ブログ

FCCライフ

the funniest story you’ve ever heard

2016.11.26

こんにちは、平井です。

 

今日昼休みに少し時間があったので、たまたま隣にいたDaniel講師にこんなことを聞いてみました。(無茶振り!)

 

“Please tell me the funniest story you’ve ever heard.”(これまで聞いた中で一番面白い話は何ですか)

 

すると、Daniel講師はそんなのたくさんあるよ~と言いながら、知り合いの男性(ロジャーさん)の話をしてくれました。

 

 

 

 

 

その人は若い頃とってもハンサムで、アメフトのクウォーターバック(リーダー的ポジションらしい)をしていたこともあり、すっごく人気があってモテたそうです。

 

彼には特定の彼女がいなかったので、周りの人が次々とブラインドデートをセッティングしてくれるのですが、ロジャーさんはあまり乗り気ではありません。

 

なぜなら、これまでブラインドデートした相手はあまりかわいくなかったり気が合わなかったりと、うまくいった試しがなかったからです。

 

★blind date:ブラインドデートとは★

今まで会ったことのない人(知人の紹介やオンラインサイトなどで出会う)とのデート

 

 

ロジャーさんは、実際に会ってみて「この子はタイプじゃないなぁ、今日はもう帰りたいなぁ」と思ったら、ある作戦を使っていたそうです。

 

それは、asthma(アズマ/喘息)のフリをすること。

 

適当に自己紹介やらを終えたところで、

”ウッ  ゲホッ  スーハー スーハー ヒー”

 

みたいな具合に、発作が出たふりをして、体調が悪いからと帰るというテク。

 

なんて姑息な手段!!Σ(゜д゜)

 

 

 

 

 

 

 

ある時、彼のチームメイトAくんからブラインドデートしてみない?という提案がありました。

 

お相手は、Aくんの彼女のルームメイト。名前はベティ。

 

ロジャーさんは気が向かなかったのですが、Aくんが「断ったら今度の試合でお前を守ってやらないからな~」と言うので、仕方なくデートの待ち合わせ場所のバーに行くことにしました。

 

しばらく待っていると、超絶美女が店に入ってきたのです。

 

時刻はちょうど待ち合わせの時間、他のお客さんはいない。

 

ロジャーさんは思いました「彼女に違いない!!」

 

ロジャー 「やぁ、君はベティ?」

 

美女   「えぇ、そうよ。あなたがロジャー?」

 

そして二人は席について話を始めました。

 

ロジャーの心は躍ります。なんたって超絶美女ですから。

 

すると、なんだか彼女の様子がおかしい。

”ウッ  ゲホッ  スーハー スーハー ヒー”

 

彼女は喘息があるのだと言い、その日のデートはそこで終了となったそうです。

 

hahahahahahahaha  ((((≧∀≦))))

 

バチが当たったのですな。

 

これ、結構面白かったので、今度他の講師たちにも同じ質問してみようと思います(笑)

トップへ戻る

0120-78-2234までお気軽にどうぞ お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.