ブログ

FCCライフ

講師たちのお髭の話。

2017.11.11

こんにちは、平井です。

 

 

今日のブログネタは、髪ではなく髭です(´∀`)

 

 

先日ブログで書いたように、今、Alex講師の顔半分はすごい量の毛で覆われています。

 

 

そのモッサリ具合をどうぞご覧ください↓↓

 

 

 

 

 

Alex

【Alex講師】モサッ

 

 

 

 

今日はそんなAlex講師の横に、Daniel講師がいました。

 

 

Daniel

【Daniel講師】

 

 

二人とも、髭がとっても似合っていますね。

 

 

 

 

 

 

平井  「Alexさん、髭も毎日洗っているんですか?」

 

 

 

Alex  「うん。髪の毛を洗う時に一緒に洗っちゃうよ~ ハハハ」

 

 

 

平井  「二人は髭の形違いますけど、英語ではなんて呼ぶんですか?両方ともbeard(ビアード)ですか?」

 

 

Dan  「そうだね~。mustache(マスタシュ)は鼻の下の髭(いわゆる口髭)で、下唇の真下に生えるのはflavor-saver(フレイバーセーバー)って言うよ」

 

 

Alex  「そうそう、僕も昨日ちょうどMason講師からその表現を聞いてさ~ 『えっ!?flavor-saver!?!? なにそれ!?』って驚いたんだ」

 

 

平井  「由来は!?」

 

 

Dan     「飲食してる時に髭にその香りがついたら、しばらくその余韻を楽しめるでしょ」

 

 

なーるーほーどー(゜∀゜)

 

 

Dan  「あと、fu-manchu(フーマンチュ)っていう髭の形があるよ。中国人の髭。」

 

 

 

 

そこから、髭の話がさらに発展。他の講師たちも加わり、「俺は髭は似合わん」とか、あぁだこうだ(笑)

 

 

すると、香港生まれカナダ育ちのMarcu講師が一言。

 

 

Marcus  ”I’m genetically incapable.”(僕は遺伝子的にAlex講師やDaniel講師みたいにあご髭が生えてこない)

 

 

確かに・・・Marcus講師は体毛が薄いようで、口髭(ちょうど八の字型)とflavor-saverゾーンにうっすら生えているくらい。

 

 

平井  「まさにfu-manchuが似合いそうだね(゜∀゜)」

 

  

Marcus  「あぁ fu-manchuね、もちろん知ってるよ~ こんなやつね」

 

 

FuManchu_small

 

 

Marcus  「ほそーい(sharp)ところがポイントね。でも、これだと不完全かな~。”3本”ないと。」

 

 

検索して見つけたのがコレ↓↓

 

Fu Manchu Set-900x1050

 

Marcus  「親指、人差し指、中指の3本を使って、丁寧に髭をなでるんだ」(フォッフォッフォッ)

 

MarcusWithHumanchu

 

似合ってませんか?

 

 

今度、中国の皇帝役で劇でもやってもらいましょうかね。

トップへ戻る

“まじめ”で”厳しい”福岡の英会話スクール(ビジネス英語・TOEIC・IELTS)
FCC┃福岡コミュニケーションセンター
〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル5F
TEL:092-474-2234
Copyright(c) 2013-2017 Fukuoka Communication Center. Allright Reserved.