ブログ

今から使える英語情報

洋楽で英語を学ぶ!

2016.06.25

こんにちは、平井です。

 

最近Youtubeで好きな感じの曲を見つけました!

 

だいたいいつも曲調が気に入ったら歌詞を調べずに何回か聴いて、自分が聴き取れた部分を繋ぎ合わせて「だいたいこんな内容かな」と想像、その後どうしても気になる時は歌詞を検索して調べます。

 

で、最近気になって調べたのが、DNCEのPay My Rentという曲。(DNCEはわりと新しいバンドでノリのいい曲♪♪が多いです~)

 

サビの部分で何度も繰り返される”Would you pay my rent?(僕の家賃払ってくれない?)”という歌詞が気になって気になって…!

 

ラブソングのはずなのにサビでこの歌詞ってどゆこと!?「愛してるなら僕の家賃払ってくれるよね?」みたいな、悪い男の話なのか!?

 

何度読み返してもよくわからなかったので、Edwin講師に聞いてみたところ、”これは…なんていうか… figurative language” だそう。

 

figurativeってなんか聞いたことあるけどなんだっけ?と思って辞書を調べると、「比喩的な」と書いてありました。

 

Edwin講師の解説から考えるに、別に本当に家賃を払ってほしいと言ってるわけじゃないけど、それくらいしてくれる覚悟はあるかい?みたいな意味合いっぽいです。

 

ちなみに、歌詞を要約すると、「僕は君のためにすべての時間とパワーを使うし、君の望みにNOって言うことはない。電話にも必ず出るよ。君はどう?僕の家賃払ってくれる?」

 

ネットではあまり和訳が出ていないみたいです。直訳しても意味が通じない、でも意訳の仕方が難しい、そんな曲です。

 

 

 

figurativeってどこかで見たことあるなぁと思っていたら、TOEIC対策の本に載ってました~。その時は「象徴的な」という訳になっていました。

 

洋楽は、新しい単語や表現を勉強する手段としてかなり有効です。何より、音・文脈と一緒に覚えられるので記憶しやすいですよね。プラス、口ずさむことで、リエゾン(音の繋がり)のパターンがわかるようになったり、舌を動かす練習にもなります。

 

会話するときに、単語一つ一つを分けて発音しているな~という方は、易しい洋楽を使って始めてみるのがオススメです^^

(FCCの基礎レベルの方が受けるイングリッシュセラピーのクラスでも取り入れている方法です)

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.