FCC Behind the Scenes

今から使える英語情報

色んな呼び方があるアレは英語?

2018.01.31

icon_022610_256

 

 

こんばんは、平井です。

 

 

さっき、受講生のAさんからこんな質問がありました。

 

 

「ズボンのチャックが開いてる講師がいたんですけど、あぁいう時って英語でなんて言ったらいいんですかね?”社会の窓”しか思い浮かばなくって(// ∀//)」

 

 

本人の名誉のために講師の名前は伏せておきますが(笑)、「チャックが開いてます」っていうのをどう英訳したらいいのか?&もう少し婉曲的な言い回しで伝える方法はないか?についてのご質問でした。

 

 

それで、そもそも”チャック(chuck)”は英語なのか?ジッパー(zipper)?ファスナー(fastener)?どれが正しい?というところに発展したので、講師陣に聞いてみることに。

 

 

◆アメリカ出身のKevin講師  ”zipperって言うね”

 

 

◆イギリス出身のWarren講師  ”zipperかfly/fliesだね(←flyが複数形になるのは文法的に誤りという説も…?)

 

 

ということで、「チャックが開いてる」は ”Your fly/zipper is open/down.”って言えばいいみたいです。

 

 

ちなみに、chuckは使わないの?という疑問ですが、講師達は使わないようです。私が、「じゃぁchuckは英語じゃないの?語源は何?」って聞いたら、「フランス語だじゃない?僕らもよく分かんないからGoogleで調べといて~」と。。。(●∀●;)

 

 

調べましたよ!!

 

 

チャックと言えば!の、YKKさんのウェブサイトに、まさに私たちの疑問を解消してくれる解説がありました▼

 

「ファスナー」と「チャック」と「ジッパー」の違い

 

 

 

フランス語では「フェルメチュール・ア・グリシェール」←ながっ!おいしそうなスイーツっぽい!

中米諸国では「稲妻」を表す「シェレス・レランパゴス」←なんか爬虫類の名前みたい!

 

 

 日本人が間違って使いがちな英語(和製英語)についてもっと知りたい方は、Kevin講師が大好きなこちらの本がお勧めです▼

 

An A-Z of Common English Errors for Japanese Learners (English Edition)

「日本人にありがちな英語の落とし穴」というタイトルで日本語版もあります

 

 

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2018 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.