お金ない・・・。」英語を話せるようになりたいと思っていながら、こんな言い訳で、ずっと始められずにいました。ネットでホームページを早速チェック。FCC英会話学校の「まじめで厳しい」校風や、赤峰代表の創立時の熱い思いを読み、始めるならここ!と思ったのが入校したきっかけでした。

»続きを読む

FCCだから始めることが出来ました。

観音有紀子さん
(2009年9月入校)

雑誌で始めてFCC英会話学校を知った時、通うなら絶対ここにしよう!と決めていたんですが、初心者の私には、“まじめで厳しいFCC“という言葉がかなり引っかかっていました。しかし、学校の雰囲気や、英語日記、FCC文庫等の内容が分かると、何としてでもここで勉強したくて入校しました。

»続きを読む

半年後にアメリカで働けるようになるなんて

篠原佳菜さん
(2007年6月入校)

篠原さんは、書類選考と英語の面接をクリアしアメリカで働きます。「実は、書類選考の時点では、私の英語力は採用条件にまったく届いてなかったんです。でも、なんとしても働きたいと思って、FCC英会話学校で半年間、基礎からみっちり勉強しました。FCCへの入校のキッカケは、“厳しいけどタメになるよ”との、元受講生である職場の人の勧めでした。

»続きを読む

スクールを調べつくした結果は、まじめで厳しい「FCC」

山下かおりさん
(2007年5月入校)

「私は全くの初心者だし、最初は気軽に会話ができるスクールがいい」と思い込んでいました。半年間スクールを調べた尽くした結果、FCC英会話学校の“絶対力がつく”“他校にない英語日記”に興味を持ち、まずは詳しい説明を聞いてみようと説明会を予約しました。オーダーメイドのクラスや英語日記など、充実している内容がすぐに気に入りました。でも、FCCは厳しいと聞くし、本当についていけるのか正直不安でした。そんな時、説明担当で元受講生でもある木場さんから“私も初心者から始めたんです。始めるなら思い立った時、今がチャンスです!”と勇気をもらい、入校しました。

»続きを読む

「福岡 英会話」でスクール検索!つられて英語を話してしまうんです。

橋口 愛さん
(2006年5月入校)

「検索サイトで、英会話スクールを片っ端から探しました! 大手チェーン校の書き込みを見ると、先生や生徒の入れ替わりが頻繁、と書いてあって、私には基礎からしっかり学べて、勉強せざるを得ない環境の方が合ってると思ってFCC英会話学校に入校しました。」

»続きを読む

「私みたいな英会話初心者でも大丈夫でした!」

梅野裕子さん
(2006年8月入校)

「以前から英語を勉強してみたかったけど、仕事が忙しくて挑戦できずにいました。参加している東京のセミナーで、英語でスピーチをするという目標があり、挑戦してみようと思いました。そしてFCC英会話学校の多彩なクラスや英語日記などに魅力を感じて入校。でも、もちろん不安だらけ。英会話のレベルはまったくの初心者でしたから」

»続きを読む

FCCの講師、スタッフの情熱にビックリ!ここは初心者の私にとって特別の英会話学校

伊藤 碧さん
(2006年4月入校)

3歳頃から英語を勉強していた伊藤さん。しかし、英語への興味は薄れるばかり。 「また中1の時に行ったカナダ・バンフにもう一度行って、外国人と話したい!」と、 再度英語を勉強しようと決心、母の薦めもあってFCC英会話学校へ。「実は私すごいネガティブなんです、でも、赤峰さんに入校説明の時にすごく刺激を受け、ここはただの英会話スクールじゃないっ!、一歩を踏み出そう!」と思いました。

»続きを読む

5年間のアメリカ留学経験で選んだ 無名の英会話学校・・FCCでした!

池澤綾子さん ’04年4月入校

●池澤さんは高校卒業後、アメリカ・フロリダ州オーランドに語学学校+短大に海外留学。帰国後はアパレルの輸出入業務に従事。普段の仕事でも電話やメール・海外出張等で英語を使う。

●「でももう一度、基礎からキチンと勉強したい」と英会話の勉強を再開することに。様々な学校に資料請求し、あえて一番無名だったFCCに。

●有名校もあるのになぜ?「CMには騙されません(笑)。この雑居ビルも気にしませんでしたね。問題は授業内容ですから」。

●入校して半年。今は週に2回の通学。「様々な先生がいて授業も面白いし、英語力の向上という同じ目標を持つ異業種の友人も沢山できました。大人になるとなかなか友人ができないですけど、これは意外な発見でしたね。英語日記や英文庫読書も毎週こなし、ふと気づくとアメリカ滞在中の時のように英語で物事を考えている時があります。将来は、世界を自由に飛び回るバイヤーとか英語を活かした仕事で起業・・が夢かな?」。

ズボラな私が決めた理由は「厳しさ」と「英語日記」です。

竹田 容子さん ’03年1月入学

●元専業主婦の竹田さんは元々英語は好きで、NHKなどで独学をしていた。しかし、以前夫婦でハワイに行った時、現地の人から色々親切にされて話しかけられたが「サンキュー」と言うのが精一杯。こりゃ独学じゃムリだと通学を決意。「有名チェーンに通う友人からいろいろ聞いていて(笑)、私は小さな独立系にしようとFCCに決定。決め手は<厳しい>と聞いたからです。私はズボラなんでネ(笑)」。

●現在は基礎会話・スピーキング・リスニングの各クラスを受講。「まだ半年ですが、先生の言うことも大体わかるようになり、洋画も少しは理解できる。特に気に入ってるのは英語日記の添削システムですね。ネタ作りもあって外出も楽しいし、何より力がつきます。

●夢は夫婦でハワイに移住すること!主人も習いたいと言っていて、夢のために私も働きはじめました。夢や目的を決めると楽しいですね。毎日に張り合いが出る。FCC代表や生徒は夢実現の勉強もしていて、英語以外に人生の勉強にもなる。私も頑張るぞ!という気持ちです」。

大キライだった英語が大好きになった私の理由

浦田 佳苗さん ’01年04月入学

●歯科衛生士の浦田さんは、中学・高校と英語の成績が赤点スレスレ。「英語の授業がないということで、高校は理系を選んだほど」大キライだった。そんな浦田さんが英会話に興味を持ったのは、歯科医院の慰安旅行でハワイに行ってから。「今まで3回行ったんですが、現地の人と話したくても日本語しか話せない。やっぱり英語が話せたらいいな、そして、いつかはハワイに住みたいという夢が膨らんできたんです。その為には、英語を勉強しなくてはと思うようになりました」。

●当初は独学しようと思ったが、なにせ英語は基礎も何もわかってない。まさに、”ジスイズアペン”のレベル。何を勉強したらいいかもわからない。それで学校へ通うことに。「様々な情報誌を見て、資料を沢山取り寄せました。どこも立派なパンフレットにキャンペーンの割引券とかも。そして、電話の勧誘も凄かったです。それに対し、FCCは簡単なパンフレットと手紙だけ。電話もかかってこなかったですね。でも、内容は一番心に響きました。説明を聞きに行った時も勧誘もなく、”よく考えて下さい”と言われたんですが、翌日には申し込みました」。

●入校時に受けたTOEIC模試の点数は85点だったが、半年後には200点を超えた。「今もそうですが、最初は小学生レベルでした(笑)。授業もドキドキで不安だらけ。でも、今は最高に楽しい。毎回新しい表現やフレーズを覚え、自分がレベルアップしているのがわかる。FCCが楽しくて仕方ないです。”FCCは宿題も英語日記も毎回提出するから厳しい”と言う評判ですが、そこが私が決めた理由。ラクだとサボって勉強しない性格ですから」。

●FCCの英語文庫は毎週読み、最近は洋画も少しずつわかるようになってきた。仕事柄平日は忙しく、今は日曜日に集中して2クラスを受講中。「英語も勿論楽しいですが、FCCで友達も沢山できました。今までは一つの職場だけでしたから、世界が広がりましたね。皆さん、いろんな目標や夢を持っていて良い刺激になります。私も、将来は外国で勉強&生活する夢を持てました」

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区 博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.