注目のあの人も英語を勉強してる!?

english-brain

こんにちは、川村です。夏の高校野球で大活躍した早実の清宮選手が、18歳以下で行われるワールドカップでも注目を浴びていますね。

どこを目指しているのか!?

野球の成績は、メディアでも取り上げられるほど素晴らしいものです。日々、野球やメディアの対応で忙しいはずです。

そんな渦中にいながら、英語も勉強しているとか!?一体どこにそんな時間があるのでしょうか?

常に視線を世界に向けてきた。将来のメジャー挑戦を目標に掲げる清宮は、早実中等部では英語部に所属。野球と同時に鍛えた語学力を生かし、この日は篠原主将の英語での宣誓文をチェックする「先生役」を務めた。さらに、試合前は主催者のWBSCの外国人スタッフやカナダ代表の選手と流ちょうな英語で談笑。「海外の方に声をかけられるのはうれしい。英語を勉強したのが生きてますね」と、うれしそうに言った。移動のバス内でも「清宮は英語の勉強をしている」とチーム関係者が驚くほど、自分を磨き続けている。

日刊スポーツ「清宮4番1安打2打点&英語力でU18W杯大勝発進」より

 

合間を使って、少しずつでもコツコツと継続していくことが、一番効率が良いんでしょうね。英語も世界で通じる力を身につけてしまうでしょう。

 

 少しずつコツコツ法

脳科学の分野では、短期記憶や長期記憶という言葉があるようです。時間が経つと忘れてしまう短期記憶と時間がたっても残っている長期記憶。さらには、短期記憶の反復が長期記憶へと変わっていくそうです。

 

短期記憶の情報は時間の経過とともに忘却されるが、維持リハーサルによって情報の保持時間を伸ばすことが可能である。リハーサルが妨げられた場合、数秒から十数秒で情報は忘却される[3]。
また短期記憶の情報はリハーサルにより長期記憶に転送される[5]とされている。

ウィキペディア(wikipedia)より

 

「少しずつコツコツ法」を移動時間や寝る前の少しの時間で試してみてはいかが?

オープンクエッションって良いの?

By R.KAWAMURA

evaluation

私が大学でアスレティックトレーナーとして必要なスポーツ医学を学んだとき、HOPS(ホップス)という評価方法を学びました。

ホップスとはHistory⇒Observation⇒Palpation⇒Special Testと順を追って怪我の評価をする方法です。

特に一番最初に行われるヒストリー部分ですが、いくつか決まりがあります。まずは、怪我をした選手に触らないこと!

多くのトレーナーが起こしやすい過ちで、ヒストリーを行いながら怪我をした幹部周辺を触りだす。これは絶対ありえないから!と教えられました。

そして、怪我をした選手から多くの情報を得るための、簡単な質問テクニックがあります。

 

それは、オープンクエッション!質問は必ず5W1Hで!!オープンクエッションにするだけで、得られる情報量が全く変わってきます。

 

そこで、染み付いたオープンクエッショントークが英会話でも活かされたいます。今まで、YES or NO で終わっていた話が広がる広がる。もぉいいですってくらいに。

逆にそこまで聞いてないし!ってところまで、話してくれる次第。そこで、さらに広がる話の展開。最初の話題は一体なんだったのか忘れてしまうほどに。

 

それは私だけか...。

Baseballと英語: Run

By R.KAWAMURA

plate-jpg

7月の英語deボランティアは、福岡ソフトバンクホークス観戦です。ボランティア留学生と一緒に英会話を楽しみながら野球観戦できるように、野球英語に触れていきましょう。

さて、スポーツを観戦していて一番気になるのは、やはり得点ですよね。何対何やどっちがリードしているかなど、説明できると会話が弾むものです。

野球英語で得点とはRun(ラン)と言います。バッターは1塁を回ってホームに戻ってきて、初めて得点できます。

 

では、何対何とはなんというのでしょう。

基本的には、得点の多いチームを先にいうことが多いです。例えば、5-0でホークスが勝ってる(five nothing Hawks)や5-0でホークスが勝った(five nothing victory over the Lions)応援しているチームを先頭に置き話します。

では、ホークスが負けている場合は...使う機会がないのでここでは割愛しましょう。

The Hawks pitchers didn’t allow any run in the game.(ホークスのピッチャー陣は得点を許さなかった)と言いたいですね♪

Baseballと英語-head first

head-first日米の野球用語や戦術では多くの違いがありますが、スライディングに関しては共通の意見があるようです。

スライディングは、より速く次のベースに到達するためだったり、ベースを通り過ぎないように行ったりするために行います。時には、守備の邪魔をするためにスライディングをしますね。

foot-first slide=足からスライディング

head-first slide=ヘッドスライディング

など、状況によって滑り方を変える必要があります。例えば、1塁には絶対ヘッドスライディングで突っ込んではいけません。怪我をする確率が非常に高い為、日米共にコーチは選手に禁止を促しています。だから1塁は駆け抜けるのが鉄則!

 

しかし、英会話を勉強する時は、怪我を恐れずズバッと頭から突っ込んでください。時にはキズを負うことで、新たなに気づくこともあるかも♪

FCCでは、クラスで培った英会話力を実践の場で試すことができる「英語deボランティア」があります。どんどん失敗して英語力を身につけて行きましょう。

Baseballと英語-fireman

Written by R.Kawamura

fireman

福岡ソフトバンクホークスのサファテ投手が通算100セーブ目でチームの勝利に貢献!外国人選手の活躍は、非常に嬉しいですね。

今回のテーマは「救援投手」です。

野球では戦術の為に救援投手が登場し、試合の流れを大きく変えるので、その時は特に目が離せません。英語では、relief pitcher, reliever, fireman…など様々。そして、試合の最後になげる救援投手の事をクローザー(closer)と言います。ホークスのサファテ投手はクローザーとして大活躍していますね。

 

さて、救援投手を表す時に使われる俗語で「Fireman」というのがあります。

英会話では主に消防士と訳されることが多いですが、野球英語ではピンチの時にピシャッと抑えてくれる救援投手に対してよく使われます。まさに消防士のように、炎上した試合を鎮静させるという面白い表現です。

 

ホークスにはサファテ投手の他にも森福投手や五十嵐投手のような「Fireman」が沢山いて、本当に頼もしいですね。

彼らの今後の活躍に期待大!

 

Baseballと英語-Homerun

Written by R.Kawamura

baseball-field-empty

“Homerun king Mr.Oh”

ホークスでプレーする外国人選手だったら、誰もが尊敬のまなざしで顔を合わせる。

もちろん「世界の(本塁打)王」こと、福岡ソフトバンクホークス王貞治会長ですね。

ホームランと言えばいくつもの種類があるんです。

英語では Homerun, homer, bomb…などなど、ホームランひとつでも沢山ありすぎて困ります。

因みに野球において「Run」は「得点」を意味するんです。

日本語でもツー・ランとかスリー・ランホームランなど言ったりしますね。

 

さて、ホームランの種類ですが、代表的なものとして「場外ホームラン」「ランニングホームラン」「満塁ホームラン」「サヨナラホームラン」「先頭ホームラン」「連続ホームラン」「2打席連続ホームラン」がありますね。

場外ホームラン=out of the park home run

ランニングホームラン=inside-the-park home run

満塁ホームラン=grand slam

サヨナラホームラン=walk-off home run

先頭打者ホームラン=lead-off home run

連続ホームラン=back-to-back home run

2打席連続ホームラン=consecutive home runs

 

メジャーリーグ放送では、アナウンサーが実況中継で色々な表現をします。

it’s gooooone!やSeeeeee yaなど、興奮気味な解説を英会話の中でマネしていきだいですね。

Baseballと英語-Injury

Written by R.Kawamura

baseball-field-empty

とうとう日米ともにシーズンが始まり、なにやら大波乱の予感がします。そんな中、スタートダッシュを図りたいチームとは裏腹に、怪我で離脱してしまった選手がチラホラ...。

ただし、彼らは好き好んで、怪我をしているわけではございません。その状態に至るまでには、色々な原因が考えられますね。

オーバーワーク、トレーニング不足、練習や試合前後のケア不足などなど原因はさまざまです。中にはチームの事情で、一時登録抹消させて...ま、その辺は複雑なので置いておきます。

さて、野球で起こりうる怪我の代表的なものは、靭帯の損傷です。特にクローズアップされるのは、肘の靭帯損傷です!肘の手術で名前がとても有名な、その名も「トミージョン手術(Tommy John Surgery)」があります。あのダルビッシュ投手もこの手術を行いましたね。

日本語では側副靭帯再建術と言い、アメリカで初めてトミー・ジョン投手が受けたのにちなんで、つけられた名前だそうです。

現在、今シーズンの故障者リストを見てみると、日本のプロ野球で故障者リストに入っている80名ほどの選手の中に6名ほど、メジャーリーグに関しては120ほど中に31名もの選手が肘の側副靭帯再建術を受けているようです。

こうやって見ると、メジャーリーグでは当たり前のように多くの選手が手術を受けているのが分かりますね。

一昔よりも術後の治療とリハビリ技術の向上により、手術前のパフォーマンスを上回ることもよくあるとか\(◎o◎)!

【今日のピックアップ英単語】

・故障者リスト=Disabled list

・怪我=Injury

・手術=Surgery

※野球の話よりもトミー・ジョン手術の話になってしまいました...。

Baseballと英語-Opening night

Written by R.Kawamurabaseball-field-empty

来学期のクラスは4月1日からスタートしますが、日本のプロ野球界はとうとうシーズン幕開けとなりました!

今年のホークスはどんな戦いを見せてくれるのでしょう♪

さて、海を渡ってアメリカでは、メジャーリーグのシーズンが始まるのは4月の上旬です。

開幕戦の先陣をきって行われる試合をOpening night(オープニング・ナイト)と呼び、今年はカーディナルスとカブスがオープニング・ナイトで火花を散らします。

野球ファンにとって、この日はお祭りです!

そして翌日、全米各地でOpening game(オープニング・ゲーム)が行われ、Regular season(レギュラーシーズン)の始まりです!

シーズン中の試合数は144試合(日本)と162試合(アメリカ)とで違いがあります。

この試合数の差はアメリカに渡る選手にとってものすごい負担になると聞きました。

投手にとって試合数の多さは、体にかかる負担が大きく、パフォーマンスを左右することもあります。

パフォーマンスを左右するだけならまだしも、怪我を誘発する恐れだってあるそうです。

ということで、次回は選手の怪我について触れてみましょう。

【今日の野球用語】

Regular season(レギュラーシーズン)=開幕戦から交流戦を含む、162試合。

Post season(ポストシーズン)=162試合終えた成績を元に、勝ち進んだチームがしのぎを削る。日本のクライマックスシリーズもポストシーズンにあたる。

 

Baseballと英語-Prospect

Written by R.Kawamura

baseball-field-empty

今年も日本野球界には沢山の新人選手が各球団に入団しました。
その中でも、特に注目されている新人選手がそれぞれの球団にいますね。
彼らは高校・大学・社会人・独立リーグから有望選手として既に注目されていました。

アメリカのMajor League Baseballでも有望選手(Prospect)は常に注目の的です。有望選手の中でもさらにピカイチの選手のことを「Big prospect」と言ったりします。

メジャーリーグには日本の野球界よりも多くのチームが存在し(30チーム)、選手層の厚さは日本以上です。実際に各チームの有望選手達が厳しい競争を勝ち上がり、将来スーパースターになることは非常に少ないのです。ほとんどの選手がクビになり各チームを転々としたり、下位リーグで活躍する選手となります。

そうやってチームを転々として野球人生を送る選手のことを「journeyman」、マイナー以上メジャー未満の選手を「Quad-A slugger」と呼んだりします。

【今日の野球英語】

Big League=1軍=メジャーリーグ

※アメリカの下位組織はものすごい深いんです。ちなみに下位組織の事をマイナーリーグと言い、AAA(トリプル エー)⇒AA(ダブル エー)⇒Advanced A(アドバンスドゥ エー)⇒Class A(クラス エー)⇒Short season A(ショートシーズン エー)⇒Rookie Advanced(ルーキー アドバンスド)⇒Rookie(ルーキー)があります。

Quad-A(AAAA)=マイナーリーグの最上クラスはAAA(トリプル エー)なので、AAAA=Quad-A(くわっど-えぇ)とは存在しません。しかし、選手の中にはマイナーリーグで大活躍するけどメジャーリーグに上がっても、全然活躍せずにまたマイナー落ちする選手がいるんです。そんな中間にいる選手の場所を表す言葉なんですね。

Baseballと英語-Spring Training

Written by R.Kawamura

baseball-field-empty日本の野球界ではついにキャンプが終わり、いよいよシーズン開幕です!オープン戦での選手の動きに、注目の新人は?今年はどの選手が活躍するのか?去年大活躍した選手は今年も?など話題が絶えません。

対してアメリカのMajor league baseballでは、その熱が温まるのにもう少しかかりそうです。シーズン前は「Spring Training」といい、日本でいう「キャンプ」&「オープン戦」。

 

もちろんアメリカでも「Spring Training」中に他球団と試合をしますが、あくまで今はシーズン中に万全のコンディションで戦うためにしっかり体作りをしたりする時期です。

ここで日本球界に来る外国人選手と日本人選手に大きな違いがあるんです!

多くの日本人選手はキャンプ初日から全力で挑み、レギュラーを取りに行きます。更に日本では「キャンプ」が終われば、すぐに「オープン戦」が始まります。

 

そんな中、外国人選手はスプリング・トレーニングですから、あくまでもシーズンの為に体作りをする時期なんです。

よく「外国人選手はゆっくり調整する」とか「あれでシーズンに間に合うのか?」と言われたりしますが、彼らからしたら「Spring Training」ですから、特に焦りはしませんよね。

首脳陣と選手の間に挟まれる方は大変です!私もそんな経験をしたようなしてないような...。

【今日の野球英語】

・Squad(すくぅぁっど)=紅白戦

※日本がキャンプ中に紅白戦を行うのと同じように、アメリカでもSpring Training中に同一チーム内で練習試合をするんです。

野球用語のご紹介

Written by R.Kawamura

dome

やってまいりました、野球英語のご紹介です。

8月ごろにあるであろう(あってほしい)、「英語deボランティア」のホークス戦観戦に向けてボキャブラリーを増やして頂きたいと思います。

さて、受講生の方からランニングホームランは何て言うのか?とご質問がありました。簡単に説明するとボールが外野フェンスの内側にありながら、打者がホームベースに帰ってくることですが、英語ではinside-park-home runと言います。

続いて、サヨナラ勝ちとサヨナラ負けは?それは、the game winning home run(walk-off home run)と...え~っと...

サヨナラ負け???

聞いたことない!?...負け?

聞いてみました!野球の事なら、Jay講師!!

川村「サヨナラ勝ちって聞くけど、サヨナラ負けってthe game losing home runとか言うの?」

Jay「それは、ないね!」

川「じゃ~何て言うの?」

J「I gave up home runとかかな」

川「そうなんだね」

J「野球用語はたくさんあるからね~。ははは~」

笑い事ではすまされません(-_-;)

ナンチャラhome runってのはないんですね。
っと言うわけで、次回の野球英語お楽しみ下さい♪

 

トップへ戻る

“まじめで厳しい”福岡・博多の英語学校(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.