ブログ

FCCライフ

米国で名前を変える人に多い職業とは?

2015.03.25

こんにちは、平井です。

 

昨日、英会話学校・福岡コミュニケーションセンターの仲良しコンビDaniel講師とAlexey講師が話をしていた時のこと。

 

A:サトミ、Austin(講師)の苗字ってなんだっけ?

 

平:Danielsだよ。ちなみに彼のファーストネームはJonathanで、Austinはミドルネーム。でも家族でさえ彼のことをJonathanじゃなくてAustinって呼ぶんだって。

 

A:それならもう名前を変えたらいいのにね。

 

D:アメリカでは自由に名前を変えられるよ。

 

平:何回でも?

 

D:何回でも。でも、公的な書類とかいちいち変更しないといけなくなるから、何回もしないけどね。名前を変える人は大学の卒業と同時に手続きするんじゃないかな。

 

A&平:え?どうして?

 

D:名前を変える人の多くがお医者さんだからだよ。(*データを調べたわけではありませんのであくまでDaniel講師の意見です)例えば、苗字がペイン(Payne)という人は、将来患者さんからペイン先生って呼ばれるでしょ。でもペインは「pain=痛み」ともとれるから、やっぱりちょっとね・・・。

 

なるほど~!

 

最近の日本ではキラキラネーム(読みと漢字が一致していない、従来あまりなかった漢字の組み合わせetc)という問題が出てきていますよね。日本と米国では名前を変えたい動機も違うようです。

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.