ブログ

今から使える英語情報

弱いを英語で表現

2015.08.23

 yowai

こんにちは、川村です。

日本語で「弱い」と言えば、力・光・酒などを表現する時に使われますね。しかし、英語では「弱い」一言でも何を表現するかによって、使う単語が違ってくるんです。

OMG…なんてこった!

それでは、先にあげた4つの「弱い」を見てみましょう。

①「力」が弱い:weak(ウィーク)
筋力、勢力、圧力などなどを表現する時に使うといいですね。ちなみに、【週=week(ウィーク)】は発音記号wíːkでもわかるように、同じ発音なんですね!

 

②「光」が弱い:faint(フェイント)
光の場合は、うすい光とかぼんやりとした光なんて表現でも使えます。am notやdoes notの縮約形でもあるain’tは綴りも同じですし、発音も同じなんですね!

 

③「酒」が弱い:light(ライト)
アルコール度数が低いビールをlight beerと言ったりしますね。お酒に対して弱いという場合は、can’t drink muchとそんなに飲めないと表現するのが一般的みたいです。わたしはI love to get hummered!(泥酔したい!)ですけどね...お誘いお待ちしております♪

 

最後に追加で「頭」が弱い:poor(プァ~)
頭が弱いというのは、正しい表現なのか分かりません。ただ、ちょっと不得意だという場合に使えますね。【頭が悪い=stupid(ストゥピッド)】と言われるよりもいいかも...

トップへ戻る

0120-78-2234までお気軽にどうぞ お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.