ブログ

今から使える英語情報

ストレス(強勢)の重要性

2017.06.09

こんにちは、阿津坂です。

 

この前のブログで、リスニングに効く!ということで、English Centralというのをお薦めしたのですが、以前に川村がブログでアプリの方を紹介していました……( ̄ρ ̄)ハゥゥゥ

 

そのブログがこちら。

「本日のおすすめ英語学習アプリ【English Central】」

http://www.fcc-english.co.jp/blog/app/26182

 

ま、アプリもありますよ、ってことで。

 

 

さて、今日は英語を話す時に一番重要な「ストレス(強勢)」のお話です。

stress

こっちの「ストレス」ではなく。

 

「英語の発音が上手くなりたい!」という時に、「LとRの区別ができない!」「thって舌を噛まないといけないの?」などの疑問があると思いますが、まず最初に大事になってくるのが「ストレス(強勢)」なんです。

(たぶん。私の意見ですが。でもそんなに間違っていないと思います)

 

LとRを間違っていても、「変だな」とか「あ、間違って発音してるんだな」ぐらいなのですが、ストレスの位置を間違うと、全然通じないのです。

 

で、そのストレスって?

 

ストレスは、単語やセンテンスの中で一番強く言うべき音。

 

顕著にわかりやすいのが、「McDonald」。

これを「クドナ」というか、「」というか、「マクドルド」というかで、全然通じ方が違ってきます。

(正解は真ん中の「」。しかも最後の「ド」は「ド」って言っちゃダメで、「ドゥ」に近い。正しい発音は、講師に聞いてみて下さい! これほど、英語の発音はカタカナに書き起こすのは至難の技!)

 

このストレスの間違いを地で行ったのが、川村。

ブログ「Teachers’ Tipsの解説-【サ・ラ・ダ】編」に詳しく載っていますが、

http://www.fcc-english.co.jp/blog/conversation/27526

Nevadaは「ネヴァダ」ではなく、「ヴァ~」と発音しないといけないんです。いかにVの発音がキレイにできていても、ストレスの位置が違っちゃうと、こうも通じないもの。

 

で、この前にたまたまWarren講師がプリントアウトしているものを見ると、名詞と動詞でストレスが変わってくる単語のリストがあったのです。

せっかくなので、それをここにご紹介したいと思います。

 

Noun             Verb

CONduct        conDUCT

ATTribute       attriBUTE

COMbat         comBAT

CONflict         conFLICT

CONtest         conTEST

CONtract        conTRACT

DEcrease       deCREASE

EScort           esCORT

IMpact          imPACT

INcrease       inCREASE

INsult           inSULT

OBject          obJECT

PERmit         perMIT

PROceed      proCEED

PROgress     proGRESS

PROject       proJECT

REbel          reBEL

REfill           reFILL

REfund        reFUND

REpeat        rePEAT

SUBjuct       subJECT

SUSpect       susPECT

 

要は、同じ単語でも名詞であれば前に、動詞として使う時には後ろにストレスが来る、ということです。

これを間違うとすっごく変に聞こえます。

 

 

ぜひ声に出して、練習してみてくださいね~!!

 

 

 

トップへ戻る

0120-78-2234までお気軽にどうぞ お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.