ブログ

今から使える英語情報

万年肩こりからの会話

2013.02.01

こんばんは、平井です。

私は学生時代から極度の肩こり&偏頭痛もちです。

たぶんこの二つはどこかで繋がっているんだろうな~と思っているのですが、仕事上PCから離れることもできず、さらに睡眠中の体勢が悪い・運動不足で体中のコリと共に目が覚めます

そういえばかつて、「なんて柔らかくてきもちいクッションなんだ~」と夢うつつで目が覚め、よく見ると自分の二の腕を腕枕に寝ていたという悲しい経験があります・・・。

今日、Jay講師が出勤してきて「元気?」と聞かれたので、stomachacheやbackacheを応用して “I have shoulderache…”と言ったところ、“stiff shoulders ne”と言い直されました。

またまたボキャブラリー不足でしたがstiffもしくはsoreという英単語は何かが『硬直している、硬い、動かない、不自然』な状態を表すそうです。

<例文>

lie stiff in death:死んで硬直している

I have a stiff shoulder[shoulders]:肩が凝っている

make a stiff bow:堅苦しいおじぎをする

a stiff style of writing:堅苦しい文体

a stiff wind:強い風

 
英会話の始まりは、How are you?といういつもの挨拶ではなく、たまにはfine以外を使って答えてみてはいかがでしょう?
 
思いがけず話が膨らむかもしれません^^

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.