ブログ

今から使える英語情報

知ってそうで、意外に知らないこと(かも。)

2017.08.07

こんにちは、阿津坂です。

 

基礎の基礎的な知識だけど、意外にきちんとは知らなかった、というようなことってありませんか?

 

最近、Warren講師に教えてもらって知ったことなのですが、規則動詞の過去形(-ed)の発音の違いの見分け方にルールがあったのです!

(知っている人は、知っていると思いますが)

 

規則動詞の過去形は、基本的に原形(通常の形)にedを付けることで作りますよね。

例)

play → played

clean → cleaned

walk → walked

yがiに変わる場合

study → studied

子音が重なる場合

stop → stopped

 

で、-edの部分の発音は、「t」「d」「id」の3つに分けられます。

walked [wɔ́ːkt]

cleaned [klíːnd]

wanted [wɑ́ntid]

 

どの単語が「t」の音になり、どの単語の時に「d」の音になるか知っていましたか?

私は、なんとく、で覚えていました(^^;)ゞ

 

Warren講師が教えてくれたのは、

単語の最後が「無声音」なら「t」

単語の最後が「有声音」なら「d」

単語の最後がtかdで終わるなら「id」

なのだそうです。

 

無声音と有声音の場合は、発音する時に喉仏の辺りが震えるか震えないかの違いです(簡単に言うと)。

震えないと「無声音」

震えると「有声音」

cleanの最後のnの音を発音しながら喉を触ってみてください! 震えてますよ!

 

tも無声音なので、無声音の後にそのまま無声音のtで発音する

dは有声音なので、有声音の後に有声音のdで発音する

そのほうがネイティブ・スピーカーにとってナチュラル、というのはとっても納得!

 

tやdの後に-edが付く時は「id」と発音するのは無意識にしていたのですが、はっきり規則として言われると「そうなのか!」と納得。

 

基礎の基礎の知識で、いまさら、という内容かもしれませんが、規則があるとは思ってなかったものに、規則があったというのは新鮮な驚きですね。

 

もう1つ教えてもらったのは、much や manyは肯定文で使う場合は限定される、とのこと。

a lot of や lots ofの方がニュートラルなので、そちらを使う方が良い、ということでした。

 

確かに、I have much money より、I don’t have much moneyの方がよく聞くように思います。

Warren講師曰く「こういった細かいニュアンスや使い方は、たくさん触れないと分からないから、慣れるまでは a lot of や lots of を使った方が良いよ」とのこと。

 

こういった文法的なことをWarren講師は得意としているので、疑問に思ったことがあれば、ぜひ聞いてみてください!

 

Isee

 

 

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.