ブログ

今から使える英語情報

テキストブックには載ってないけど、日常でよく使う表現 Part2

2017.07.21

こんにちは、阿津坂です。

 

Podcastを聞いたり、講師たちの会話の中で拾った「へぇ!」って思う表現をまたまたご紹介したいと思います。

 

今回は、

 

・minted

元々は「mint」という言葉からきています。

mintと聞くと、「あぁ、あのミントアイスの?」と思われるかもしれませんが、実は動詞で使う場合は、「(貨幣を)鋳造する」という意味があります。(「(新しい造語を)創り出す」という意味でも使われるようになっています)

 

そこから、

a mint:大量のお金

例)The curtains cost a mint.

(カーテンにすごくお金がかかった)

He made a mint on his property.

(彼は自分の不動産で儲けた)

 

in mint condition:(鋳造されたばかりの貨幣のように)真新しい、新品の、未使用の

I bought a DVD at a second-hand shop but it was in mint condition.

(DVDをリサイクル・ショップで買ったけど、未使用のものだった)

 

 

で、mintedは「鋳造する」の意味から、イギリスでは「裕福な、リッチな」という意味があるようです。

例)

If you notice, he is very careful with his cash even though he’s minted.

(気づいたかな、彼って現金にものすごく慎重なんだよ、リッチなんだけどね)

 

mint

こんな感じ!

 

 

・live the life

「理想とされるような、人から羨ましがられるような、生活を送る」という意味だそうです。

これはKevin講師もすぐに意味がわかったので、英米どちらでも使われるようですよ。

Kevin講師によれば、「Marcus is living the life」だそうです(笑)

LiveTheLife

 

 

・play+人

「play+with+人や動物など」では、よくテキストに出てきていて、「~と一緒に遊ぶ」と習ったかもしれません。

例えば、「I played with my dog at a park last Sunday.」(先週の日曜に、自分の犬と一緒に遊んだ)とか。

 

でも、playの直後に人など対象者を持ってくると、「~をからかう」という意味になります。

You played me!

(私をからかったのね!)

 

 

知ってる単語だけど、知らなかった使い方っていろいろありますよね! また見つけたらご報告したいと思います!

 

 

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.