ブログ

今から使える英語情報

“熱中症”って英語でなんていう?

2017.07.15

こんにちは、平井です。

 

 

とうとうセミが鳴き始めましたね!この間夜帰宅するとうちの窓の網にセミが!

 

 

さて、今日ある受講生から熱中症にかかってしまったというご連絡がありました(>_<)

 

 

それで、お休みの件を講師にメモで伝えようと思ったんですが、「熱中症って英語でなんていうんだろう?」と思い辞書を引いてみたところこの2つが出てきました。

 

 

・hyperthermia / hyperthermy

 

・heatstroke

 

 

Marcus講師に聞いたところ、hyperthermiaは炎のような過度の高温に接した際に起こる症状(辞書には過高熱と書いてありましたが)に使うから、通常の熱中症ならheatstrokeでいいとのこと。

 

 

というわけで、「熱中症になりました」と言いたい時は I got heatstroke.です

(heatstrokeって聞いたら、動けなくなるくらい深刻な症状をイメージすると講師が言っていました)

 

 

それから、点滴はI.V. dripと言うそうです 

正式名称は intravenous(静脈) infusion drip(注入液)

 

 

それでは、暑さが日に日に厳しくなる季節ですので、みなさんどうぞお気をつけて。

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.