ブログ

旅行記

「レアもの」旅行記:イタリア編

2016.05.23

こんにちは、阿津坂です。

今回からは、イタリア編に行こうと思います。

ちょっとマニアックな情報も入れつつ、メジャーな観光所イタリアの「レア」な情報をお届けしたいと思います。

 

まずは、イタリアでのトリビア的な話題を幾つか(飲食系の話ばかりですが……)。

*エスプレッソには砂糖

普段は、甘い飲み物をほとんど飲まないので、当然のごとくエスプレッソも砂糖を入れずに飲もうとしたら、イタリア人に頑として砂糖を入れて飲め、と言われてしまいました。とにかく砂糖を入れろ、そっちのほうが断然美味しいから、と。

すると、確かに! 砂糖を入れた方が深いコクが出たような感じで、今までエスプレッソの半分の美味しさしか味わっていなかったんじゃないか!?と思えるくらい。

極上のビターチョコレートを味わっているような、苦味と甘みが作り出す深い味わいに感銘! 以来、「エスプレッソには砂糖」派。一度お試しあれ♪

 

*カプチーノを飲むのは朝だけ

カプチーノ(cappuccino)は朝の飲み物であり、朝食以外で飲むのは、イタリア人にとっては「ヘン!」なのだとか。

じゃぁ、マキアートはどうなのか、と聞くと、マキアートはまぁいいのだとか。なぜ?と聞いても、そういうもんなんだ、と当のイタリア人(と言っても、教えてくれたのはイタリアに長く住んでいるメキシコ人でしたが)も理由はわからないよう。

とにかく、朝食時に飲むものらしく、外国人なんかが夕方にカプチーノを頼んでいると「あぁ、こいつ何も知らないんだな」と見えてしまうのだそう。(ちなみに、イタリアの朝食は、カプチーノ+ブリオッシュやチョコクロワッサンなどの甘いパン、以上。みたいな甘いモノが多いです)。

ということで、イタリアでは午後はマキアートぐらいにしておきましょう。(個人的にはカプチーノ、好きなんですけどねぇ……)。

 

*紅茶は夜に眠れなくなるから飲まない

逆に遅くなって飲まないのが、紅茶。紅茶は夜に飲むと眠れなくなるから、だそう。「エスプレッソのほうが、よっぽど眠れなくなるのでは!!??」と言いたくなりますが、慣れの問題なんでしょうか。

コーヒーは日常的に接するので、反応しないけど、紅茶は(一般的には)特別な時しか飲まないので、体が反応してしまうのか?

なので、コーヒー・紅茶の代わりにハーブティーを飲んだりすることもあるようです。イタリア人とハーブティー。あまり想像つきませんでした……。

 

◆カルボナーラの作り方

カルボナーラの作り方は世にゴマンとありますが、生クリームを使わないバージョンです。

生クリームを使わないカルボナーラはイタリアではごく普通のようですが、このレシピはズッキーニの使い方も独特です(ほかで、このレシピを見たことがない)。

材料:2人前

ズッキーニ・・・・・・・・・・3〜4本

パルミジャーノ・レッジャーノ・100g

卵・・・・・・・・・・・・・・1個

にんにく・・・・・・・・・・・1かけ

パンチェッタ(ベーコン)・・・30g

オリーブオイル・・・・・・・・大さじ2

スパゲッティ・・・・・・・・・200g(1人分100g)

※パンチェッタ・ズッキーニはお好みの量で

※パンチェッタを使わず普通のベーコンを使う場合は、オリーブオイルを多めに

※あっさり目が好みの方は、にんにくやパンチェッタを省いても

このレシピは、パルミジャーノ・レッジャーノが味の決め手なので、必ずパルミジャーノ・レッジャーノを使ってください。だいたい1人前50〜70gぐらい。これもお好みで。

ズッキーニは、なければナスで代用できるかも?と思います。卵は実は3〜4人前で1個使うぐらいだそう。その場合は、パルミジャーノ・レッジャーノを多めに(私は2人前で卵1個が好みです)。

1.ズッキーニは皮をピーラーですべてむいたら、5〜7mm角ぐらいの小さなさいの目切りに

2.パルミジャーノ・レッジャーノは目の細かいおろし器でおろす。ボールに卵を溶き、おろしたチーズを混ぜる

3.にんにくはみじん切りに

4.フライパンにオリーブオイルを入れ、温まったらにんにくを入れる。香りがたったら、パンチェッタを投入。パンチェッタから脂が染み出し、カリカリになってきたら、ズッキーニを投入

5.弱火でじっくりじっくり炒める。あまりかき回さず、時折りフライパンを揺すって焦がさないように(10分ほど)

6.スパゲッティを茹で始める

7.ズッキーニが柔らかくなってきたら、フライ返しなどでズッキーニを潰す ※最初からズッキーニを潰したりしない。ゆっくり炒めて甘さを引き出してから

8.ズッキーニがペースト上になったら、塩を入れて味を整え、茹で上がったスパゲッティを投入。軽く混ぜる

9.すぐに、チーズと卵が入ったボールにスパゲッティを入れて混ぜる。チーズが溶けて、スパゲッティに絡まったら、できあがり! コショウをたっぷりかけて、召し上がれ♪

スパゲッティの熱でチーズを溶かすので、「スパゲッティを茹でる」「ズッキーニ&パンチェッタと混ぜる」「チーズと卵に混ぜる」のこの工程は、素早く行えるように!

ズッキーニをゆっくり炒めているので、青臭さがまったくなく、野菜の甘みが存分に味合わえます。そこにパンチェッタとチーズと卵のコク! たまらん美味しさです!!(ズッキーニはゆっくりと十分に炒めてください。十分に柔らかくなるまで炒めないとズッキーニの青臭い味がしてしまいます……失敗済み。笑)

 

では、Bonapetito!

 

トップへ戻る

0120-78-2234までお気軽にどうぞ お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.