ブログ

北海道のお土産・新企画

2016.05.17

赤峰です。

 

日曜日にクラスを設けて以来、私の休日は年間10日間

に激減しましたが、先週、3日間の貴重な休みをとって、

小樽・札幌の旅を楽しんできました。

 

今回の目的は、札幌の「みらい英語学校」と

町村農場を訪問することでした。

 

時間の余裕があったので、余市まで足を伸ばし、

ニッカウヰスキーの蒸溜所を見学しました。

ガイド嬢の説明を聞きながら、広い敷地を歩きましたが、

創業者・竹鶴政孝の先見の明、また偉大さなどに触れることができ、

大きな刺激を受けることができました。

 

試飲コーナーは数ヶ国語で賑わっており、

3種類のウイスキーを新緑で拡がる敷地を眺めながら、

ゆったり気分で味わうことができました。

 

「みらい英語学校」は、4度目の訪問になります。

FCCの新企画「Chat Roulette」の基になったのが、

同校の「English Village」でした。

初めて同校を訪問した時、ロビーで受講生同士が

身振り手振りで、元気に、楽しそうに話している風景を

見た瞬間、これはFCCでも始めるべきだ、と決めました。

数年間、この企画を温めておりましたが、

阿津坂がFCCのスタッフに加入したのを機に始めることに

しました。

 

町村農場では、いつものように銅像になって旧農場の前に立っている

創業者にご挨拶を済ませ、現農場に行きました。

お仏壇で、昨年90才で亡くなられた農場2代目に

お線香をあげさせて頂き、観光客に人気の農場直売店で、

私が描いた創業者の鉛筆画に会ってきました。

 

北海道の旅がきっかけで始まった「Chat Roulette」。

「Chat Roulette」の命名は、担当の阿津坂です。

運営が軌道に乗るまで、

試行錯誤が続くことを覚悟しておりますが、

参加されました皆様からの率直なご意見などを

頂きながら、育てていきたいと考えております。

 

昨日が初日でしたが、人数が揃った夜の部は、

特に大盛況だったようです。

新しいFCC名物の誕生です。

大事に育てていきたいと思います。

 

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.