ブログ

FCC講師

講師の名前を漢字にしてみた

2016.10.08

こんにちは、平井です。

 

先日Adrienne講師と話していた時に漢字の話になって、彼女は自分の名前を「永土理円」と書くことにしたと教えてくれました。

※この時知ったんですが、エイドリアンではなくエイドリエンが正しいらしい!ずっとエイドリアンだと思っていたけど、それだと男性の名前になるそう。今までまさこちゃんをまさおくんって呼んでいたようなもんだ!・・・ごめん(T_T)

 

で、この「永土理円」、日本人からしたら、すごい漢字の組み合わせだ!

 

なので、ほかに何かいい漢字がないか探しておくね~と言ってその時は終わりました。

 

 

 

 

 

 

数日後、たまたまKevin講師(彼が誰か分からない方のために:Kevin講師は髪を全部剃っています)が隣にいた時に、彼の名前を漢字にしたらどういうのがあるかな~と思って、おもむろに紙と鉛筆を用意。

 

けびん… けびん…

 

け…

 

毛…?

 

びん…

 

瓶…

 

毛瓶!

 

平 What about this?

 

K What does it mean?

 

平 Hair in a bottle.

 

K Humm (反応イマイチ。)

 

じゃぁほかにないかな~

 

びん… びん…

 

あ!

 

毛敏!

 

K  What does it(敏) mean?

 

平  It means “sensitive”. Someone who is sensitive about hair….

 

この時点で周りに数人の講師と阿津坂もいて、一同爆笑。

 

他には…

 

あ!

 

毛便!

 

K What does it mean?

 

すかさず阿津坂が解説

 

阿 Hairy poo!(毛むくじゃらのう○ち)

 

K  Nooooo!!!

 

平 「便」は「郵便」とかにも使うしそんなに悪い漢字じゃないよ~~

 

そしてここでKevin講師以外はレッスンが始まるため一旦解散。

 

しかし、話は終わっていない。何かほかにいい漢字はないかな~

 

阿津坂と、ネットの漢字辞典で「びん」を検索。

 

びん… びん…

 

あ!!!(◎0◎)

 

これ以上にぴったりな漢字はないのではないかというくらいのものを見つけてしまった!!

 

でも…これをKevinに言ったら深く傷つけてしまうかもしれない…それくらい破壊力のある漢字の組み合わせだった。 

 

しばらくしてからKevinがやってきたのでとりあえず報告。

 

平 新しい漢字を見つけましたよ。ぴったりのやつ。

 

K 何?

 

平 これです……(メモしていたのを見せる『毛●』)

 

K この漢字は何?知らない

 

平 う……えっと……(´д`)

 

本当は、漢字を見て意味を理解してくれることを期待していた。なぜなら、この漢字の意味を私の口から説明するなんてとてもじゃないけどはばかられた。彼がとても傷つくか、怒るか… それを考えるとどうしても言えなかった…

 

結局彼の質問に対する答えをにごしたまま、微妙な雰囲気で彼は自分の部屋に戻っていった

 

しばらくして阿津坂がやってきた

 

阿 さっきの件、Kevinに言いました?

 

平 いや…勇気が出なくて結局言えなかったんです… 阿津坂さんよかったら代わりに…

 

阿 いいですよ~

 

そういうと、すたすたとKevin講師の部屋に向かい、ドアを叩いた。

 

阿 さっきサトミから新しい漢字の話聞きました?

 

K あぁ聞いたけど、意味を説明してくれなかったんだよね

 

そこでドアが閉まり、二人の会話は聞こえなくなった。

 

Kevinが怒って部屋から出てきてなぐりかかられたらどうしよう…どきどきしながら受付で待つ。

 

数分して阿津坂が出てきた。

 

平 ど、どうでした!?

 

阿 ぜ~んぜん大丈夫でしたよ~

 

平 なんて言って説明したんですか?

 

阿 え、普通にPoor hair(毛貧)って言いました(・∀・)

 

平 彼の反応は!?

 

阿 あはは~って笑ってました。「私たちこれを調べるのにすっごく時間かかったんだよ~」って言ったら「I appreciate it(ありがとう」って言ってましたよ~

 

 

 

 

はぁ よかったぁ。

Kevinは本当に心が広いなぁと思った瞬間でした。How tolerant he is!!!

大変失礼を致しました(_ _  )

 

 

ところで冒頭のAdrienne講師の話、「永鳥園」を提案したら、とても喜んでくれました(´∀`)

どこぞのお茶漬けの会社みたいですが(笑)イメージはトロピカル、楽園です。

トップへ戻る

0120-78-2234までお気軽にどうぞ お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.